みんなの介護求人から応募すると最大10万円の採用お祝い金

保健師の給料を職場や雇用形態、都道府県ごとに徹底解説!

更新

保健師の給料のイメージイラスト

保健師の給料を平均給与から初任給、ボーナスなどを見ながら詳しく解説していきます。

年齢別の給料の違い、雇用形態別、働く施設ごとの平均給料の違いも紹介。比較しながら保健師の給料の実態に迫ります。

気になる給料アップのための方法も紹介していきます。

保健師の給料相場(平均値)

年齢別、男女別の平均給与

総務省による「平成30年国家公務員給与等の実態調査の結果」によれば、公務員として働く看護・保健職の平均月給は34.7万円です。

保健師の男女別平均給料

出典:「平成30年国家公務員給与等の実態調査の結果」(総務省)をもとに作成 時点

男女別にみると、男性は34.1万円、女性34.7万円でほとんど男女差がないことがわかります。

また、下の表は保健師と関連性が高い看護師の年齢別、男女別の平均月収の推移を表したものになります。

年齢 男性 女性
20~24歳 24.8万円 25.3万円
25~29歳 27.8万円 27.7万円
30~34歳 30.7万円 29.0万円
35~39歳 29.9万円 30.0万円
40~44歳 30.9万円 30.8万7円
45~49歳 34.3万円 31.9万円
50~54歳 35.9万円 33.3万円
出典:「平成30年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省) 時点

こちらの表をグラフで表すと下記のようになります。

看護師の年齢別、男女別平均給料

出典:「平成30年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)をもとに作成 時点

年齢を重ねるにつれ、給料も上がっていることがわかります。ピークは男女ともに50代で男性で35.9万円、女性で33.1万円となっています。

こちらは看護師のデータですが、保健師についてもほぼ実態を表していると考えられます。

初任給

看護師の上位資格である保健師の初任給の相場は約20万円です。新卒や中途採用でも看護師よりやや低めの傾向があります。

というのも、看護師のように夜勤がなく深夜手当が発生しない職場がほとんどだからです。

なお、就業先によっても初任給に違いがあります。自治体や保健所で働く行政保健師、学校や大学などの学校保健師、企業や団体で働く産業保健師では、それぞれ初任給も異なっています。

一般的に公務員は初任給から若手の時代は給料が安め。学校や産業保健師は勤め先の学校や企業の経営規模などに影響を受けます。

最初の数年間は看護師よりも安めの給料ですが、経験年数とともに役職や責任のある立場になれば看護師の平均年収を超えるケースが大半です。

ボーナス

保健師のボーナスのイメージイラスト

基本的にどの職場でも保健師として働く場合、ボーナスは支給されます。ただ、保健師のボーナスは、公務員か民間企業かによって多少違いが生まれます。

地方自治体の役所や役場の医療・健康関係の部署や保健所で働く行政保健師のボーナスは、自治体ごとの条例や給与規程の俸給表にしたがって計算されます。一般的に公務員のボーナス支給は夏と冬の年2回、年間のボーナス額は基本給の4.45ヵ月分です。

一方で、小中高や大学、専門学校などに勤める学校保健師や企業に常駐する産業保健師は、民間企業と同じイメージといえます。

基本給をベースに職場単位で設定されているため、ケースバイケースです。年間2回の支給の職場が大半ですが、1ヵ月分の場合もあれば3ヵ月分、4ヵ月分といった学校や企業もあります。

手取り

求人情報で見かける保健師の給料は額面給料です。額面給料とは、就業先の企業や自治体がその従業員に毎月支払っている給料の総額のことを指します。

その中には、住民税や健康保険料、雇用保険料をはじめ財形貯蓄や職場の慰安費など、さまざまな物が含まれます。

そうした税金や社会保険料などを差し引いて、実際に給与口座へと振り込まれる金額が手取りと呼ばれるものです。

一般的に、手取りの金額は額面給料の7〜8割程度といわれています。たとえば初任給が月額20万円なら、7割の手取りで約14万円、8割なら16万円となります。

手取り金額は本人が独身か家族がいるか、また、住む地域などによっても細かな数字は変わってきますが、概ね額面給料から2~3割引かれるものだということです。

看護師との給料差

保健師全体の平均年収は看護師より高い水準です。

まず、保健師のうち、国や自治体で働く行政保健師の場合、国家公務員なら平均年収約560万円、地方公務員なら約570万となります。

学校や企業で活躍する学校保健師や産業保健師は、勤め先の母体の規模にもよりますが、公務員を上回る給料が支給されている場合も少なくありません。

男女の看護師の平均年収は約478万円。看護師の場合は、新卒採用後、数年は夜勤手当があるため保健師より月額給与は高めな状態が続きます。

一方で、保健師は基本給がもともと高めの設定のため、特に公務員のように年功序列で昇給・昇進していく職場では、40代前後から平均年収で看護師を抜くケースが増えてくるのが特徴です。

保健師の種類ごとの給料

行政保健師

行政保健師のイメージイラスト

公務員として働く行政保健師。中でも自治体で働く地方公務員の保健師は、安定した収入が見込めます。保健師全体のおよそ7割は公務員で、市区町村の医療や健康担当部署や保健所、保健センターなどで活躍しています。

平均年収は500万円程度。初任給は300万円程度からスタートです。基本的に年功序列で勤務年数が長くなるほど着実に昇給していくため、中高年以降の給与は徐々に高くなっていきます。

行政保健師は、そのほかの学校や企業で勤務する保健師に比べると低めの給料がネックともいわれます。

しかし、定年後の年金をはじめ休暇制度や福利厚生などが手厚いのが魅力。ボーナスも年齢が上がるごとにアップしていくので、定年まで安心して働けます。

公務員なので、繁忙期でもない限りは基本的に民間企業のような長時間の残業はあまり発生しません。また、看護師のように夜勤手当もないため、基本給と一般的な手当の組み合わせが月額給与になります。

産業保健師

企業や団体など民間で働く産業保健師。行政保健師や学校保健師と比べて、就業先の企業の規模や給与体系などによって年収はかなり幅が出ます。

大企業の医務室や保健室に常駐する産業保健師なら、平均より大幅に上回る年収が期待できるでしょう。一方で、中小企業や公的団体で働く場合は、思うように年収が伸びずに勤務年数を重ねていく必要もあります。

とはいっても、保健師の3つのタイプである行政保健師、学校保健師、産業保健師のうち、もっとも高年収を目指せるのも産業保健師の魅力です。

例えば大企業への転職活動を続けて見事採用されれば、前職までより大幅な収入増が見込めるというわけです。産業保健師としてキャリアを磨き続け、年収1,000万円を超える保健師を目指すことも可能です。

学校保健師

平均的な学校保健師の年収は450万円程度といわれています。この「学校」には公立の小中学校や国公立の大学は含みません。私立の小中学校、私立の大学や専門学校で働く場合を、公務員である行政保健師と分けて学校保健師と呼んでいます。

学校保健師は、勤務先の学校の生徒たちの健康診断の実施、急病やケガの応急処置、必要があれば救急車を呼んだり病院や診療所に連れて行くといった仕事が中心です。また、学校全体の衛生管理や職員の健康診断の実施と健康指導なども行います。

地方公務員の保健師よりは若干年収は低めで、300万円台から400万円台前半で年収が変わらないケースもあります。

ただし、休日が多い、残業が少ないといったメリットが大きいのは保健師の中でトップといえるでしょう。

病院保健師

行政保健師や学校保健師に比べると、病院保健師の人数はそれほど多くありません。活躍の場は入院病棟のあるような総合病院など規模の大きな医療機関、そして地域看護を担う訪問看護ステーションが主なところです。

こうした医療機関に勤務する保健師の年収相場は400〜500万円程度。自治体や学校で働くのに比べて、看護師資格が取得条件である保健師は、医療現場で看護業務を任せられる職場も少なくないからです。

看護師をカバーする役割はもちろん、病院によってはシフト交代で保健師も夜勤に入るケースもあります。こうした夜勤手当や業務手当が加わると、給料が高くなる傾向にあります。

雇用形態別の収入一覧表

下の表は保健師の雇用形態別の収入相場を表したものになります。

正社員 25〜30万円
パート、アルバイト 時給1,300~1,700円

正社員

職場に勤務する保健師のうち、もっとも安定している正社員。給料やボーナス、福利厚生が充実しているほか、雇用契約に限りがないので、じっくり腰を落ち着けて働くことができます。

高齢者向け施設で正社員として働きたい保健師向けの求人情報をみんなの介護求人で見てみましょう。

地域や施設規模によって月給モデルに幅はありますが、例えば京都府のある特別養護老人ホームの場合は月給23.3〜27.0万円。和歌山県のある地域包括支援センターでは月給20.0万円での募集がありました。

また、入浴サービス専門の神奈川県の企業の月給は22.0〜27.3万円。管理職募集の千葉県の事業所では、月給34.0〜40.4万円といった前職までの経験を含めた給与が提示されています。

概ね25.0〜30.0万円が正社員の給料の相場といえそうです。

パート、アルバイト

パート、アルバイトで働く保健師のイメージイラスト

比較的自分の希望する時間帯で働けるパートやアルバイト。短期での雇用契約のため、不安定な面はありますが、副業やほかの仕事とのかけもちもできるのが魅力です。

みんなの介護求人をチェックすると、保健師をパートやアルバイトで募集している施設もありました。

愛知県のある地域包括支援センターでは高齢者を対象にした相談や介護プランの作成業務を行う保健師を募集していて、時給は1,330〜1,450円。

また、長野県の介護事業所では、訪問入浴サービスのケアや看護業務の担当者を募集。時給は1,210〜1,270円です。

このほか、大阪府のある市の保健センターでは、乳幼児健診の業務を担当するパート職員を時給1,686円で求人掲載しています。

概ね時給1,300~1,700円がパート、アルバイトの給料の相場といえそうです。

都道府県ごとの平均給与額

給料が高いのは東京

保健師の給料は、東京都が高い傾向にあります。

みんなの介護求人の保健師の求人を見てみると、東京都の場合だと月給26.7~46.8万円、34.5~44.7万円といった求人も見受けられ、概ね25~40万円が給料の相場といえそうです。

大都市圏は地価・物価が高めであることから、その点が給与面にも反映されていると考えられます。

人口集中地域は家賃・生活費が高額になるため、平均給与額が高くても、そのことが生活水準の向上に直結するとは限りませんので、その点は注意が必要でしょう。

給料が低いのは岡山

保健師の給料が安い傾向にあるのは岡山県。みんなの介護求人の求人を見てみると、月給15.0~17.1万円、19.9~21.2万円といった求人も見受けられ、概ね15~20万円が給料の相場といえそうです。

給料が高い傾向にある東京都とは、月給にして10万円ほどの差が生じています。

ただ、一般的に医療・介護職は都心部より地方の方が給与水準が下がる傾向がありますが、保健師の場合は地方でも高めの給与である求人も少なくありません。

保健師が給料を上げる方法って?

同じ職場で長く働く

「石の上にも三年」ではありませんが、1ヵ所の職場で経験年数を積んでいくと、やがて評価されて管理職やリーダー的な仕事が回ってくる可能性が高まります。

特に教育や研修といった人の上に立つ立場で活躍するには、職場での信頼関係が非常に大切です。一生懸命働いている姿を後輩たちが見ていれば、教育指導や人員管理が自然とやりやすくなるでしょう。

長く同じ職場で勤務するために大切なことは、ブラック企業でないのはもちろん、気持ちよく毎日働ける環境が整っているかどうかも大切です。

給与待遇をはじめ職場の人間関係や社風、経営方針、休暇制度や福利厚生など、さまざまな要素が大切になってきます。

 

こうしたポイントは実際に就職して働いてみないとわからないところも少なくありませんが、できるだけ就職活動や転職活動を通して、自分の理想に近い職場かどうかを見極める慎重さが求められます。

「養護教諭免許」などの資格を取得する

養護教諭免許を取得する保健師のイメージイラスト

保健師に関連するような資格を取得して、さらに知識やスキルを身につけるのも良い方法です。

例えば、学校保健師とよく似た仕事に公立の小中学校の養護教諭があります。誰でも一度は保健室の「保健の先生」にお世話になった経験があるでしょう。

ただ、保健師との大きな違いは、養護教諭はあくまで学校教員であって県の教育委員会の教員採用試験に合格しなければなりません。つまり、医療職というよりもまず教職員である、ということです。

なお、養護教諭になるには、保健師の資格だけでは教員採用試験を受験できません。保健師の教育課程で習わなかった教育関係の科目を履修して、県教育委員会に申請します。すると、試験などはなく、養護教諭二種免許ができる仕組みです。

学校保健師に比べて教育的な観点から、生徒や職員の健康管理が必要で、学校保健の知識も求められる専門性も高い養護教諭。公務員という立場も手に入る安定したやりがいのある仕事が待っています。

給料、手当、福利厚生が充実している病院や企業に転職する

民間企業はそれぞれの社風や業務内容によって、給料や従業員に対する福利厚生も様々です。同じような病院や企業に見えても、仕事と給料とのバランスに大きな違いがあるというケースは多くあります。

特に大企業の産業保健師なら勤務年数を積んでいけば年収800万円以上も見込める可能性もあります。

学校保健師や養護教諭は、平均収入は大手企業の保健師ほどではありませんが、保健師全体の平均に比べれば高め。しかも学校や公務員として働けば、安定した雇用であるため定年まで安心して勤められます。

また、病院への転職も収入がアップしやすい転職先です。入院施設があって保健師が夜勤も入るような職場なら、夜勤手当が上乗せされて一般的な病院保健師より月額数万円から10万円程度高い収入が期待できるでしょう。