介護業界への転職ならみんなの介護求人

介護の仕事とは?仕事内容、給料、働く場所を全解説

介護の経験をアピールするために必要な職務経歴書の書き方についてのイメージイラスト

介護の仕事とは、実際どのようなものでしょうか。

介護現場では、日々さまざまな資格を持つ人や職種の人が連携して支援を行っています。

この記事では介護の仕事内容から、給料、資格、仕事探し、働く場所、働くメリット・デメリットまでを網羅し、徹底解説していきます。

主な仕事の内容

介護職の仕事内容についてのイメージイラスト

介護現場の具体的な仕事内容について見ていきましょう。一言に介護といっても、要介護者の介助のほかにも、環境整備や介護記録の作成などさまざまな業務があります。

要介護者の介助

入浴介助

限られた時間で安全にお風呂に入ってもらう入浴介助は、介護の中でも体力と注意力が求められる業務です。

着替えから浴槽への出入りまでケガのないように慎重に介助します。

老人ホームなど入所施設では午前と午後の2回に分けて利用者を入浴させます。通所施設では午前中、昼食までにグループを分けて入浴させる場合が多く、まとまった人数を安全かつ効率よく介助することが必要です。

排泄介助

排泄介助ついてのイメージイラスト

生理現象のため、本人の便意や尿意に合わせて臨機応変に対応しなければなりません。

また、ある程度、利用者ごとに排泄のサイクルを把握しておくと、そろそろ排泄のタイミングかどうかを察知できます。

利用者によって必要な介助の度合いは異なるため、トイレまでの付き添いでいい方から個室の中まで一緒に入って衣類の上げ下ろしまで手伝う必要のある方まで、その人ごとのやり方を覚えることが大切です。

食事介助

手の動きや認知機能、嚥下機能の低下により自分で思うように食事が取れない人に配慮しながら介助をします。

本人の食事のペースを気づかいながら、スプーンや箸を使って食べ物を口まで運びます。

正しく座れているか気をつけながら、誤嚥に注意して慎重にケアすることが大切です。

口腔ケア

「8020運動」(80歳で自分の歯が20本)のように、高齢者の健康と歯科衛生は密接に結びついています。

誤嚥性肺炎の予防のためにも、歯みがきやうがいなどで口腔内を常にケアするお手伝いが大切です。

また口の周辺の筋肉を動かす口腔ケア体操を利用者と一緒に行う施設も増えています。

移乗介助

病気やケガの後遺症で障がいを持った人のそばについて、転倒を予防しながら移乗します。

片麻痺の場合は、左麻痺か右麻痺で立ち位置が逆になるため、利用者ごとに覚えておかなければなりません。

ベッドとイス、廊下の移動など、介護現場で頻繁に発生するケアのひとつです。

就寝介助(ナイトケア)

就寝介助についてのイメージイラスト

就寝時にスムーズに消灯できるように、時間の余裕を見て部屋着からパジャマや寝間着への着替えを手伝ったり、歯みがきやスキンケアなど利用者が寝るための準備を整えます。

人によってお気に入りのパジャマや就寝前の習慣が異なるので、それぞれのこだわりに合わせたケアを心がけましょう。

環境整備

介護の現場では、利用者に直接介護ケアするだけではなくて、施設内の環境整備や美化衛生にも気をつけなければなりません。

利用者の服や業務で必要な制服などの洗濯を交代で行ったり、定期的にベッドメイキングや部屋の清掃を介護職員が担当する場合もあります。

また、食事に合わせて給食の配膳や食器下げ、ゴミや排泄物の後始末まで、介護の仕事は多岐にわたります。手の空いた時間帯には職員が集まって、レクリエーションやイベントの企画・準備をすることも大切な仕事です。

レクリエーション

利用者の健康や精神的な安定に役立つ遊びや行事、簡単なスポーツなどを計画します。企画から道具の準備、本番では利用者の中に入って一緒にレクリエーションを楽しんだり、進行役になったりしながら、楽しいひとときを過ごします。

後片付けもきちんとします。レクリエーションにはカラオケや合唱、園芸教室や手芸教室、フラワーアレンジメント、料理のほか室内用のボーリングや輪投げなど、頭と体を使って刺激になるものが介護施設ではよく取り入れられています。

要介護者や家族とのコミュニケーション

認知機能が低下していたり、コミュニケーション能力の影響で意思疎通が難しい要介護者との交流も必要です。

それぞれの特徴を把握して、注意しながらコミュニケーションしていきます。コミュニケーションを図ることで、要介護者のメンタルヘルスの安定につながって、自立支援のサポートにもつながります。

また、要介護者の家族とは定期的に面談して本人の状況を説明したり、今後の介護の方針を相談するなど、かかわる機会が多く対人スキルが求められます。

介護記録の作成

利用者や入居者の日常の介護記録を正確かつ簡潔に記録します。本人の様子や過ごし方、実施した介護や参加したイベントやレクリエーション。とくに健康面は具体的に記録します。

体温や血圧、脈拍をはじめ糞便や尿の色、下痢や便秘の状況まで、丁寧に記録をします。精神的なフォローなど、特別に配慮が必要だったことまで、できるだけ詳しく記載して、ほかの介護職員にも共有できる客観的な内容になっていることが大切です。

面会者や来客があった場合も、記録しておきましょう。

介護職の仕事探しに必要なもの

介護職の仕事探しに必要なもののイメージイラスト

いざ、介護職に就こうと思ったときに、どんなものが必要となるのでしょうか。ここでは介護職として就職する場合の履歴書、職務経歴書、面接を受けるときの注意点について説明します。

履歴書

介護職に就職する場合の履歴書のサンプルはこちらです。

介護職の履歴書サンプル

履歴書はコピーではなくてオリジナルで書いたものを使って応募します。黒のボールペンまたは万年筆で丁寧に記入します。応募先企業から指定がなければパソコンのワードやエクセルの履歴書テンプレートを使って作成しても問題ありません。

職歴は、正社員や契約社員として働いたものはすべて記載しましょう。役職も忘れずに。パートやアルバイトも応募する業務に関連するものなら書いて構いません。資格も介護関連のものはしっかり記入します。

自己PRや志望動機は採用担当者が一番しっかりチェックする場所です。これまでの経験を踏まえて入職後にどういった活躍をしたいのか、熱意を伝える文章にまとめましょう。

職務経歴書

介護職に就職する場合の職務経歴書のサンプルはこちらです。

介護職の職務経歴書サンプル

職務経歴書は、編年体で書くのが一般的です。仕事の経歴を年の早い順にまとめていきます。1つの会社の情報をひとかたまりにして、社名、業種・職種、雇用形態、勤務期間や勤務内容をわかりやすく書きましょう。

例えば「営業」の仕事をしていた会社では、具体的な仕事の状況を記入します。1日でどのくらいの営業先を回ったのか、営業成績で表彰されたことはあるのか、細かく書く方が選考に有利です。

また、自己PRも履歴書とは別の文章で記入しておきます。

志望動機、自己PR

志望動機、自己PR

なぜ応募先の企業でなければならないのかを具体的にわかりやすく記入します。ほかの介護施設では自分が就職や転職して実現できない何かがあるポイントを伝える姿勢が大切です。

応募先の施設の長所や特徴を踏まえて、自分の経験やスキルをどうやって活かしていきたいのかを、重点的にまとめましょう。

また、新卒者で学校で福祉関連の勉強をしていなかった場合や転職者で前職と介護や福祉の関係が薄い場合は、なぜ介護分野を仕事に選んだのかも合わせて記入してください。

面接を受ける際の注意点

服装

面接で応募先に訪問する際は、スーツ着用が基本です。新卒者ならリクルートスーツで構いません。事業所によってビジネスカジュアルのようなファッションでも問題ありませんが、判断が難しければスーツが無難です。

シャツを含めてシワのないように、清潔感があることが大切です。アクセサリー類は外しましょう。

香水やメイクは強い香りがしないように控えます。もし応募先から私服やカジュアルで構わないと指示があっても、デニムやサンダル、半ズボンのようにくだけた服装は避けてください。

転職理由の伝え方

転職者の面接では、これまでの経歴の転職した理由を確認されます。とくに前職の退職理由は採用担当者が関心を持っているため、できるだけポジティブな理由を面接前に考えておきましょう。

人間関係や給与待遇、休暇などでの不満といったダイレクトな理由は避けてください。小規模な職場で人間関係が大変だったら「規模の大きな施設でチームワークを大切にする仕事を学びたい」など、新しいチャレンジ、これまでの違った世界で働きたい、といった面を強調します。

前向きに将来を考えての転職である点をアピールするのがおすすめです。

介護職の給料

介護職の給料についてのイメージイラスト

賃金形態別の収入一覧表

月収制 29万7,450円
日給制 20万9,590円
時間給 20万3,480円

介護福祉士や社会福祉士、ホームヘルパーなど介護職員の平均給与額は年収で240万円〜350万円程度です。月収の場合で約29.8万円、日給の場合で約21万円、時間給で約20.3万円が平均相場となっています。

介護職員は資格や経験年数、勤務先の種類や規模によって収入も大きく変動します。介護職員の月収は安い人で16万円、高い人では30万円程度と幅があるのもそのためです。

なお、介護福祉士や実務者研修のような介護資格があると資格手当として基本給にプラスする職場が大半となっています。

介護職員の初任給

介護職員の初任給は23万円程度です。初任給の額も平均収入と同じように、介護職員が勤める介護施設の形態や規模、経営状態をはじめ本人の年齢や経験の有無に大きく影響されます。

例えば、同じ介護施設でも、介護老人保健施設といった入所施設の初任給は24万円を超しているのに対して、デイサービスのような通所型介護施設では21万円ほど。施設の種類や業務内容で初任給の金額も差が生まれています。

年齢ごとの平均給与額

以下のグラフは「平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果」を元に介護職員の年齢、男女ごとの平均給料額の推移を表したものです。

介護職員の年齢、男女ごとのグラフ

このグラフを表にすると以下のようになります。

年齢 男性 女性
29歳以下 28万3,480円 27万3,210円
30~39歳 32万2,880円 29万2,340円
40~49歳 33万6,720円 29万5,720円
50~59歳 30万7,720円 29万4,800円
60歳以上 28万1,820円 26万9,400円
出典:「平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果」(厚生労働省) 時点

上の表を見てもわかるように、40代までは年齢が上がると平均給料額は上昇しますが、それ以降は給料額が下がる傾向が見られます。また、性別によっても給料額に差が見られます。

介護職に必要な資格

介護職に必要な資格についてのイメージイラスト

無資格、未経験でも始められる

医師免許や看護師免許がなければ医療現場で働けないのと違って、介護職は特別な資格がなくても就職して活躍できます。また、未経験でも多くのスタッフが現場で働いているのも特徴です。

ヘルパーや介護福祉士といった有資格者は、利用者や入所者に直接触れて身体介護ができます。無資格の場合は身体介護ができないかわりに、介護助手というかたちで入職します。

介護施設の清掃や配膳をしたり、デイサービスの送り迎えをしたり、専門的なスキルを求められない業務を担当できるのです。

介護職員初任者研修

介護の中ではエントリー的な位置づけの資格です。無資格ではできなかった身体介護ができるようになります。食事介助や入浴介助、移乗介助をはじめ、高齢者や障がい者の日常的な介護ケアのベースを支える重要な仕事を担当します。

無資格で介護施設に就職した場合、まずこの介護職員初任者研修を目指します。介護福祉士実務者研修や介護福祉士の資格へとつなぐ重要な資格であるとともに、訪問介護や入所施設の現場を支えるスタッフとして期待されます。

介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修の資格の知識やスキル、働いた経験をベースに介護福祉士を目指すに必要な資格です。

初任者研修の知識や介護スキルをさらに発展させて、クオリティの高い介護サービスが提供できることが期待されています。

介護福祉士実務者研修を修了すると、施設のサービス提供責任者になれる資格が与えられます。とくに、最近入所施設でニーズが増えている医療的ケアもできるようになるので、たんの吸引や経管栄養の管理なども可能です。

介護福祉士

介護福祉士についてのイメージイラスト

介護福祉士は介護現場の中心的な役割を果たす資格です。そのため受験するには、介護分野で3年以上の実務経験が必要なほか、介護福祉士実務者研修の修了者であるうえ、国家資格試験に合格しなければなりません。なお、現在介護職では唯一の国家資格となっています。

国家資格試験にパスする以外には、介護福祉士資格取得の指定養成校で必要科目や単位を取得して卒業した人にも資格が与えられます。

介護の現場で日常的に求められる身体介護をはじめ生活支援ができるだけでなく、本人やその家族から在宅介護の相談にも携わることができるようになります。

ケアマネジャー

ケアマネジャーの受験資格は、介護福祉士や社会福祉士といった介護や福祉関連の資格を持っていること、合わせて介護の現場で5年以上の実務経験と相談員の経験を持っていることが必要です。

介護現場でスキルや経験を磨いたエキスパートとして、介護が必要な利用者に適切な介護サービスの提案やケアプランの作成、介護施設や関係機関との連絡調整を行います。

毎月、定期的な居宅訪問が必要だったり、担当人数に合わせて報酬が決まるため、人によって忙しさにバラツキがあるなど、資格ならではの難しさも持っている仕事です。

介護事務

介護事務とは、病院の診療報酬請求を計算する医療事務の介護版です。国に対する介護保険の請求書類を作成する経理的な仕事をします。

介護事務は資格がなくても仕事ができますが、民間資格を取得して就職時にアピールするのが一般的。介護事務管理士、介護保険事務管理士、ケアクラークなどがその代表的な資格として人気があります。

介護事務は手書きや計算機を使う施設はほとんどなくなっていて、パソコンの介護ソフトで作成する場合がほとんどです。

介護職が働く場所

介護職が働く場所についてのイメージイラスト

有料老人ホーム

民間企業が運営する入所型の介護施設は、「有料」と呼ばれることも多く、施設によって多彩なサービスを提供しています。

要介護度や要支援の条件が広く、入所者が求めるさまざまな介護サービスやイベント、レクリエーションを行っています。

公営の老人ホームと同様、基本的な身体介護や生活支援をベースにしていますが、初期費用や月額費用は施設の規模や設備、提供するサービスによって幅が広いのも大きな特徴です。

グループホーム

入所者を認知症患者に絞った共同生活型の介護施設です。介護士は、9人以下の小規模な「ユニット」を担当します。介護業務は食事や排泄、入浴から着替えや散歩まで身体介助がメインで、入所者の中に入って一緒に日常生活を送るイメージで介護を進めます。

認知症患者ならではの認知機能の低下に対応したコミュニケーションスキルが求められます。感情の起伏が激しい入所者も少なくないため、臨機応変に相手の精神状態に合わせたケアが大切といえます。

デイサービス、デイケア

デイサービスやデイケアは1日または半日を通所型施設に通って食事やアクティビティ、外出、リハビリなどをして日中を過ごす場所です。在宅の高齢者が外に出かけるきっかけとなるほか、利用者同士や介護職員とのコミュニケーションを通して心身面でのプラス効果が期待できます。また、利用者の家族の介護負担を軽減する役割も担っています。

デイサービスやデイケアの介護職員は、利用中の食事や排泄、入浴などの身体介護、レクリエーションの企画や運営が中心です。マイクロバスや自動車での送迎の付き添いも行います。

利用者は自立や要支援の方も多いので、入所型の介護施設に比べると介護職員の負担は少なめとなっています。

訪問介護

ホームヘルパーのイメージイラスト

一般的にホームヘルパーと呼ばれる仕事で、利用者の自宅で生活に必要な家事などを行います。在宅で自立した生活を送るために重要な介護サービスのひとつです。

訪問介護での仕事は利用者の状況に合わせて行うのが特徴。担当のケアマネジャーが本人に必要な介護サービスを組み合わせて作成したケアプランに基づいて行われます。

排泄介助や移乗介助などの身体介護のほか、調理や清掃、買い物同行など、高齢者や障がい者が日常生活を送りやすくなる生活援助を行います。

特別養護老人ホーム

「特養」と略して呼ばれることが多い入所介護施設のひとつで、主に都道府県や市区町村単位の行政運営や外郭団体が運営しています。公的な介護施設のため有料老人ホームと違って、一定以上の要介護度があって自立した生活が困難な人が優先的に入所できるのが大きな違いです。

介護職員の主な業務は身体介護です。食事介助や排泄介助、入浴介助、移乗介助など、入所者に直接触れて介護ケアするシーンが1日のうちにいくつも訪れます。

介護老人保健施設

介護老人保健施設のイメージイラスト

「老健」とも呼ばれている入所型の介護施設です。自宅での生活ができるのを目標に、リハビリを重視した自立支援を行っています。いきなり自宅に戻るのが難しい病状が安定している高齢の患者を一時的に受け入れて、医療的ケアやリハビリを実施します。

有料や特養に比べて、短期滞在するのを前提にしているため、施設に常駐する医師が、3ヵ月ごとに老健でのリハビリ継続か自宅復帰かを判断しているのがポイントです。

病院

入院病棟のある医療機関で働く介護士もいます。主な業務は看護師の補助と入浴介助です。医師や看護師の指示の下、入院患者の食事や排泄、入浴といった身体介助全般を担当します。

また、ベッドメイキングをはじめシーツやパジャマの洗濯など裏方の仕事を行う場合も少なくありません。また、療養型やホスピス病棟ではレクリエーションの企画や運営を任されることもあります。

病院での勤務経験は、入院患者のカルテ管理や医療器具の消毒などの医療現場の業務も経験できるため、介護士の幅を広げるのにも役立ちます。

介護職に向いている人

人と接することが好き

介護は、仕事を通じて常に人と関わりながら、業務をこなします。コミュニケーション能力が求められるだけでなく、相手を思いやる人間性も要介護者との信頼関係を築くのに欠かせません。

体調面や精神面をはじめ、相手のちょっとした変化に気づいてさりげなくフォローしたり、必要なときは事業所やケアマネジャーに報告・相談するなど、人に寄り添う姿勢が大切。普段から人との会話や友人知人の輪を広げるのが得意な人は、より介護の現場に向いているといえます。

高いホスピタリティ

「相手の気持ちに寄り添って思いやる心」「役に立ちたいというおもてなしの気持ち」。それが、医療や介護の現場でよくいわれるホスピタリティです。要介護者の必要な介護サービスを正確に、そして温かみをもって行っていきます。

介護は利用者の身体に直接触れる場面も多いため、お互いの信頼関係が何より大切です。相手に尽くしたいという奉仕の心が伝われば、より深いコミュニケーションが取れて、本人に合ったケアができるはずです。

性格がポジティブ

性格がポジティブのイメージイラスト

介護職は体力面も精神面も求められるハードな仕事です。また、サービスを提供する相手は高齢者や障がい者の要介護者。そのため、いつも明るく前向きな姿勢でコミュニケーションを図ることが大切といえます。

ときには利用者とのコミュニケーションがうまくいかずに気持ちが沈んだり、もっとよい介護ができないか悩んだりするときもあるでしょう。ポジティブな気持ちで日々の業務を行うことも、長く介護士を続けるポイントです。

介護職に向いていない人

介護の仕事にあまり興味が持てない人

介護の仕事で接する利用者の多くは高齢者です。そのため、もともと高齢者が苦手な人や障がい者への理解が浅い人は、仕事をはじめても現場の利用者との行き違いが起こり、上手く仕事を進めることが難しいでしょう。

また、弱い立場の人を助けるために世話をするといった上から目線の気持ちで介護の仕事を目指すのも考え物です。立場の違いを意識しすぎると、介護する側とされる側のバランスが崩れて、トラブルに発展しかねないからです。

実際に家庭で介護経験がある人や、介護施設の職場体験などで向いていると感じた人こそ、介護職に適している可能性が高いです。

介護職に就くメリット

未経験からでも正社員になれる

介護業界は人手不足が続いていることもあって、無資格や未経験でも、正社員雇用の求人数は一定以上見られます。本格的に活躍するには介護専門の資格や経験が必要な職場でも、まずはパートや派遣社員として働きながら正規雇用を目指すルートもあるなど、柔軟な対応をする介護事業所が増えているのです。

介護施設によっては未経験で採用した社員を対象に、研修教育を行って必要な資格取得をサポートする場合もあります。求人募集を探すときは正社員登用制度とセットでチェックしてみましょう。

子育てと両立しやすい

子育てと両立しやすいのイメージイラスト

介護業界では、新卒で働き始めた人が一度リタイアして、出産や育児が終わってから復帰したり、さまざまな経歴を持つ人が中途採用で介護の仕事に挑戦したり、働き方が柔軟なのが特徴です。

とくにホームヘルパーのような訪問介護事業所では女性が多く活躍していることもあって、職場全体で子育ての支援体制の整備のほか年齢や性別に関係なく積極的に採用する施設が多く見られます。

家事や育児、親の介護などでキャリアが中断していても、スムーズに復帰しやすいのが介護現場のメリットです。

家事経験などを活かせる

介護の仕事は食事や入浴介助などの身体介助では育児や介護の経験がとても役立ちます。また、訪問介護の生活援助では調理・清掃・買い物など、家事の経験が生かせるため、特別に専門的な知識やスキルがなくても介護スキルを学びながらスムーズに仕事に溶け込めるのが大きな魅力です。

とくに自身の両親や祖父母の介護をした経験がある場合は、要介護者の気持ちやニーズをキャッチしやすいため、介護の仕事で十分に生かせるでしょう。

介護職に就くデメリット

給料が他業界に比べて低い

給料が他業界に比べて低いのイメージイラスト

介護の仕事の大きなデメリットは、給与や待遇が低めなこと。2017年の厚生労働省のデータによると、日本の全産業の平均月給は30.4万円なのに対して、介護職員のうち介護職の平均月給は20.8万円で約10万円もの差があります。

また、訪問介護員はさらに低く19.7万円。介護人材が不足している背景には、給与の低さが大きく関係していると指摘されています。

そこで、国では待遇の改善を図るため、介護報酬改定を実施。2017年には「介護職員処遇改善加算」を手厚くなるように変更し、2019年10月からは「介護職員等特定処遇改善加算」を創設するなど、少しずつ介護士の給料アップを目指しています。

体力が求められる

要介護者の体を直接介護する機会が多いため、体力的にはハードな仕事です。ベッドと車椅子との移乗介助や入浴介助は、体力的な負担が大きくなります。

利用者や入所者の体型や体重、背丈は人それぞれ。介護する相手に合わせて身体介助しなければならないため、姿勢にも無理が行きやすくなります。

また、身体的な疲労で精神的なストレスがふくらむことも。日々、勉強を重ねて、心身ともに負担の少ない介護スキルを身につけることが大切です。

夜勤や土日勤務もある

老人ホームや医療機関で働く介護士は、24時間体制のシフト制で勤務するケースが多くなります。日勤だけではなく、夜勤や準夜勤があったり、曜日に関係がないため土日祝勤務もあります。

慣れるまで生活リズムが狂ったり、ストレスを抱え込みやすくなる恐れがあります。また、家庭や育児との兼ね合いも出てくるので、ワークスタイルに合わせた生活設計をしなければなりません。

平日は休めるといったメリットもあるほか、夜勤専従を選べるなど、自分の生活リズムに応じて働き方を選択していくのもおすすめといえるでしょう。

介護職のやりがい

介護の仕事の基本理念として「自立支援」があります。仕事では利用者ができないことを支援したり、望む生活を送ることができるように一緒に考えることをサポート。やる気を引き出しながらできることを増やす支援は、非常にやりがいが感じられるでしょう。

また、人生の大先輩である高齢者と、日々仕事を通じて接することができるのは魅力的です。何気ない会話を通じて歩んで来た人生について触れることができ、自分自身の人生を見つめなおす機会をもらえるはずです。

介護職は女性の割合の方が多いと言われていますが、近年男性の介護士も増加しています。女性だけでなく男性も、介護職として体力が必要な介護業務をサポートする、男性の利用者のケアで積極的に活躍できる、といったメリットを生かすことができるでしょう。