【2/7更新】介護助手の求人を全国から探す 402事業所 447件

職種

職種から探す

介護助手

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 447

全国介護助手の求人

全国での介護助手の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は22件です

介護助手の求人について

介護助手とは

介護助手とは、介護福祉士などの専門職として働く方の助手・補助的な役割を担う人を指します。

「介護補助職」、「介護補助員」などと呼ばれることもあります。

業界全体が慢性的な人手不足のため、無資格・未経験でも働くことができる「介護助手」という職種を設けることで人材確保につながることが期待されています。

介護助手になるには

介護助手になるのに特別な資格は必要ありません。

採用されたらすぐに働き始めることができます。

ただし、基礎的な知識を身に着けてから現場に立ちたいという声もあり、地方自治体などでは介護の基礎を学べる無料講座を設けているケースもあります。

期間は1日~1週間程度と幅があるので、お住まいの自治体ではどのような講座があるのか確認してみるとよいでしょう。

仕事内容

専門的な介護業務は国家資格などをもつ有資格者に任せて、介護助手は見守りやベッドメイキング、掃除・片付けといった介護現場の補助的な業務を担います。

業務に慣れてきたら入門資格である「介護職員初任者研修」を取得することで食事や入浴、排泄など要介護者の体に触れて行う「身体介護」も担当できるようになります。

最初は未経験・無資格でもOKな介護助手として働き始めて、慣れてきたら資格を取得し業務の幅を広げ、給料も上げていくことができます。

介護助手として働くメリット

介護助手は元々元気な高齢者の就労機会として想定されていました。

しかし、実際には高齢者だけでなく、若い世代の担い手も多く登場しています。

無資格・未経験でもすぐに働けるので、「介護助手」は多くの労働者にとって魅力的な職種となっているようです。

資格取得には時間とお金がかかります。

介護業界で長く働いていけるか不安な方が介護現場を肌で感じる手段としても「介護助手」は重要な役割を果たしています。