【1/24更新】ケアマネージャーの求人を全国訪問入浴から探す 3事業所 3件

職種

職種から探す

ケアマネージャー

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

全国の平均相場
月給 22.1万円 時給 1,274

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 3

全国ケアマネージャー訪問入浴の求人

  • 1

全国の介護求人の平均給与相場

ケアマネージャー

都道府県 正社員
(月収)
パート・アルバイト
(時給)
北海道 196,444 1,222
青森県 200,614 1,135
岩手県 194,160 1,186
宮城県 216,392 1,255
秋田県 191,437 1,113
山形県 208,942 1,176
福島県 205,409 1,164
茨城県 223,660 1,304
栃木県 219,434 1,169
群馬県 209,835 1,222
埼玉県 238,576 1,338
千葉県 234,409 1,359
東京都 254,139 1,411
神奈川県 242,750 1,349
新潟県 195,915 1,165
富山県 198,910 1,166
石川県 193,122 1,195
福井県 208,113 1,120
山梨県 217,879 1,136
長野県 201,979 1,143
岐阜県 219,873 1,194
静岡県 217,273 1,236
愛知県 226,106 1,235
三重県 212,577 1,241
滋賀県 216,385 1,236
京都府 215,927 1,330
大阪府 234,739 1,330
兵庫県 219,582 1,235
奈良県 213,492 1,234
和歌山県 208,232 1,287
鳥取県 194,446 1,153
島根県 199,778 1,189
岡山県 204,599 1,142
広島県 202,694 1,162
山口県 199,853 1,154
徳島県 201,247 1,225
香川県 215,577 1,215
愛媛県 204,624 1,163
高知県 195,841 1,167
福岡県 205,586 1,171
佐賀県 201,170 1,205
長崎県 196,756 1,125
熊本県 198,656 1,240
大分県 189,508 1,270
宮崎県 195,719 1,294
鹿児島県 198,018 1,103
沖縄県 195,224 1,260

ケアマネージャーの求人について

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、正式には「介護支援専門員」と呼ばれる専門職です。

要介護認定を受けた方が介護サービスを必要とする際に、その人が自立した生活を送るために必要なものである「ニーズ」を分析し、介護施設や事業所が提供しているサービスと結びつけるケアマネジメントを行うことが主な業務となります。

ケアマネージャーになるには

ケアマネージャーになるには、「介護支援専門員実務者研修受講試験」に合格する必要があります。

この試験を受けるには、主に2つのルートにより受験資格を満たす事が必要です。

そのうちの1つは、「相談援助業務で5年以上の実務経験」。

これは生活相談員、主任相談支援、相談支援員、支援相談員としての業務を通算で5年以上かつ900日以上従事しているというルートです。

そしてもう1つが、「看護師・社会福祉などの国家資格を取得し、5年以上の実務経験」。

こちらは、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、介護福祉士、、あん摩マッサージ指圧師などの国家資格を有した状態で、その資格に基づく業務に5年以上かつ900日従事するというものです。

どちらも受験資格を得るには一定以上の実務経験が必要となることからも、ケアマネージャーになるのは狭き門と言えるでしょう。

仕事内容

介護サービスを必要とする人がどのような種類のサービスを受ければいいか、生活の質の維持・工場や自立した生活を送るという観点から立てる利用計画のことを指します。

このケアプランの作成のため、介護を必要とする方が解決するべき日常生活上の課題について面接などを通じて把握するアセスメントや、ケアプランに沿って利用された介護サービスが適切であったかを評価するモニタリングも、あわせて必要な業務です。

また、自ら市役所を訪れることが困難な方、あるいはその家族の代理として要介護認定を行う他、同じく利用者の代行として介護施設や事業所との契約条件の確認など、自治体や介護事業者と利用者の連絡・調整役を担うこともあります。

ケアマネージャーとして働くメリット

上記の通り、資格を得る難易度が高いケアマネージャーですが、介護業界の花形とも言える魅力的な仕事です。

専門性の高い職種であることから、今後も高齢化が進み続ける日本の中で需要が高まり続けていくと考えられます。

介護業界で働きながらキャリアアップを目指す上では、目標とするべき職種の一つだと言えるでしょう。

訪問入浴の求人について

訪問入浴とは

訪問入浴とは、自宅での入浴が困難な利用者に対して、看護師と介護職員が訪問して入浴の機会を提供するサービスとなります。

要介護度が高くなってしまった人は、浴槽が自宅にあったとしても、自力での入浴が難しいケースは少なくありません。

そこで、介護職員と看護職員によって、安全に入浴をするサービスを受けることで、体を清潔に保てるほか、心身機能の維持・回復や、リラックス効果などを得ることが出来ます。

仕事内容

この訪問入浴は、看護師または准看護師1名以上、介護職2名以上のチームで簡易浴槽を利用者の自宅に設置し、介助を行いながら使用者を入浴させるというサービスになっています。

そのため、利用者の自宅内に2畳ほどのスペースが確保できることがこのサービスを提供するうえで必要です。

サービスの流れとしては、入浴前に看護職員が利用者に対してバイタルチェックを実施。

その後、入浴が可能と判断された場合は簡易浴槽の組み立てと設置を行い、介護職員が利用者の脱衣介助を行ったのちに入浴が開始されます。

初めに体と頭を洗い、利用者がゆっくりと浴槽に浸かる時間を設けるのが一般的な流れです。

入浴が終わったあと、看護職員がバイタルチェックや、皮膚のチェックを行ってサービスが終了します。

訪問入浴で働くメリット

訪問入浴で働く際のメリットは、自力や家族の介助では入浴が難しい要介護度の高い人を入浴させることで、体を清潔に保てるようになり、利用者から感謝をされやすいという点が挙げられます。

また、温かいお湯に浸かる事で血行が良くなるために身体機能の改善へとつながり、便秘や床ずれなどの予防・解消効果が期待できる他、入浴によってリラックス効果を得ることもできる訪問入浴は、高齢者の健康を保つ上で大変意義のある職業です。

また、看護師と介護職員という事なる業種が密接に関わりながら業務を行うため、連携のスキルアップが見込めるという点も魅力と言えます。