【2/7更新】栄養士の求人を全国から探す 485事業所 603件

職種

職種から探す

栄養士

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 603

全国栄養士の求人

一般財団法人 日本老人福祉財団の写真0
一般財団法人 日本老人福祉財団の写真1
一般財団法人 日本老人福祉財団の写真2
住所 京都府宇治市白川鍋倉山14-1
栄養士の契約社員求人

全国での栄養士の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は113件です

栄養士の求人について

栄養士とは

栄養士は、栄養バランスの良い献立の作成や調理方法の助言などを通して、個人や集団の健康維持を担う専門職です。

同じ国家資格である管理栄養士と比較されることの多い職業ですが、管理栄養士が健康な人以外に、疾病を患っている人や高齢者を対象とするのに対して、栄養士は健康な人だけを対象にするという違いがあります。

栄養士になるには

国家資格である栄養士ですが、資格取得のための試験は設けられていません。

そのため、「大学ルート(1)」「短大・専門学校(2・3年制)ルート」「大学ルート(2)」の3つのルートのいずれかを選び、所定のカリキュラムを修了することで資格を得ることが可能となります。

「大学ルート(1)」は栄養士の養成課程を扱う4年制大学を卒業することで資格を取得できるというルートです。

4年間の通学をすることになるものの、幅広い教養を身につけることが出来ます。

「短大・専門学校ルート」は、2年制あるいは3年制の短大か専門学校を卒業することで資格を取得するルートです。

2年制の場合は大学の半分の期間で栄養士として働けるのがメリットと言えます。

しかし、その後管理栄養士を取得する場合には、4年制大学では1年、3年制の短大や専門学校では2年、2年制では3年と、必要な実務経験の期間が変わる事には注意が必要です。

最後の「大学ルート(2)」は管理栄養士養成課程を扱う大学に入学し、在学中に栄養士を取得。

卒業時に管理栄養士の受験資格を得ることが出来るというルートです。

最初から管理栄養士を目指す場合には、こちらが最も合理的な選択肢となるでしょう。

仕事内容

栄養士は、食事管理や提供、栄養指導など、食を通して健康のサポートを行うのが主な業務です。

保育園や幼稚園、小中学校の給食に関わる場合には、子どもの発育に繋がるメニューの提案や調理師と共に実際に調理を行う場合も多くあります。

介護施設や病院などでは、管理栄養士が行う栄養管理や栄養指導に従い、メニューの作成や調理などの食時の提供作業に携わるケースが多くなっています。

栄養士として働くメリット

栄養士は高齢化社会の中で健康への関心が高まりつつある現状の中、食のスペシャリストとして活躍する場が広がりつつあります。

また、実務経験を積むことでより幅広い業務と責任を担う事になる管理栄養士へのキャリアアップを目指せる点も魅力。

健康な食事を提供するとやりがいもあり、今後注目を集める仕事だと言えます。