【2/3更新】医療事務の求人を全国から探す 144事業所 184件

職種

職種から探す

医療事務

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 184

全国医療事務の求人

全国での医療事務の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は51件です

医療事務の求人について

医療事務とは

医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関に勤務する事務系の職業です。

通常の事務系の業務に加え、医療費の計算や医療保険の保険者である全国健康保険協会や市区町村などに診療報酬の請求をしたり、患者に対する応対や、病棟における手続きやスケジュールの管理などを行ったりと、医療機関独自の業務も行う必要があります。

医療事務になるには

医療事務になるには、特別な資格は必要ありません。
そのため、病院やクリニックなどの医療機関による求人に応募し、採用されれば医療事務として働くことが可能です。
しかし、民間の医療事務の資格として、「医療事務管理士」「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務認定実務者」「メディカルクラーク」などが存在しています。 これらを所有していることで、採用の際に有利になるケースは少なくないでしょう。

仕事内容

医療事務の主な業務は3つに分けられます。

まず1つが、医療機関に来院した患者への対応として、カルテの作成や診察券の発行、受診科への案内などを行ったり、診察が終わった患者から診療費用を受け取ったりする受付・会計業務です。

2つ目は、医師や看護師と患者を繋ぐクラーク業務です。

これは上記の受付業務のほか、カルテや検査データを準備する外来クラークと、入退院の手続きや食事伝票、手術や検査のスケジュールなどを管理する病棟クラークに分けられます。

そして最後は、レセプトの作成です。医療費は、受診した患者が一部を負担し、残りを医療保険の保険者である全国健康保険協会や市区町村などが負担するという形になります。

そのため、医療機関はそれらの保険者に対して診療費用を要求する「診療報酬明細書」、通称レセプトという書類を作成して提出しなければならないのです。

このレセプトには、患者ごとに診療の対象となった傷病名の他、医療機関が行った処置や使用した薬剤に応じた診療報酬点数を記載することが必要で、この業務が医療事務としての専門性を最も必要とする点だと言えます。

医療事務として働くメリット

医療事務は、資格や経験などが無くても医療業界に携わることが出来る職業です。

特に、受付業務などにおいてコミュニケーション能力を必要とするため、未経験であっても接客業・販売業などを経験した人材が重用される傾向にあり、それらの職種からの転職がしやすくなっています。

また、勤務先になりうる施設は全国の殆どの場所に存在する上、雇用形態も正社員からパートまで様々な形での採用がありますので、地理条件と労働条件が自分にあった形で選択しやすいのもメリットです。