【1/24更新】清掃員・用務員・営繕の求人を福井県から探す 9事業所 11件

福井県の介護求人事情 介護福祉士や社会福祉士の志望者に対する支援が充実福井県では、県内における介護福祉士の確保と福祉の増進を図るため、さまざまな制度が用意されています。まずは、介護福祉士および社会福祉士修学資金貸付制度をご紹介しましょう。これは、介護福祉士や社会福祉士の養成施設などに在学し、卒業後に県内の民間施設において介護または相談援助業務に就業した人に修学資金を無利子で貸し付ける制度です。貸付金額は、月額5万円以内

職種

職種から探す

清掃員・用務員・営繕

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 11

福井県清掃員・用務員・営繕の求人

  • 1

清掃員・用務員・営繕の求人について

清掃員・用務員・営繕とは

医療機関や介護施設における清掃業とは施設の床やドア、待合室の椅子、病室や診察室、トイレなどの清掃を担当する職業です。

清掃業は数多くの場所を担当することがありますが、疾病を持った人や高齢者などが多く存在するこれらの施設の清掃では、特に衛生管理について留意する必要があります。

そのため、除菌洗剤による手洗い、うがいなどの事前のケアを行った上で清掃作業に臨むなどの姿勢が重要となります。

また、人が密集している施設であるという特性上、感染症などにも気を配り、自身が感染源になることのないように、体調管理も求められることとなるでしょう。

清掃員・用務員・営繕として働くメリット

清掃業は特定の資格や学歴、実務経験などが無くても始めやすい職業ですが、現場で経験を積みながら、特定の資格を取ることでキャリアアップできるという点が魅力です。

実務経験を3年以上積むことで受験できる国家資格「ハウスクリーニング技能士」や、国家検定資格である「ビルクリーニング技能士」、民間資格の「ハウスクリーニングアドバイザー」や「建築物環境衛生管理技術者」などがそれにあたります。

また、人が生活する以上必要な職種であることから、求人数が安定しているのもメリットです。

よくある質問

【給与相場】福井県の清掃員・用務員・営繕求人の相場はどのくらいですか?

給料相場

福井県の清掃員・用務員・営繕求人の相場は以下です。


正社員

平均月収:


パート・アルバイト

平均時給:886円


詳細説明

一般的な介護職員の月収の相場は16~30万ほど、年収の相場は240~350万ほどです。

特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設や介護老人保健施設の方が、

ほかの施設よりも平均給料額が高い傾向があります


給料相場について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【年齢】福井県の清掃員・用務員・営繕求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

福井県で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

福井県では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】福井県の清掃員・用務員・営繕求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

福井県の年間休日110日以上の求人は0件です。


詳細説明

福井県の週休2日の求人は55%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】福井県の清掃員・用務員・営繕求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

福井県ではブランクがあっても復職ができる求人は5件です。


詳細説明

福井県では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

福井県の介護求人事情

介護福祉士や社会福祉士の志望者に対する支援が充実

福井県では、県内における介護福祉士の確保と福祉の増進を図るため、さまざまな制度が用意されています。

まずは、介護福祉士および社会福祉士修学資金貸付制度をご紹介しましょう。

福井県の支援の画像

これは、介護福祉士や社会福祉士の養成施設などに在学し、卒業後に県内の民間施設において介護または相談援助業務に就業した人に修学資金を無利子で貸し付ける制度です。

貸付金額は、月額5万円以内の学費、国家試験受験対策費用(年額4万円以内)、入学準備金(20万円以内)と就職準備金(20万円以内)を、それぞれ無利子で貸し付けます。

生活費が加算される場合もありますが、生活保護受給世帯または同等の経済状況と知事が認める世帯が対象です。

貸付期間は、養成施設などの正規の修学期間で、支給方法は年2回、指定の口座に振り込まれます。

貸付対象者は、以下の条件にすべてに該当する人です。

ひとつ目は、福井県内の介護福祉士養成施設に在学している人で県内に住民登録がある人、または介護福祉士養成施設に在学している人で、養成施設を卒業後に県内で会議福祉や社会福祉士として仕事に就く意思がある人

ふたつ目は学業の成績が優秀と認められ、卒業後に介護職として仕事をする意欲があり、介護福祉士や社会福祉士の資格取得を希望している人です。

注意したいのは、介護福祉士訓練や生活福祉資金や母子父子女寡福祉資金などから支援を受けている人は併用できないという点です。ただし、日本学生支援機構の奨学金との併用は可能となっています。

貸付を希望する場合、貸付希望者と別の生計の人か、登記されている法人を連帯保証人として立ててください。

卒業後、1年以内に福井県内に介護福祉士または社会福祉士の登録などを行い、県内の民間施設にいて、介護福祉士か公益財団法人社会福祉振興が定める仕事に携わり、引き続き5年間その仕事に従事した場合、貸付の返還が全額免除されます。

続いて、介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度をご紹介しましょう。

この申請が通れば、介護福祉士の実務者研修受講資金として最大20万円が無利子で貸し付けられます。

授業料、実習費、教材費や参考図書などの学用品、国家試験の受験手数料などが対象経費として認められているのです。

この貸付を申請する場合、同じ種類の貸付や国庫事業との併用はできません。

実務者研修施設を修了した日から1年以内に介護福祉士の登録を行い、県内において介護などの業務に就き、さらに2年間、介護の仕事に従事したときは返還が全額免除されます。

貸付の対象者は、以下の2点を満たしている人が該当します。

介護福祉士実務者研修施設に在学し、県内に住民登録をしている人。

または県内の実務者研修施設に在学している人で、実務者研修施設の課程を修了後、介護施設や事業所で働く予定の人。

注意点ですが、いずれの場合も申請時に県内で常時雇用している従業員数が100人未満の法人で、介護などの業務に携わっている人でなければなりません。

最後に、離職介護人材再就職準備金貸付制度をご紹介しましょう。

こちらは、すでに離職した介護人材で一定の知識と経験を持っているにもかかわらず、自身の出産などの理由から、現在介護職員として働いていない人が再就職できるよう支援する制度です。

対象者は、以下の6項目の用件を満たす人です。

  • 福井県内に住民登録をしている
  • 介護職員などの実務経験が1年以上ある
  • 介護についての資格、介護福祉士、または実務者研修施設において必要な知識や技能を習得した人か介護職員初任者研修を終了した
  • 県内の介護事業所または施設に介護職員などとして再就職または内定した人で、再就職先の雇用形態が正規職員または労働日数および労働時間が正規職員の3/4以上である
  • 直近の介護職員などとしての離職日から、介護職員などとして再就職する日までの期間が1年以上あり、その間県内で介護などの業務に就業していない
  • 直近の介護職員などとしての離職日から介護職員などとして再就職するまでの間に、あらかじめ、福井県福祉人材センターに届け出を行った

貸付金は、預け先を探す際の活動費や、介護にかかわる情報収集や本の購入費、講習会の費用、仕事で必要な道具や鞄の購入費、転居が必要なときの費用、通勤用の自転車かバイクの購入費など、就職するときに経費として認められた金額に対して使うことができます。

貸与額は20万円を上限とし、無利子で貸し付けます。

注意して欲しい点は、独立の生計を立てている人から連帯保証人が1人必要なことと、ほかの国庫補助事業などを活用している場合、併用できないということです。

福井県内で再就労した日から2年以上、該当する事業所に介護職員として勤務すれば、全額免除になります。

産業全体の求人倍率が全国トップの福井県。介護業界もやはり人手不足

福井県の介護職の有効求人倍率
出典:厚生労働省 更新

厚生労働省が発表した2018年7月の有効求人倍率は、福井県が2.13倍と26年4ヵ月ぶりの高水準でした。

離職者の減少が主な要因でしたが、全国平均(1.63倍)を上回る状況が続いています。

2019年1月には2.12倍となり東京都と並び全国1位でした。

一方、2019年1月の有効求職者数は9,251人で、前年同月比0.9%の増加。

この結果、1月の有効求人倍率は2.12倍となり、前月から0.04ポイント上昇しました。

県内の雇用失業情勢は着実に改善しつつあります。

産業別の規模別新規求人数の状況は、医療福祉分野において2019年1月の統計で、フルタイムが2.75倍、パートが2.49倍と県の倍率より高く、業者側が人材集めに苦しむ状況です。

介護関連職種の有効求人倍率が高いことについては、全国的にも同じ傾向で、慢性的な人材不足となっています。

人材不足といわれている介護業界ですが、福井県の介護職員数の推移を見ると、2000年の4,095人から、2014年には1万174人へと増加。

介護従事者を在宅サービスと施設サービスに分けてみると、在宅サービスの従事者は施設サービスの従事者の約1.5倍となりました。

しかし介護サービスの利用者数では、在宅サービス利用者が施設サービス利用者の約3倍いることから、在宅サービスより施設サービスの方が利用者一人当たりの介護従事者数が多いという結果になります。

介護サービス事業所に従事している人について、職種別に割合をみると、利用者に対する日常の介護を行う介護福祉士などの介護職員が約71%となっています。

介護職員の勤務形態では、訪問系サービスでは約7割の職員が非常勤となっている一方で、施設サービスでは約8割が常勤となっています。

では、ここで離職率を見てみましょう。

2013年の介護職員の採用率は20.2%、離職率は13.5%であり、全産業の離職率15.4% に比べて低くなってはいるものの、早期退職者の割合が全国平均の5.1%に比べて6.7%と高くなっています。

将来介護職員の担い手となる、県内の養成校3校の入学者(2014年度)は、定員125人に対し79人と、充足率は63.2%となっています。

その一方で、介護福祉士の資格の保持者のうち介護関連の仕事に就いている人は5,269人と、有資格者の53.2%に留まっています。

資格を有しているのに介護関連の職に就いてない人が有資格者の半数程度いる状況です。

2045年には高齢化率が38.5%になる見込みの福井県。

現状でも人手不足ですが、今後さらに介護人材が必要となってくるでしょう。

とりわけ、介護関連の資格を持っているのに介護の仕事に就いてない介護人材が就職しやすい環境づくりが急務です。

福井県の高齢化は急速に進行。2040年には37%以上が65歳以上となる推計も

福井県の高齢化率
出典:福井県 更新

2018年10月1日時点での福井県の総人口は77万3,731人でした。

1年前と比較して、1年間に4,598人の減少でした。

また、2018年の全国の総人口は1億2,644万人で、福井県人口の占める割合は全体の0.61%です。

1971年以降、福井県の人口は増加傾向が続いていましたが、2000年から減少に転じ、19年連続して人口が減少しています。

福井県の人口を年齢5歳階級別にみると、65~69歳が6万802人と最も多く、45~49歳が5万3,280人、40~44歳が5万1,328人の順となりました。

人口ピラミッドをみると、2018年時点での69~71歳が生まれた第1次ベビーブーム期までは 若年層ほど人口が多い「富士山型」です。

しかし、出生数の減少に伴い「つぼ型」に変化。

その後、44~47歳が生まれた第2次ベビーブーム期に一旦持ち直したものの、出生数が再び減少し、現在は66~71歳と43~47歳を中心とした2つの膨らみを持つ「逆ひょうたん型」と なりました。

また同時期の人口を年齢3区分別にみると、0~14歳が該当する年少人口が9万8,058人、15~64歳が該当する生産年齢人口が43万5,182人、65歳以上が該当する老年人口が23万554人となり、それぞれ総人口に占める割合は、12.8%、57.0%、30.2%となりました。

前年の統計と比較すると、年少人口割が0.2ポイント減少、生産年齢人口割合が0.2ポイント減少、老年人口割合が0.4ポイント増加となっています。

また、高齢化の程度を示す指数の老年化指数は235.1となっており、1995年に老年人口がはじめて年少人口を上回って以降、毎年上昇を続けています。

全国的に同じ流れですが、福井県でも出生率が減少傾向にあります。

出産や死亡の自然動態による出生数は5,823人となり、前年と比べ155人の減少です。

第2次ベビーブーム期の1973年以降減少傾向が続いています。

一方、死亡数は9,411人となり、前年に比べ35人減少したものの、増加傾向が続いています。これは2004年以降15年連続の減少となっています。

また、転入、転出による社会動態は、1950年以降減少の傾向が続いており社会減少が続いています。

2018年の県外転入者は1万3,406人、県外転出者は1万4,416人となっており、この結果1,010人の減少となりました。

県外転入で最も多いのは、石川県の1,137人であり、次いで大阪府1,134人、愛知県921人です。

また、県外転出で最も多いのは東京都の1,494人であり、次いで大阪府1,367人、愛知県1,351人となっています。

出生率が劇的に上昇しない状況から、今後も少子化はより進展すると予想されているのです。

第1次ベビーブーム期の団塊世代が65歳以上を迎え高齢者人口が増えていくなか、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2040年の福井県の人口は、64万7,000人になると見込まれています。

高齢化率は37.2%まで上昇し、15歳から64歳の生産年齢人口は33万人と全体のほぼ半数に落ち込むと予想されています。

福井県の求人動向 お役立ちデータ集

職種別の平均賃金
  月給の平均(円) 時間給の平均(円)
訪問介護員 227,327 1,120
サービス提供責任者 244,700 1,300
介護職員 216,695 911
看護職員 280,070 1,273
介護支援専門員 253,457 1,003
生活相談員または支援相談員 238,535 820

 

労働者の賞与の有無と平均額
  賞与の有無(%) 平均賞与(円)
有り 無し 無回答
全国 70.1 12.2 17.6 572,079
福井県 84.8 11.2 4.1 691,982

 

労働者の平均年齢
  平均年齢(歳)
全国 47.4
福井県 46.0

 

労働者の保有資格
  保有率(%)
介護福祉士 43.0
介護職員初任者研修 22.6
実務者研修 3.9
介護支援専門員 11.9
看護師・准看護師 15.2
PT・OT・ST等 4.3
社会福祉士 2.0
管理栄養士・栄養士 3.1
その他の資格 8.1
無資格 9.2

 

従業員の過不足の状況
  過不足の割合(%)
大いに不足 不足 やや不足 適当 過剰
訪問介護員 10.5 26.3 21.1 42.1 -
サービス提供責任者 - - 11.1 88.9 -
介護職員 10.6 23.4 44.7 21.3 -
看護職員 8.2 22.4 24.5 42.9 2.0
生活相談員 3.1 6.3 18.8 71.9 -
PT・OT・ST等 5.9 11.8 23.5 58.8 -
介護支援専門員 - 4.3 21.7 73.9 -

 

離職防止や定着促進への取り組み
取り組みの内容 実施率(%)
本人の希望に応じた勤務体制にする等の労働条件の改善に取り組んでいる 66.1
残業を少なくする、有給休暇を取りやすくする等の労働条件の改善に取り組んでいる 55.4
職場内の仕事上のコミュニケーションの円滑化を図っている(定期的なミーティング、意見交換会、チームケア等) 55.4
非正規職員から正規職員への転換の機会を設けている 55.4
能力や仕事ぶりを評価し、賃金などの処遇に反映している 39.3
悩み、不満、不安などの相談窓口を設けている(メンタルヘルスケア対策を含む) 41.1
賃金水準を向上させている 39.3
仕事内容の希望を聞いて配置している 37.5
業務改善や効率化等による働きやすい職場作りに力を入れている 46.4
能力開発を充実させている(社内研修実施、社外講習等の受講・支援等) 39.3
経営者・管理者と従業員が経営方針、ケア方針を共有する機会を設けている 21.4
健康対策や健康管理に力を入れている 42.9
キャリアに応じた給与体系を整備している 35.7
福利厚生を充実させ、職場内の交流を深めている(カラオケ、ボーリングなどの同好会、親睦会等の実施を含む) 44.6
職場環境を整えている(休憩室、談話室、出社時に座れる席の確保等) 23.2
新人の指導担当・アドバイザーを置いている 33.9
管理者・リーダー層の部下育成や動機付け能力向上に向けた教育研修に力をいれている 26.8
職員の仕事内容と必要な能力等を明示している 19.6
子育て支援を行っている(子ども預かり所を設ける。保育費用支援等) 5.4
介護ロボットやICT等の導入による働きやすい職場づくりに力を入れている 5.4

 

訪問介護員、介護職員に対する人材育成の取り組み
取り組みの内容 実施率(%)
教育・研修計画を立てている 44.1
採用時の教育・研修を充実させている 33.1
教育・研修の責任者(兼任を含む)もしくは担当部署を決めている 33.1
職員に後輩の育成経験を持たせている 20.3
自治体や、業界団体が主催する教育・研修には積極的に参加させる 44.1
能力の向上が認められた者は、配置や処遇に反映している 28.8
法人全体(関係会社)で連携して育成に取り組んでいる 16.9
地域の同業他社と協力、ノウハウを共有して育成に取り組んでいる 1.7
いずれも行っていない 7.6
その他 -