【2/3更新】柔道整復師の求人を全国新着求人から探す 71事業所 95件

職種

職種から探す

柔道整復師

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 95

全国柔道整復師新着求人の求人

柔道整復師の求人について

柔道整復師とは

柔道整復師とは、骨折や脱臼、打撲、捻挫などの怪我を負った人を対象として、手術を行わない「非観血的療法」を用いて治療を行う専門職です。整骨院や接骨院などに勤務する他、近年では介護業界においても、機能訓練指導員として勤務するなど、活躍の場を広げつつあります。

柔道整復師になるには

国家資格である柔道整復師として働くには、資格を満たした上で国家試験を受験して合格することが必須となります。

この受験資格を満たせるルートとなるのが「大学ルート」「短期大学ルート」「専門学校ルート」の3つです。

「大学ルート」は、柔道整復師の養成課程を扱う4年制大学を卒業することで、受験資格を得るというルートになります。

「短期大学ルート」は、3年制の短期大学のリハビリテーション科などに入学し、養成課程を経て卒業することで受験資格を得るルートです。

「専門学校ルート」は、柔道整復師養成施設として認定されている専門学校を卒業することで受験資格を得るルート。

3年以上の通学が必要となり、大学卒や短大卒などの学歴を得ることはできませんが、専門科目を効率よく学べる上に社会人になった後に柔道整復師に転職を目指す方にとっても重要な選択肢となります。

仕事内容

冒頭で述べた通り、柔道整復師は手術を行わない「非観血的療法」を用いて患者を治療するのが主な業務です。

この際に用いられるのは「整復法」『固定法』「後療法」の3つの方法となります。

「整復法」は骨折などで、骨が本来の位置からずれてしまった場合に関節が外れてしまった場合などに用いられる骨の位置を元に戻す技術です。

「固定法」は、同じく骨折や脱臼に対して包帯や三角巾、副木などで患部を固定し、回復を促す技術となります。

「後療法」とは怪我で損傷してしまった体の組織を回復させるために行う治療法で、電気や超音波、温熱や寒冷などの物理的なエネルギーでアプローチを行う物理療法のほか、トレーニングなどを通した運動療法や手により刺激を加える手技療法などを用いるのが一般的です。

柔道整復師として働くメリット

以前から医療系の専門職として地位を築いていた柔道整復師ですが、介護現場においても活躍の場が広がりつつあるのが現状です。

特に、デイサービスやショートステイ、特別養護老人ホームなどで1人以上の配置が義務付けられている機能訓練指導員の資格要件を満たす職業であることから、今後その需要は高まり続けると考えられます。

将来性の高い職業と言えるでしょう。