管理職の求人を名古屋市緑区から探す 1事業所 1件

職種

職種から探す

管理職

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 1

名古屋市緑区管理職の求人

  • 1

名古屋市緑区での管理職の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は0件です

管理職の求人について

管理職とは

介護業界における管理職とは、介護施設全体の管理を行う職業です。

施設によって、ホーム長、施設長、管理者など様々な呼称がありますが、介護現場の中で、職員に指示を行い、円滑なサービスが行われるようにすることが主な業務となります。

そのため、介護職員との信頼関係を構築するコミュニケーション能力やマネジメント能力が必要になってきます。

管理職になるには

管理職になるには、施設ごとに異なる資格要件を満たす必要があります。

例えば、特別養護老人ホームの施設長になるためには「社会福祉主事の要件を満たす」「社会福祉事業に2年以上の従事」「社会福祉施設長資格認定講習会の受講」のいずれかを満たす必要があります。

グループホームの場合は「指定された施設の従業者、あるいは訪問介護員として、3年以上の認知症介護の経験」「厚生労働大臣が定める『認知症対応型サービス事業者管理者研修』の修了」の両方を満たす必要があります。

一方、有料老人ホームや、サービス付き高齢者向け住宅においては資格要件がありません。

そのため、未経験や無資格でも採用される場合がありますが、実際には介護関連の資格や、実務経験が重視されるケースが多いようです。

仕事内容

管理職は、名前の通り施設に関わる様々な事柄を管理することが主な業務内容になります。

優秀な人材の確保や社内研修をはじめとした教育制度の充実など、職員の採用や育成に携わり、彼らの職能に応じた人員配置、福利厚生を含む労働環境の整備など、人員に関するマネジメントを行うことは重要な業務の一つです。

他にも、新規の利用者を得るために、説明会などの営業・広報活動、厚生労働省の発する省令や、介護保険法の改正に合わせて、方針を決めるなど、施設全体の運営を行うことも必要となります。

くわえて、利用者との契約の確認、経費の管理、備品の発注など、施設の収支に関する部分についても担当することになるので、これらを並行して行える総合的なマネジメント能力が求められる職業です。

管理職として働くメリット

様々な分野に対する知識やスキルを必要とする管理職ですが、その分収入は他の職員よりも高い傾向にあるのが魅力。

また、自身の仕事の成果が、施設や事業所の収益そのものに直結することとなるため、やりがいを感じられる機会も多いと考えられます。

大きな責任が伴う事も多い仕事ですが、介護業界におけるキャリアアップを目指す上で、一つの目標となる職業だと言えるでしょう。

よくある質問

【給与相場】名古屋市緑区の管理職求人の相場はどのくらいですか?

給料相場

名古屋市緑区の管理職求人の相場は以下です。


正社員

平均月収:29万円


パート・アルバイト

平均時給:


詳細説明

一般的な介護職員の月収の相場は16~30万ほど、年収の相場は240~350万ほどです。

特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設や介護老人保健施設の方が、

ほかの施設よりも平均給料額が高い傾向があります


給料相場について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【年齢】名古屋市緑区の管理職求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

名古屋市緑区で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

名古屋市緑区では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】名古屋市緑区の管理職求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

名古屋市緑区の年間休日110日以上の求人は0件です。


詳細説明

名古屋市緑区の週休2日の求人は0%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】名古屋市緑区の管理職求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

名古屋市緑区ではブランクがあっても復職ができる求人は1件です。


詳細説明

名古屋市緑区では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。