【2/7更新】看護師の求人を全国小規模多機能型居宅介護から探す 490事業所 666件

職種

職種から探す

看護師

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 666

全国看護師小規模多機能型居宅介護の求人

医療法人 森山胃腸科の写真0
医療法人 森山胃腸科の写真1
医療法人 森山胃腸科の写真2
住所 佐賀県佐賀市諸富町大堂937-3

看護師の求人について

看護師とは

看護師は、医師の診療や診察のサポートを行う他、疾病を抱えている人への医療的なケア、及び精神的なケアを行う専門職です。

病院などに勤務するイメージの強い看護師ですが、高齢化が進む中で介護施設や訪問看護ステーションなど、病院以外の場所でも活躍する機会が増えつつあります。

看護師になるには

看護師は、法律上の位置づけとして、保健師助産師看護師法の第5条で規定されている国家資格です。

よって、看護師になるには特定の教育施設に入学してカリキュラムを修了することで受験が可能となる看護師資格の国家試験に合格し、免許を取得する必要があります。

この教育施設とは、看護系の大学や短大、専門学校や養成所、あるいは5年一貫看護師養成課程校です。

前者4つについては高校を卒業した人が対象となっていますが、専門学校や養成所は社会人の入学者も想定されていることが多く、看護師への転職を目指す際に選択肢の一つとなります。

一方で、5年一貫看護師養成課程校は、中学を卒業後に入学できる教育施設となっており、これらの教育機関の中では看護師として勤務できる年齢が最も若くなっているのが特徴です。

仕事内容

看護師の代表的な仕事は、病院やクリニックにおける医師の診察や治療のサポートと、医師の指示のもとに行う看護ケアです。

血圧や体温を測るバイタルチェックや、点滴や注射などがこれにあたります。

一方で、看護師の業務は勤務する施設や部署によって異なる部分も多く、入院施設のある病院では入浴の準備やベッドメイキングを行うこともありますし、手術のアシスタントを専門とするケースもあります。

また病院以外では、介護施設や福祉施設において医療的なケアや健康管理を行うことや、ターミナルケアを専門に行う施設で働く事もあるなど、現在では看護師の活躍できる場所は非常に多岐に渡っています。

看護師として働くメリット

看護師として働くメリットは、やはり専門職ゆえの需要の高さでしょう。

そのうえ、看護師は女性が多いという特性上、結婚や出産、育児や介護などを理由に現場を離れてしまう人も少なからずいるため、常に必要とする場所が存在しています。

高齢化が進んだことで以前は病院やクリニック、診療所などの医療機関が主な活躍の場であった看護師の需要が、介護施設などにも広がりつつあるのが現状。

将来的にもその必要性が高まるとみられ、自身の望む場所で、安定して働くことが出来るのがメリットです。

小規模多機能型居宅介護の求人について

小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは、通所型のサービスをメインとしつつも、短期間での外泊サービスや、利用者の自宅への訪問サービスも合わせて行う地域密着型の介護保険サービスの一つです。

通常、これら3つのサービスはデイサービスやショートステイ、訪問介護など別々の事業所と契約して受ける必要があります。

しかし、小規模多機能型居宅介護では、これらを一体的に提供してもらうことが可能で、同じスタッフと人間関係を構築しながら必要に応じたサービスを選んで提供してもらうことが出来ます。

仕事内容

小規模多機能型居宅介護では、前述の通りデイサービスやショートステイ、訪問介護のサービスを一体的に提供するのが特徴です。

そのため、介護業務だけでなく車による利用者の送迎や、自宅への訪問、レクリエーションの企画や運営に携わることも重要な業務となります。

また、通所型のサービスを利用した後、そのまま施設への外泊サービスを受けるなど、利用者がサービスを柔軟な形で利用するケースも少なくないため、それらに臨機応変に対応するスキルも求められることとなるでしょう。

小規模多機能型居宅介護で働くメリット

上記の例のように、通所型サービス、外泊サービス、訪問サービスを組み合わせてフレキシブルな利用を行うことが出来るのが小規模多機能型居宅介護の特徴です。

そのため、これらのサービス全てに対応できる能力を身につけることが出来るのが、働く上での大きなメリットに挙げられるでしょう。

また、3つのサービスを同じ事業所で提供していることから、スタッフと利用者が顔なじみになりやすく、関係を深めることができる点なども評価すべきポイントす。

一方で、利用者の多くは在宅生活を送る要介護度が比較的低い人となっており業務の負担が少ない場合が多いため、実務経験が少ない人もチャレンジがしやすい環境と言えるかもしれません。