作業療法士の求人を全国養護老人ホームから探す 2事業所 2件

職種

職種から探す

作業療法士

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 2

全国作業療法士養護老人ホームの求人

  • 1

作業療法士の求人について

作業療法士とは

作業療法士とは、疾病により障がいを抱えることとなった人を対象に、日常生活に必要な能力の回復・維持を目的として着替えや排せつ、入浴や家事などの「作業」によるリハビリテーションを行う専門職です。

身体機能だけではなく、メンタルに対するリハビリテーションを行うこともこの職業の大きな特徴と言えます。

作業療法士になるには

国家資格である作業療法士として働くには、国家試験を受験して合格することが必要です。

この受験資格を得るには「大学ルート」「短期大学ルート」「専門学校ルート」の3つがルートとして存在しています。

作業療法士の養成課程を扱う4年制の大学を卒業することで受験資格を得る「大学ルート」では、学費が高いものの大学卒という学歴と幅広い知見を得ることが出来るのがメリットです。

3年制の短期大学を卒業する「短期大学ルート」では、大学よりも短い期間で卒業が可能なため、より早期から働くことができます。

「専門学校ルート」では、3年制または4年制の専門学校を卒業することが必要となりますが、社会人でも通いやすいという部分が利点となるでしょう。

仕事内容

作業療法士は、基本的動作能力、応用的動作能力、社会適応能力の改善・維持を目的としたリハビリテーションを行うのが主な業務です。

そのため対象となる業務の幅が非常に広くなっています。

運動能力や認知機能など基本的動作能力の改善や、食事や排せつ、入浴、家事などの日常で必要とされる応用的動作能力の改善のため、患者一人ひとりの状態に応じた適切な作業療法によりリハビリテーションを行うことが必要です。

また、身体だけではなく、創作活動などの趣味やレクリエーションを通して、心のリハビリテーションを行うのも作業療法士の役割。

そのため、理学療法士が肉体的な運動機能に限定したアプローチを行うのに対して、作業療法士はうつ病などの精神障害の患者も対象としてリハビリテーションを行うという両者の違いがあります。

作業療法士として働くメリット

作業療法士にとって今後需要がますます高まっていくであろう介護施設や医療施設など、リハビリテーションを主に扱う業界はもちろん重要な勤務先候補です。

一方で、体が不自由な人に対して日常生活をサポートする「自助具」の開発をしている医療機器メーカーに作業療法士としての経験を活かして開発業務に携わるというケースも見られます。

こうした様々な分野で自身の専門知識を活かして働くことが出来るのは、作業療法士になるメリットと言えるでしょう。

養護老人ホームの求人について

養護老人ホームとは

養護老人ホームとは、自宅での生活が困難になった高齢者を対象として、入居サービスを提供する施設で、介護保険施設ではなく、老人福祉施設にあたるものです。

養護老人ホームは、経済的な困窮や孤独状態、家族からの虐待を受けている場合などに自治体の判断をもって、生活を保護するための措置として入居することとなります。

生活環境や周囲などに問題があるものの、基本的に健康で自立状態にある65歳以上の高齢者の社会復帰を目的として自立支援を行う施設であるため、要介護1以上の認定を受けた人などは対象となりません。

仕事内容

養護老人ホームで提供されるサービスは、あくまでも日用生活のサポートという範囲に留まる物が多くなっています。

そのため、食事の提供や掃除、洗濯などの生活支援サービスのほか、外出支援や健康指導などが主な業務です。

介護職員の他に支援員と呼ばれるスタッフが配置されており、施設によっては介護職員の数が少なかったり、あるいは不在であったりすることもあります。

一方、あくまでも社会復帰を目指す施設であることから、これに向けた自立支援が業務の一つとして行われるのが一般的です。

また、施設によってはレクリエーションをはじめとした行事を行うことで、生活の向上を目指すケースもみられています。

養護老人ホームで働くメリット

自立した健康な高齢者が入居する養護老人ホームでは、介護関連の資格を保有していなかったり、実務経験がなかったりする場合でも支援員として働くことが出来るのが大きな特徴です。

そのため、介護業界に興味があるものの、資格や経験がないという人がチャレンジするのには適した職場であると言えます。

また、介護を必要としない人が多くいる関係上、通常の介護施設に比べると肉体的な負担が少ない労働環境になる傾向があります。こちらも魅力の一つと言えるでしょう。