【2/6更新】理学療法士の求人を横浜市から探す 94事業所 135件

横浜市の介護求人事情 介護職員の家賃を負担する事業所に市が補助金を支給福祉・介護サービス分野において、全国的に慢性的な人手不足と言われているなかで、特に大都市である横浜市では福祉人材の確保が重要な課題となっています。今後も高齢者数が増加することは明らかで、福祉人材の確保は厳しい状況になると予想されているのです。そんな状況を鑑み、横浜市では介護サービスを行う個人・事業所に対して支援を行っています。具体的には、「横浜市介護

職種

職種から探す

理学療法士

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 135

横浜市理学療法士の求人

横浜市での理学療法士の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は7件です

理学療法士の求人について

理学療法士とは

理学療法士とは、疾病や老衰、障がいなどを原因として運動機能が低下してしまった人を対象に、運動療法や物理療法を用いて機能の改善を図る専門職です。

英語の「Physical Therapist」を略した「PT」とも呼ばれるこの職業は、リハビリテーションなどを通して利用者の日常生活動作(ADL)を改善させることで、生活の質(QOL)を向上させる役割を担っています。

理学療法士になるには

国家資格である理学療法士として働くには、国家試験を受験して合格することが必要です。

この受験資格を満たすためには、「4年生大学ルート」、「短期大学ルート」、「専門学校ルート」、「特別支援学校ルート」、「作業療法士資格取得からのルート」、そして「外国で資格を取得するルート」6つのルートが存在しています。

「4年制大学ルート」は、理学療法士の養成課程がある4年制大学を卒業するものです。

「短期大学ルート」「専門学校ルート」では同じく理学療法士の養成課程を扱う3年制の短大、3年制あるいは4年制の専門学校を卒業するというものになります。

「特別支援学校ルート」は、視覚障がい者の方を対象とした特別支援学校の理学療法科で養成課程を卒業することで受験資格を満たすことが可能です。

「作業療法士資格取得からのルート」は、作業療法士の資格を取得している人が、専門学校をはじめとした養成校に2年以上通うことで、受験資格を得ることができるというもの。

「外国で資格を取得するルート」は、外国で既に日本の理学療法士に該当する資格を取得している場合、手続きを行うことで受験資格を得ることが可能というものです。

ただし、一部のケースでは不足している単位を新たに履修することを求められる場合もあります。

仕事内容

理学療法士は、患者ごとに最適となるプログラムを作成し、身体機能の回復を目指すのが主な業務。

ここで用いられるのが、歩行訓練や関節の曲げ伸ばしなどを行う運動療法と、赤外線や電気刺激、温熱療法や寒冷療法など、物理的なアプローチを行う物理療法です。

運動療法は、関節の可動域や筋力の改善などを目的として行われ、物理療法は患者の状態にあった方法を用いることで、痛みなど症状の軽減を図ることが目的となります。

理学療法士として働くメリット

理学療法士は、医療施設だけでなく怪我の予防などを目的としたスポーツ分野、高齢化が進む中でリハビリテーションを必要とする人の増加が見込まれる介護分野での需要も高まりつつあります。

様々な場所でその高い専門性を活かして働くことができるのがメリットと言えるでしょう。

よくある質問

【給与相場】横浜市の理学療法士求人の相場はどのくらいですか?

給料相場

横浜市の理学療法士求人の相場は以下です。


正社員

平均月収:28万円


パート・アルバイト

平均時給:1,970円


詳細説明

一般的な介護職員の月収の相場は16~30万ほど、年収の相場は240~350万ほどです。

特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設や介護老人保健施設の方が、

ほかの施設よりも平均給料額が高い傾向があります


給料相場について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【年齢】横浜市の理学療法士求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

横浜市で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

横浜市では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】横浜市の理学療法士求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

横浜市の年間休日110日以上の求人は28件です。


詳細説明

横浜市の週休2日の求人は18%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】横浜市の理学療法士求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

横浜市ではブランクがあっても復職ができる求人は124件です。


詳細説明

横浜市では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

横浜市の介護求人事情

介護職員の家賃を負担する事業所に市が補助金を支給

福祉・介護サービス分野において、全国的に慢性的な人手不足と言われているなかで、特に大都市である横浜市では福祉人材の確保が重要な課題となっています。

今後も高齢者数が増加することは明らかで、福祉人材の確保は厳しい状況になると予想されているのです。

そんな状況を鑑み、横浜市では介護サービスを行う個人・事業所に対して支援を行っています。

スーツの男性が家を提案するイメージイラスト

具体的には、「横浜市介護職員住居借上支援事業」「横浜市介護ロボット等導入支援事業」「横浜市外国人留学生受入支援事業費補助金交付」を行っているのです。

ここでは、それぞれの支援内容を紹介していきます。

まずは、「横浜市介護職員住居借上支援事業」を確認しましょう。

これは、新たに雇う介護職員用の住居を借上げる法人を支援するもので、対象の団地の部屋は市が提供。

また、住居借上費用は本人に負担を求めないようになっています(ただし、事業実施者の負担額が横浜市の補助額を超えたときは、越えた額の範囲内で本人が負担する必要がある)。

家賃は生活費のなかでも特に金額が大きくなりがちなので、少しでも節約したい介護職員にとっては嬉しい内容ですね。

続いて、「横浜市介護ロボット等導入支援事業費補助金」をみていきましょう。

これは、一定の高齢者を雇用した法人に対して、介護ロボットなどを導入する資金の一部を支援するものです。

中高年を3人雇用し、それぞれが1日4時間以上かつ月32時間以上で3ヵ月以上勤務した場合、事業所は補助の対象になります。

最後に、「横浜市外国人留学生受入支援事業費補助金交付」を紹介しましょう。

これは、介護福祉士を目指して来日する留学生を受け入れる事業所に対して、日本語学校の学費などの1/2(上限35万円)の経費を助成し、留学生の受け入れ、就学、就労までがスムーズに行われることを目指すものです。

ただし留学生は、日本語学校を卒業した後、介護福祉士養成校に入学をしなければ補助対象とはなりません。

ここまで解説してきたように、介護職員志望者が働きやすくなるような制度が整っている横浜市は、これから介護業界を目指す方にとっては理想的な環境といえるでしょう。

横浜市の高齢化率は24.3%。生産年齢人口の割合は高めだが、介護職員の手は足りていない

横浜市の高齢化率
出典:横浜市 更新

ここ半世紀の間、横浜市の人口は増加を続けてきました。

特に、オリンピック時期にはそれが顕著で、1955年~1975年の15 年間は約125 万人ほど増加するなど、その急増ぶりは凄まじいものでした。

バブル経済が崩壊し、平成不況と呼ばれた時期から2000年までは増加率が鈍ったものの、直近の2000年から2005年の5年間は好景気に恵まれ、人口増加率は4.5%へと回復しました。

ではここで、2017年1月時点の年齢3区分別人口をみてみましょう。

0~14歳(年少人口)が46万2,690人、15~64歳(生産年齢人口)が235万7,335人、65歳以上(老年人口)が88万8,543人となっており、年少人口、生産年齢人口ともに減少しました。

一方、老年人口は1万7,770人(2.0%)の増加となり、総人口に占める老年人口の割合は24.0%です。

全国と比較すると、横浜市は生産年齢人口の割合が高く、老年人口の割合が低くなっています。

ただし、生産年齢人口の割合が高いからと言って介護問題について楽観視することはできません。

なぜなら、人口自体が非常に多く、横浜市内には高齢者が90万人近くいるからです。

2017年5月の神奈川県の介護職員の求人倍率は3.54倍(当時の全国平均は3.15倍)。

人口がこれほど多い地域で人材不足状態であることを考えると、今後も介護職員の需要が続くと予測されています。

では、高齢者の情報をピックアップしてみてみましょう。

横浜市の高齢者人口は2009年の73万人から徐々に上昇。

2018年の65歳以上の人口は90万2,899人で、高齢化率は24.3%となっており、高齢化率が超高齢社会の目安となる21%を超えた2013年以降、上昇し続けてきました。

65歳以上人口の内訳をみると、65~69歳が24万7,834人、70~74歳が21万0,436人、75~79歳が18万1,119人、80歳以上が26万3,510人となっています。

また、65歳以上人口の構成比をみると80歳以上の人口が29.2%を占め、65~69歳の人口の27.4%を上回りました。

さらに高齢者人口の推移を年代別に分けて見ると、特に急増しているのが後期高齢者人口(75歳以上人口)です。

2009年後期高齢者の人口は31万人でしたが、2017年では46万人にまで増加。

「団塊の世代」が後期高齢者になる2025年には、後期高齢者が17万4,000人増えると予想されています。

特に、横浜市の高齢者については「高齢夫婦のみ世帯」と「高齢単身世帯」が急激に増加していることが特徴。

1990年から2010年までの20年間に、市内の高齢夫婦のみ世帯は3.3倍、高齢単身世帯は4.2倍になっています。

この傾向は将来的にさらに強まり、社会的孤立を防ぐ対策とも合わせ、介護人材の採用が一層重要になっていくでしょう。