【1/25更新】理学療法士の求人を長野県から探す 53事業所 56件

長野県の介護求人事情 長野県は、現役介護職員や潜在的な介護職員を経済的に支援積極的に介護職員として働きたい方は、介護に関する何らかの資格を持っているほうが就職に有利なことは間違いありません。そのため、初心者でも比較的取得しやすい介護職員初任者研修を目指す方も多いのではないでしょうか。介護職員初任者研修を取得していれば入浴介助や食事の補助、着替えのお手伝いなどができるようになるため、介護職としての基本的な仕事には従事でき

職種

職種から探す

理学療法士

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 56

長野県理学療法士の求人

理学療法士の求人について

理学療法士とは

理学療法士とは、疾病や老衰、障がいなどを原因として運動機能が低下してしまった人を対象に、運動療法や物理療法を用いて機能の改善を図る専門職です。

英語の「Physical Therapist」を略した「PT」とも呼ばれるこの職業は、リハビリテーションなどを通して利用者の日常生活動作(ADL)を改善させることで、生活の質(QOL)を向上させる役割を担っています。

理学療法士になるには

国家資格である理学療法士として働くには、国家試験を受験して合格することが必要です。

この受験資格を満たすためには、「4年生大学ルート」、「短期大学ルート」、「専門学校ルート」、「特別支援学校ルート」、「作業療法士資格取得からのルート」、そして「外国で資格を取得するルート」6つのルートが存在しています。

「4年制大学ルート」は、理学療法士の養成課程がある4年制大学を卒業するものです。

「短期大学ルート」「専門学校ルート」では同じく理学療法士の養成課程を扱う3年制の短大、3年制あるいは4年制の専門学校を卒業するというものになります。

「特別支援学校ルート」は、視覚障がい者の方を対象とした特別支援学校の理学療法科で養成課程を卒業することで受験資格を満たすことが可能です。

「作業療法士資格取得からのルート」は、作業療法士の資格を取得している人が、専門学校をはじめとした養成校に2年以上通うことで、受験資格を得ることができるというもの。

「外国で資格を取得するルート」は、外国で既に日本の理学療法士に該当する資格を取得している場合、手続きを行うことで受験資格を得ることが可能というものです。

ただし、一部のケースでは不足している単位を新たに履修することを求められる場合もあります。

仕事内容

理学療法士は、患者ごとに最適となるプログラムを作成し、身体機能の回復を目指すのが主な業務。

ここで用いられるのが、歩行訓練や関節の曲げ伸ばしなどを行う運動療法と、赤外線や電気刺激、温熱療法や寒冷療法など、物理的なアプローチを行う物理療法です。

運動療法は、関節の可動域や筋力の改善などを目的として行われ、物理療法は患者の状態にあった方法を用いることで、痛みなど症状の軽減を図ることが目的となります。

理学療法士として働くメリット

理学療法士は、医療施設だけでなく怪我の予防などを目的としたスポーツ分野、高齢化が進む中でリハビリテーションを必要とする人の増加が見込まれる介護分野での需要も高まりつつあります。

様々な場所でその高い専門性を活かして働くことができるのがメリットと言えるでしょう。

よくある質問

【給与相場】長野県の理学療法士求人の相場はどのくらいですか?

給料相場

長野県の理学療法士求人の相場は以下です。


正社員

平均月収:24万円


パート・アルバイト

平均時給:


詳細説明

一般的な介護職員の月収の相場は16~30万ほど、年収の相場は240~350万ほどです。

特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設や介護老人保健施設の方が、

ほかの施設よりも平均給料額が高い傾向があります


給料相場について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【年齢】長野県の理学療法士求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

長野県で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

長野県では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】長野県の理学療法士求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

長野県の年間休日110日以上の求人は37件です。


詳細説明

長野県の週休2日の求人は43%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】長野県の理学療法士求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

長野県ではブランクがあっても復職ができる求人は48件です。


詳細説明

長野県では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

長野県の介護求人事情

長野県は、現役介護職員や潜在的な介護職員を経済的に支援

積極的に介護職員として働きたい方は、介護に関する何らかの資格を持っているほうが就職に有利なことは間違いありません。

そのため、初心者でも比較的取得しやすい介護職員初任者研修を目指す方も多いのではないでしょうか。

介護職員初任者研修を取得していれば入浴介助や食事の補助、着替えのお手伝いなどができるようになるため、介護職としての基本的な仕事には従事できるようになります。

しかし、もっとさまざまな仕事に取り組みたいと思うなら、キャリアアップの手段として介護福祉士や社会福祉士の国家資格を取得した方が良いでしょう。

もし介護職としての経験がない方でも、一から学んで介護福祉士や社会福祉士の資格を取得することは可能です。

長野県では「介護福祉士・社会福祉士修学資金貸付事業」として、そのための経済的な支援を行っています。

この制度を利用すれば介護福祉士・社会福祉士の養成施設の学費(毎月最大5万円)や入学準備金(1回限り最大20万円)、就職準備金(1回限り最大20万円)国家試験受験対策費用(1回限り最大4万円)などを無利子で借りることができるのです。

長野県の支援の画像

しかも、修了後の1年以内に介護福祉士・社会福祉士いずれかの登録をし、長野県内で5年以上介護や相談援助の仕事をすれば、借りたお金の返済は全額免除になります。

就職前に介護関連の資格を取得したくても経済状況が難しいという方には、ぜひ利用をおすすめしたい制度です。

また、長野県ではすでに介護職員として働いている方のキャリアアップのサポートも行っています。

介護職員初任者研修を取得するには、研修を受けるための受講費用が必要になりますが、この費用も「実務者研修受講資金貸付事業」として無利子で貸付を行っています。

貸付金額は最大20万円になるのですが、やはり「介護福祉士・社会福祉士修学資金貸付事業」同様、介護福祉士に登録後、長野県内の介護施設などで2年以上介護職員として働けば貸付を受けた受講費用の全額が免除されます。

また、介護職員として復職したい方の支援も「再就職準備金貸付事業」として行っています。

こちらの事業も復職後、2年以上の勤務で返済免除となるため、積極的に利用したい制度です。

このように長野県では、金銭面の支援をメインにさまざまな形で介護職員の育成に取り組んでいます。

長野県の介護職は圧倒的に売り手市場

長野県の介護職の有効求人倍率
出典:厚生労働省 更新

長野県の少子高齢化は急速に進み、今後は介護需要も増加すると見込まれています。

要介護・要支援の高齢者数をみると、2014年には約10万8,000人だったのが、2025年には約13万7,000人とおおよそ1.3倍に膨れ上がると予想されています。

その介護需要を支える介護職員の数ですが、こちらは2014年に約3万4,000人だったのが、2025年には約4万6,000人が必要だと見込まれ、このままでは約8,000人が不足すると考えられています。

つまり、今から長野県内の介護施設や事業所で介護職員として働き始めれば、2025年には大きな戦力として長野県内の介護の現場に貢献できるということです。

当然、長野県における介護職の有効求人倍率は右肩上がりを続けています。

2009年の0.98倍を底に2011年には2.13倍に上昇。

一度落ち込みはあったものの、2014年には1.91倍、2015年には2.09倍、2016年には2.34倍にまで跳ね上がっています。

長野県における全職種の有効求人倍率をみると、2014年は1.14倍、2015年は1.28倍、2016年は1.46倍だということを考えれば、介護関連職が大変な売り手市場だということがわかりますね。

なお、2017年の全国平均データを見ても全職種の有効求人倍率は1.22倍で、介護職関連の有効求人倍率は3.15倍でした。

このように長野県のみならず、全国的に介護職員の数は不足しており、今後ますます増える高齢者人口を支える人材の確保が求められています。

また、介護職といえばどうしても「体力的にきつい」「給与が安い」というようなネガティブなイメージがついて回りますが、実はここ数年、全国的に介護職の離職率は低下傾向にあります。

2007年には21.6%だった介護職の離職率ですが、翌年の2008年には18.7%と20%を割り込み、2009年には17.0%、2010年には17.8%、そして2011年には16.1%まで低下。その後は横ばいながら2015年には16.5%と、8年間で5.5ポイントも低くなっているのです。

これにはさまざまな原因が考えられますが、一番に考えられるのはやはり働く環境が改善したことではないでしょうか。

労働条件や給与の見直しによって、以前のようなネガティブなイメージは払拭されつつあります。

今後も定着率が高くなることが予想されているため、いま介護の仕事に興味があるなら、早めに入職してキャリアを積むのが賢明かもしれません。

長野県の高齢化率は2040年には38.4%に達する見込み

長野県の高齢化率
出典:長野県 更新

長野県の総人口は約221万人だった2000年をピークに減少に転じ、2015年には約209万人にまで落ち込んでいます。

この減少傾向は今後も続き、2020年には約202万人、そして2025年にはとうとう200万人を割って約194万人になると予想されています。

総人口が減少するのとは対象的に、65歳以上の高齢者人口は上昇の一途をたどっています。

2000年には約48万人だった高齢者人口も2015年には約63万人になり、高齢化率は21.5%から29.9%へと推移してほぼ3人に1人が高齢者という状況になっています。

同年の全国の高齢化率は26.7%でしたから、いかに長野県の高齢化が進んでいるかがおわかりいただけるでしょう。

今後もこの傾向は継続し、2020年の高齢化率は32.0%、2030年には34.4%、さらに2040年には38.4%にまで達すると予想されています。

また、75歳以上のいわゆる後期高齢者の数も同様に増え続けています。

2000年には約21万2,000人だった後期高齢者の人口は、2015年には約32万7,000人になり、後期高齢化率は9.6%から15.7%へと上昇しています。

今後もこの傾向は続き、75歳以上人口のピークと考えられている2030年には、約40万1,000人にまで膨れ上がるという予想です。

ただ、長野県は面積が日本で4番目に広いこともあって、75歳以上人口のピークに達する時期が県内の10圏域によってそれぞれ異なるのが特徴的です。

例えば木曽圏域はすでに2015年にピークを迎えてしまいましたが、諏訪圏域では2025年、佐久圏域では2035年にピークを迎えると予想されています。

これは各圏域によって人口の年齢構成が違うことが原因だと思われますが、いずれにせよ2030年までには後期高齢化対策をすることが急務であることには間違いありません。

また、長野県内の総世帯数は2010年を境に年々減り続けています。

さらに、65歳以上の高齢者の一人暮らし世帯や、高齢者夫婦のみの世帯が増加し、2035年には63.6%と全世帯の半数以上が高齢者だけの世帯になると予想されています。

長野県は65歳以上の高齢者の約30%が現役で働いているという、全国でも有数のお年寄りが元気な地域です。

しかしながら、着実に高齢化が進んで介護需要も増えていることから、これから介護職を目指す方には活躍できる場がたくさんあると思われます。

長野県の求人動向 お役立ちデータ集

職種別の平均賃金
  月給の平均(円) 時間給の平均(円)
訪問介護員 212,468 1,096
サービス提供責任者 229,620 998
介護職員 213,449 938
看護職員 274,531 1,336
介護支援専門員 259,241 1,124
生活相談員または支援相談員 230,093 960

 

労働者の賞与の有無と平均額
  賞与の有無(%) 平均賞与(円)
有り 無し 無回答
全国 70.1 12.2 17.6 572,079
長野県 73.4 10.2 16.4 629,246

 

労働者の平均年齢
  平均年齢(歳)
全国 47.4
長野県 47.6

 

労働者の保有資格
  保有率(%)
介護福祉士 46.6
介護職員初任者研修 35.5
実務者研修 1.5
介護支援専門員 8.8
看護師・准看護師 15.4
PT・OT・ST等 2.3
社会福祉士 1.9
管理栄養士・栄養士 1.9
その他の資格 4.5
無資格 4.3

 

従業員の過不足の状況
  過不足の割合(%)
大いに不足 不足 やや不足 適当 過剰
訪問介護員 17.8 28.9 31.1 22.2 -
サービス提供責任者 2.6 2.6 17.9 76.9 -
介護職員 13.1 16.8 30.8 36.4 2.8
看護職員 5.0 9.9 30.7 52.5 2.0
生活相談員 1.5 4.4 8.8 85.3 -
PT・OT・ST等 3.7 - 22.2 70.4 -
介護支援専門員 2.8 5.6 12.5 79.2 -

 

離職防止や定着促進への取り組み
取り組みの内容 実施率(%)
本人の希望に応じた勤務体制にする等の労働条件の改善に取り組んでいる 72.7
残業を少なくする、有給休暇を取りやすくする等の労働条件の改善に取り組んでいる 53.1
職場内の仕事上のコミュニケーションの円滑化を図っている(定期的なミーティング、意見交換会、チームケア等) 57.8
非正規職員から正規職員への転換の機会を設けている 52.3
能力や仕事ぶりを評価し、賃金などの処遇に反映している 31.3
悩み、不満、不安などの相談窓口を設けている(メンタルヘルスケア対策を含む) 40.6
賃金水準を向上させている 38.3
仕事内容の希望を聞いて配置している 36.7
業務改善や効率化等による働きやすい職場作りに力を入れている 32.8
能力開発を充実させている(社内研修実施、社外講習等の受講・支援等) 36.7
経営者・管理者と従業員が経営方針、ケア方針を共有する機会を設けている 28.1
健康対策や健康管理に力を入れている 33.6
キャリアに応じた給与体系を整備している 27.3
福利厚生を充実させ、職場内の交流を深めている(カラオケ、ボーリングなどの同好会、親睦会等の実施を含む) 25.8
職場環境を整えている(休憩室、談話室、出社時に座れる席の確保等) 18.8
新人の指導担当・アドバイザーを置いている 21.9
管理者・リーダー層の部下育成や動機付け能力向上に向けた教育研修に力をいれている 15.6
職員の仕事内容と必要な能力等を明示している 13.3
子育て支援を行っている(子ども預かり所を設ける。保育費用支援等) 7.0
介護ロボットやICT等の導入による働きやすい職場づくりに力を入れている 3.1

 

訪問介護員、介護職員に対する人材育成の取り組み
取り組みの内容 実施率(%)
教育・研修計画を立てている 59.9
採用時の教育・研修を充実させている 35.3
教育・研修の責任者(兼任を含む)もしくは担当部署を決めている 30.9
職員に後輩の育成経験を持たせている 30.1
自治体や、業界団体が主催する教育・研修には積極的に参加させる 33.8
能力の向上が認められた者は、配置や処遇に反映している 19.7
法人全体(関係会社)で連携して育成に取り組んでいる 33.1
地域の同業他社と協力、ノウハウを共有して育成に取り組んでいる 3.3
いずれも行っていない 4.8
その他 1.5