【1/27更新】理学療法士の求人を全国ショートステイから探す 84事業所 104件

職種

職種から探す

理学療法士

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 104

全国理学療法士ショートステイの求人

理学療法士の求人について

理学療法士とは

理学療法士とは、疾病や老衰、障がいなどを原因として運動機能が低下してしまった人を対象に、運動療法や物理療法を用いて機能の改善を図る専門職です。

英語の「Physical Therapist」を略した「PT」とも呼ばれるこの職業は、リハビリテーションなどを通して利用者の日常生活動作(ADL)を改善させることで、生活の質(QOL)を向上させる役割を担っています。

理学療法士になるには

国家資格である理学療法士として働くには、国家試験を受験して合格することが必要です。

この受験資格を満たすためには、「4年生大学ルート」、「短期大学ルート」、「専門学校ルート」、「特別支援学校ルート」、「作業療法士資格取得からのルート」、そして「外国で資格を取得するルート」6つのルートが存在しています。

「4年制大学ルート」は、理学療法士の養成課程がある4年制大学を卒業するものです。

「短期大学ルート」「専門学校ルート」では同じく理学療法士の養成課程を扱う3年制の短大、3年制あるいは4年制の専門学校を卒業するというものになります。

「特別支援学校ルート」は、視覚障がい者の方を対象とした特別支援学校の理学療法科で養成課程を卒業することで受験資格を満たすことが可能です。

「作業療法士資格取得からのルート」は、作業療法士の資格を取得している人が、専門学校をはじめとした養成校に2年以上通うことで、受験資格を得ることができるというもの。

「外国で資格を取得するルート」は、外国で既に日本の理学療法士に該当する資格を取得している場合、手続きを行うことで受験資格を得ることが可能というものです。

ただし、一部のケースでは不足している単位を新たに履修することを求められる場合もあります。

仕事内容

理学療法士は、患者ごとに最適となるプログラムを作成し、身体機能の回復を目指すのが主な業務。

ここで用いられるのが、歩行訓練や関節の曲げ伸ばしなどを行う運動療法と、赤外線や電気刺激、温熱療法や寒冷療法など、物理的なアプローチを行う物理療法です。

運動療法は、関節の可動域や筋力の改善などを目的として行われ、物理療法は患者の状態にあった方法を用いることで、痛みなど症状の軽減を図ることが目的となります。

理学療法士として働くメリット

理学療法士は、医療施設だけでなく怪我の予防などを目的としたスポーツ分野、高齢化が進む中でリハビリテーションを必要とする人の増加が見込まれる介護分野での需要も高まりつつあります。

様々な場所でその高い専門性を活かして働くことができるのがメリットと言えるでしょう。

ショートステイの求人について

ショートステイとは

ショートステイとは、要介護や要支援認定を受けた方を対象として、短期間の入所サービスを提供する介護保険サービスの一種です。

利用者は1日単位で入所する日数を決めた上で介護サービスを施設で受けることができます。

日常生活の介護に限定されたサービスを提供する「短期入所生活介護」と、医療的なケアも提供する「短期入所療養介護」の2種類が存在。

また、ショートステイのみを受け入れている単独型と、長期入所を行っている施設が、一部をショートステイの居室としている併設型というタイプの違いもあります。

とはいえ、どのタイプの施設であっても一回あたりの最大利用可能日数は30日となっている点は共通です。

ただし、要介護1の場合は6日が限度となるなど、ショートステイでは要介護度によって介護保険の適用される日数が異なります。

それを超過した場合は利用者の全額負担となるため、利用の際には注意が必要です。

仕事内容

ショートステイでは、通常の施設への入所と同じく、食事や入浴、排せつの介助といった身体介護の他、レクリエーションや機能訓練などのサービスを提供することが主な業務となっています。

短期入所療養介護の場合には、医師の診察や個別リハビリテーションなどの医療的なサポートの提供も行います。

また、併設型の場合は長期入居施設での業務と並行してショートステイの業務を行うケースも少なくありません。

ショートステイで働くメリット

ショートステイのメリットは、利用者の入れ替わるサイクルが早いため、長期間同じ人を担当する一般的な入所施設に比べると、多くの利用者と関わることが出来る点です。

そのため、利用者と短期間で関係を深めるためのコミュニケーション能力や、ルーティンにならずに利用者ごとに柔軟な対応をする力を磨くことが出来ます。

これらのスキルは、介護職員として働いていく中で、重要な武器となるでしょう。