【2/3更新】サービス提供責任者の求人を福岡市から探す 28事業所 32件

福岡市の介護求人事情 福岡市は介護職未経験者向けの「介護に関する入門的研修」や「福祉の仕事就職フェア」による就労支援を実施福岡市は介護職員の質を高めるための取り組みを、さまざまなアプローチで行っています。なかでも福岡県と連携したサポートでは、介護職員がキャリアアップやスキルアップを実現するための具体的な事業を展開しています。「介護に関する入門的研修」では介護職未経験の方にも支援の幅を広げ、介護の基礎知識が学べる研修を実

職種

職種から探す

サービス提供責任者

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 32

福岡市サービス提供責任者の求人

住所 福岡県福岡市早良区四箇田団地9-1
1月24日更新
住所 福岡県福岡市早良区四箇田団地9-1
1月24日更新

福岡市でのサービス提供責任者の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は6件です

サービス提供責任者の求人について

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者とは、訪問介護事業所において、サービスの利用者が適切なサービスを受けられるようにするため、提供者となる介護専門職や、利用者に対してさまざまなサポートを行う専門職です。

現場では略して「サ責」と呼ぶことが多いこの職業は、サービスの提供者と利用者の間に立ち、幅広い業務を担当することになります。

サービス提供責任者になるには

サービス提供責任者になるには、介護福祉士か、あるいは介護福祉士実務者研修修了者の資格を持つことが要件となっています。

以前は、ホームヘルパー1級課程修了者や、介護職員基礎研修修了者なども要件を満たしていましたが、2019年4月の制度改正により、これら2つは資格要件から除外されることとなりました。

そのため、現在では、研修を扱う学校などで合計450時間のカリキュラムを受講し、介護福祉士実務者研修修了者の資格を得ることが、サービス提供責任者の資格要件を満たすためには必要となっています。

仕事内容

サービス提供責任者の主な業務は、訪問介護事情所で訪問介護サービス計画の立案や作成に携わるというものです。

訪問介護サービスの利用を希望する人に対して、サービスの申込に対する調整や、利用希望者に対する面談や面接を通したアセスメントを行うことの他、「訪問介護計画書」や、「サービス提供手順書」の作成も行います。

このうち「訪問介護計画書」は、ケアマネージャーによって製作されたケアプランに従った上で、具体的にどのような介護サービスを提供するのかを記したものです。

「サービス提供手順書」は、サービスの提供者であるホームヘルパーに向けて、提供するサービスやケアの方法、利用者や家族についての留意事項などをまとめたものとなります。

これらの作成後は、実際に提供されたサービスが、利用者の心身状態にどのように貢献したのかを評価するモニタリングを行うのも業務の一つです。

また、サービス担当者会議に訪問介護事業所の代表として出席し、他の事業者との連携を担当するほか、ホームヘルパーの指導や育成、業務管理を行ったり、ホームヘルパーと共に利用者のもとに訪れる「同行訪問」を行ったりもします。

サービス提供責任者として働くメリット

今後、高齢化が進行する中で、在宅介護の需要が高まると考えられています。

そのため、それを担当する訪問介護事業所で必須とされるサービス提供責任者の需要も、同じく高まる可能性が高いでしょう。

また、様々な職種と関わる機会が多いことから、キャリアアップのための知識や経験を得やすいのも魅力です。

よくある質問

【年齢】福岡市のサービス提供責任者求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

福岡市で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

福岡市では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】福岡市のサービス提供責任者求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

福岡市の年間休日110日以上の求人は9件です。


詳細説明

福岡市の週休2日の求人は19%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】福岡市のサービス提供責任者求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

福岡市ではブランクがあっても復職ができる求人は17件です。


詳細説明

福岡市では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

福岡市の介護求人事情

福岡市は介護職未経験者向けの「介護に関する入門的研修」や「福祉の仕事就職フェア」による就労支援を実施

福岡市は介護職員の質を高めるための取り組みを、さまざまなアプローチで行っています。

なかでも福岡県と連携したサポートでは、介護職員がキャリアアップやスキルアップを実現するための具体的な事業を展開しています。

「介護に関する入門的研修」では介護職未経験の方にも支援の幅を広げ、介護の基礎知識が学べる研修を実施しています。

勉強する若者に対してスーツ姿の女性がアドバイスをしている

研修内容は「基礎講座」と「入門講座」の2体系となっており、入門講座は基礎講座を修了した方のみが受講できるようになっています。

また、この研修の一番のポイントは、修了者が介護職員初任者研修や介護職員実務者研修を受講する際に、受講科目の一部が免除されることです。

介護の基礎が学べるうえ、その後の資格取得にも有利になり、これから福岡市で介護職を目指す方にとっては必須の研修だと言えるでしょう。

また、福岡県社会福祉協議会が主催する「福祉のしごと就職フェア」も介護職未経験の方の強い味方になる事業です。

ここでは介護施設や事業所の担当者と直接面談できるほか、介護業界への就職に関するさまざまな情報を発信しています。

就職活動のコツや資格取得のコツなどのアドバイスももらえるので、開催日時は忘れずにチェックしてくださいね。

また、「介護福祉士修学資金等貸付制度」を利用することで、資格取得の際の経済的負担を軽くすることができます。

この制度では「介護福祉士実務者研修受講資金」「介護福祉士修学資金」「社会福祉士修学資金」の3つ資金貸付が無利子で行われるほか、資格取得後1年以内に福岡県内の介護施設や福祉事業所で働き、なおかつ既定の期間継続して従事することで、借り受けた資金の返済義務が免除されます。

「キャリアアップのために資格を取得したいけど修学資金が用意できない」というような方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

そのほか、出産や育児のために介護職を離れた介護分野の有資格者のために、職場復帰をサポートする事業も行っています。

「介護のお仕事復帰セミナー」では介護の基本的動作や実践的動作などを再確認するほか、介護現場の見学や体験も実施しています。

また、再就職にはしっかりとした準備が必要ですが、「離職した介護人材の再就職準備金貸付制度」を利用することで準備金を無利子で借り受けできます。

こちらも2年継続して県内の施設で働けば返還の義務がなくなるので、ぜひとも利用したい制度です。

福岡市の高齢化は上昇の勢いが激しく、介護を担う人材の発掘が急務

福岡市の高齢化率
出典:福岡市 更新

全国的に人口減少が注目されるなか、福岡市の総人口は年々増加しています。

1985年ですでに116万人だった総人口は、1990年に120万人を突破して123万人に達しました。

その後、2000年に130万人を突破して133万7,000人、2010年には144万4000人、そして2015年には150万9,000人とついに150万人に達しました。

この増加傾向はしばらく続く見込みで、2020年には156万8,000人にまで推移すると予想されています。

総人口の上昇に伴い、65歳以上の高齢者人口も増加の一途をたどっているのです。

1985年には9万1,000人と10万人にも満たなかった高齢者人口は、1990年には11万3,000人を記録し、5年後の1995年には14万2,000にまで増加しました。

2005年にはついに20万人を突破して21万3,000人になり、その後は、2010年に25万4,000人、2015年に31万2,000人と、30万人を超えて推移しています。

このように高齢者人口が右肩上がりの福岡市では、当然のことながら高齢化率も上昇しています。

1985年にはわずか7.8%だった福岡市の高齢化率は、10年後の1995年は10%を超えて11.1%を記録し、2000年には13.3%、2005年には15.4%と着実のその割合を増やしてきました。

そして2015年にはついに20.7%と20%を突破し、2020年には23.4%になると予測されています。

全国平均と比べてみると、福岡市の高齢化率は5ポイント程度低い水準を維持していますが、上昇率はうなぎ上りの状態です。

また、高齢者人口を65~74歳までの前期高齢者と75歳以上の後期高齢者に分けてみてみると、福岡市ではどちらも年々上昇していることがわかります。

前期高齢者人口は2010年には13万1,419人でしたが、2013年の時点では14万人を超えて14万7,100人に到達。

後期高齢者人口は2009年の11万3,680人から4年後の2013年には12万9,240人と、1万9,000人ほどの増加となっています。

また、福岡市では65歳以上の高齢者がいる世帯数も増えています。

1995年の時点で10万7,100世帯だったのが、2010年には17万3,640世帯、なかでも、ほかの地域と同様も高齢者単身世帯数と高齢夫婦のみの世帯数が増えている状況です。

総人口が増加していることからわかるように、福岡市では今後も高齢化率の上昇は続くと予想され、介護職員のニーズが拡大し続けていくことは間違いありません。