【1/27更新】サービス提供責任者の求人を相模原市から探す 7事業所 7件

相模原市の介護求人事情 相模原市では介護職員の資格取得支援が手厚い介護職員として働き始めると、「介護関連の資格が欲しい」と思うようになる方が多いようです。介護職は資格がなくても働けますが、仕事内容が限られていることや、正社員として勤務できる可能性が低くなることは、ままあるようです。そのため、介護職員の方は就職前に資格を取るか、就職後に資格を取ってキャリアアップを図るケースが少なくありません。ちなみに、介護職員の方が最初に

職種

職種から探す

サービス提供責任者

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 7

相模原市サービス提供責任者の求人

  • 1

相模原市でのサービス提供責任者の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は4件です

サービス提供責任者の求人について

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者とは、訪問介護事業所において、サービスの利用者が適切なサービスを受けられるようにするため、提供者となる介護専門職や、利用者に対してさまざまなサポートを行う専門職です。

現場では略して「サ責」と呼ぶことが多いこの職業は、サービスの提供者と利用者の間に立ち、幅広い業務を担当することになります。

サービス提供責任者になるには

サービス提供責任者になるには、介護福祉士か、あるいは介護福祉士実務者研修修了者の資格を持つことが要件となっています。

以前は、ホームヘルパー1級課程修了者や、介護職員基礎研修修了者なども要件を満たしていましたが、2019年4月の制度改正により、これら2つは資格要件から除外されることとなりました。

そのため、現在では、研修を扱う学校などで合計450時間のカリキュラムを受講し、介護福祉士実務者研修修了者の資格を得ることが、サービス提供責任者の資格要件を満たすためには必要となっています。

仕事内容

サービス提供責任者の主な業務は、訪問介護事情所で訪問介護サービス計画の立案や作成に携わるというものです。

訪問介護サービスの利用を希望する人に対して、サービスの申込に対する調整や、利用希望者に対する面談や面接を通したアセスメントを行うことの他、「訪問介護計画書」や、「サービス提供手順書」の作成も行います。

このうち「訪問介護計画書」は、ケアマネージャーによって製作されたケアプランに従った上で、具体的にどのような介護サービスを提供するのかを記したものです。

「サービス提供手順書」は、サービスの提供者であるホームヘルパーに向けて、提供するサービスやケアの方法、利用者や家族についての留意事項などをまとめたものとなります。

これらの作成後は、実際に提供されたサービスが、利用者の心身状態にどのように貢献したのかを評価するモニタリングを行うのも業務の一つです。

また、サービス担当者会議に訪問介護事業所の代表として出席し、他の事業者との連携を担当するほか、ホームヘルパーの指導や育成、業務管理を行ったり、ホームヘルパーと共に利用者のもとに訪れる「同行訪問」を行ったりもします。

サービス提供責任者として働くメリット

今後、高齢化が進行する中で、在宅介護の需要が高まると考えられています。

そのため、それを担当する訪問介護事業所で必須とされるサービス提供責任者の需要も、同じく高まる可能性が高いでしょう。

また、様々な職種と関わる機会が多いことから、キャリアアップのための知識や経験を得やすいのも魅力です。

よくある質問

【年齢】相模原市のサービス提供責任者求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

相模原市で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

相模原市では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】相模原市のサービス提供責任者求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

相模原市の年間休日110日以上の求人は0件です。


詳細説明

相模原市の週休2日の求人は0%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】相模原市のサービス提供責任者求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

相模原市ではブランクがあっても復職ができる求人は6件です。


詳細説明

相模原市では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

相模原市の介護求人事情

相模原市では介護職員の資格取得支援が手厚い

介護職員として働き始めると、「介護関連の資格が欲しい」と思うようになる方が多いようです。

介護職は資格がなくても働けますが、仕事内容が限られていることや、正社員として勤務できる可能性が低くなることは、ままあるようです。

そのため、介護職員の方は就職前に資格を取るか、就職後に資格を取ってキャリアアップを図るケースが少なくありません。

ちなみに、介護職員の方が最初に目指すことが多い入門的な資格は、介護職員初任者研修です。

この資格があれば利用者の食事介助や入浴補助、着替えの手伝いなどができるようになります。

それを踏まえ、最初のステップとして介護職員初任者研修の取得を目指すのですが、資格取得のためには研修の受講料などの費用がかかります。

そのため、「資格は取りたいけど金銭的な余裕がない」ということで、取得を断念する方が少なからずいるのも事実です。

そこで、相模原市では「介護職員研修受講促進支援事業費補助金」という補助金制度で、資格取得のための金銭的なサポートを行っています。

受講料のうち補助してもらえる金額の上限は2万4,000円ですが、常勤・非常勤を問わず適用される制度です。

男性が指導している女性を思い浮かべている

例えば、非常勤で働きながら介護職員初任者研修の資格取得を目指すことも可能になるのです。

また、この制度が利用できるのは介護職員初任者研修の取得だけではありません。

介護職員初任者研修の上級資格である介護福祉士実務者研修の取得の際にも利用できます

そのため、すでに介護職員初任者研修を取得している方でも、次のステップとして介護福祉士の取得を目指している場合には大いに役立つでしょう。

また、この「介護職員研修受講促進支援事業費補助金」制度は受講する本人だけでなく、事業者にとってもメリットがあります。

受講者が休んでいる間に代替要員を雇用する事業者に対しても、補助金を支給しているのです。

そのため、本人も休みを取ることに対しては罪悪感なく、資格取得に集中することができます。

また現在、子育て中の方が気兼ねなく時短勤務ができるように、神奈川県では「介護職員子育て支援代替職員配置事業費補助金」という制度を用意しています。

こちらの制度は出産や育児休業後に職場復帰し、短時間勤務制度を利用しながら働く介護職員がいる施設に対して、一定の補助金を出す制度です。

育児中とはいえ、時短勤務で働くのは職場に迷惑がかかると躊躇(ちゅうちょ)しがちです。

しかし、この制度があることで、出産・育児休暇後の復帰もスムーズに行えるでしょう。

このように相模原市には介護職員が高いモチベーションで働ける環境が用意されています。

相模原市は後期高齢者人口の増加が顕著で、要介護者を支える手が必要

相模原市の高齢化率
出典:相模原市 更新

相模原市の総人口は1997年の時点で58万1,589人。

そこから右肩上がりで上昇し、2002年には61万2,043人、2007年には67万173人と順調に推移してきました。

その後、2015年の総人口は72万0,780人になった後、人口の伸び率はほぼ横ばいとなっています。

今後は減少傾向に転じると予測されており、2060年には約56万人、2065年には約53万人まで減少すると考えられています。

また、相模原市の総人口を0歳~14歳までの年少人口、15歳~64歳までの生産年齢人口、65歳以上の高齢者人口の3つの区分でみてみると、年少人口と生産年齢人口は今後も一貫して減少する傾向ですが、高齢者人口に関しては2044年まで増加を続けて、24万1,048人をピークに減少傾向に転じると予測されています。

ここで、高齢者人口の実際の推移をみてみましょう。

1997年の時点で5万2,709人だった高齢者人口は、5年後の2002年には7万2,840人、そして2007年には10万人を突破して10万7,216人にまで増加しました。

2019年1月の段階で18万4,997人にまでその数値を伸ばしていることから、2044年には24万人を超えているという予想は大きくはずれることはないでしょう。

また、高齢者人口の増加に伴い、高齢化率も上昇しています。

1997年には9.1%と10%にも満たなかった相模原市の高齢化率は、2002年には11.9%、2007年には16.0%にまで上昇しました。

2019年1月の時点では25.8%と、20年と少しで3倍近くにまで上昇したことになります。

2065年には41.2%となる予想がされていることから、相模原市の高齢化問題も他の地域と同様の状況であることは間違いありません。

また、相模原市では高齢者のなかでも、75歳以上の後期高齢者人口が著しく増加しています。

2009年には4万8,412人だった後期高齢者人口ですが、2014年には6万6,151人とおよそ1万8,000人も増えているのです。

そして、2019年1月には9万44人とついに9万人を越えました。

一方、65~74歳の前期高齢者人口は、7万9,090人だった2009年に比べ、2014年は9万2,938人と、1万3,000人程度の増加に留まっています。

団塊の世代が後期高齢者になる2025年頃にはこの傾向がさらに強まり、介護職員の需要が高まり続けることが予想されているのです。