【1/27更新】サービス提供責任者の求人をさいたま市から探す 27事業所 29件

さいたま市の介護求人事情 さいたま市では介護労働安定センターが多様な形で介護職への支援を実施さいたま市では、公益財団法人介護労働安定センター埼玉支部によって、介護職員への支援がさまざまな形で実施されています。もともと同センターは、介護人材に対する雇用管理の改善や職業能力の開発、介護関連の情報提供、介護関係機関との連携、さらには福利厚生の充実化など、介護職のサポート業務を行う施設です。提供している介護職支援サービスは以下の通

職種

職種から探す

サービス提供責任者

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 29

さいたま市サービス提供責任者の求人

株式会社 シーヒューマンの写真0
株式会社 シーヒューマンの写真1
株式会社 シーヒューマンの写真2
住所 埼玉県さいたま市緑区大間木2-3-3ケヤキ倶楽部東浦和
住所 埼玉県さいたま市中央区新中里1-3-3
1月24日更新
住所 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1-56-1
1月24日更新

サービス提供責任者の求人について

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者とは、訪問介護事業所において、サービスの利用者が適切なサービスを受けられるようにするため、提供者となる介護専門職や、利用者に対してさまざまなサポートを行う専門職です。

現場では略して「サ責」と呼ぶことが多いこの職業は、サービスの提供者と利用者の間に立ち、幅広い業務を担当することになります。

サービス提供責任者になるには

サービス提供責任者になるには、介護福祉士か、あるいは介護福祉士実務者研修修了者の資格を持つことが要件となっています。

以前は、ホームヘルパー1級課程修了者や、介護職員基礎研修修了者なども要件を満たしていましたが、2019年4月の制度改正により、これら2つは資格要件から除外されることとなりました。

そのため、現在では、研修を扱う学校などで合計450時間のカリキュラムを受講し、介護福祉士実務者研修修了者の資格を得ることが、サービス提供責任者の資格要件を満たすためには必要となっています。

仕事内容

サービス提供責任者の主な業務は、訪問介護事情所で訪問介護サービス計画の立案や作成に携わるというものです。

訪問介護サービスの利用を希望する人に対して、サービスの申込に対する調整や、利用希望者に対する面談や面接を通したアセスメントを行うことの他、「訪問介護計画書」や、「サービス提供手順書」の作成も行います。

このうち「訪問介護計画書」は、ケアマネージャーによって製作されたケアプランに従った上で、具体的にどのような介護サービスを提供するのかを記したものです。

「サービス提供手順書」は、サービスの提供者であるホームヘルパーに向けて、提供するサービスやケアの方法、利用者や家族についての留意事項などをまとめたものとなります。

これらの作成後は、実際に提供されたサービスが、利用者の心身状態にどのように貢献したのかを評価するモニタリングを行うのも業務の一つです。

また、サービス担当者会議に訪問介護事業所の代表として出席し、他の事業者との連携を担当するほか、ホームヘルパーの指導や育成、業務管理を行ったり、ホームヘルパーと共に利用者のもとに訪れる「同行訪問」を行ったりもします。

サービス提供責任者として働くメリット

今後、高齢化が進行する中で、在宅介護の需要が高まると考えられています。

そのため、それを担当する訪問介護事業所で必須とされるサービス提供責任者の需要も、同じく高まる可能性が高いでしょう。

また、様々な職種と関わる機会が多いことから、キャリアアップのための知識や経験を得やすいのも魅力です。

よくある質問

【年齢】さいたま市のサービス提供責任者求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

さいたま市で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

さいたま市では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】さいたま市のサービス提供責任者求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

さいたま市の年間休日110日以上の求人は8件です。


詳細説明

さいたま市の週休2日の求人は76%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】さいたま市のサービス提供責任者求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

さいたま市ではブランクがあっても復職ができる求人は17件です。


詳細説明

さいたま市では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

さいたま市の介護求人事情

さいたま市では介護労働安定センターが多様な形で介護職への支援を実施

さいたま市では、公益財団法人介護労働安定センター埼玉支部によって、介護職員への支援がさまざまな形で実施されています。

もともと同センターは、介護人材に対する雇用管理の改善や職業能力の開発、介護関連の情報提供、介護関係機関との連携、さらには福利厚生の充実化など、介護職のサポート業務を行う施設です。

発見をした女性と考えている男性のイメージイラスト

提供している介護職支援サービスは以下の通りです。

  • 雇用管理等に関する相談受付…介護施設・事業所の運営者や管理者を対象に実施され、社会保険労務士や中小企業診断士、行政書士などの専門家が雇用管理に関する相談に対応。
  • 健康管理・メンタルヘルスなどの相談受付…介護現場の環境づくりを支援するため、看護師や介護職としての勤務経験のあるカウンセラーが相談に対応。
  • 研修に関する相談・研修コーディネイト事業…各施設・事業所で行う研修計画策定支援を行ってくれます。
  • 介護労働懇談会の実施…介護にかかわるあらゆる問題に対して、行政機関や介護、福祉、医療の各種団体・事業者が、機関の垣根を越えて対応。
  • 各種保険サービスの案内…介護職員に対して「介護事業者賠償責任保障」(介護現場で起こる突発的な事故に対して、賠償金を保障する制度)「個人情報漏洩保険制度」(個人情報が漏洩したことが原因で起こりうる損害賠償責任の損害に対して、保険金を支払う制度)「障害保障制度および感染症見舞金制度」(仕事中や通勤途中、講習会参加中に事故や怪我をした場合の補償)などを紹介。

このように、介護施設・事業所の運営者・管理者を対象とするものから、個々の介護職員に対して実施されているものなど、サービス内容は多岐にわたります。

また、さいたま市としては、2018年度に「介護職員雇用推進事業」「介護の仕事体験事業」、さらに一度離職した介護人材に対して再就職支援を行う「潜在介護職員復職支援事業」、高齢者の方を対象とした「高齢者等介護職就労支援事業」などを実施しました。

特に「潜在介護職員復職支援事業」は、かつて介護職として働いていて出産や育児を理由に退職したものの、子育てが一段落したのでもう一度働きたいという方にはぜひ活用してほしい制度です。

今年度も引き続き実施されるかどうかは、市役所の担当窓口に問い合わせると良いでしょう。

さいたま市の高齢化率は2025年にかけて急上昇する見込みで、介護を担う人材確保が熾烈化

さいたま市の高齢化率
出典:さいたま市 更新

2015年に行われた国勢調査によれば、さいたま市の総人口は126万3,979人で、5年前に行われた前回調査時よりも4万1,545人増加し、人口増減率は3.4%のプラスとなりました。

全国各地の市町村では人口減の状況が深刻化しているなか、さいたま市は年々人口が増加しているわけです。

ちなみに、この総人口数は全国の政令都市において9番目に多く、人口増減数は、福岡市、川崎市に次いで3番目に高い数値。

高齢化率は2015年時点で22.8%(高齢者人口数は28万4,138人)となっており、同時期の全国平均である26.7%よりも4ポイント近く低い値です。

これは、ほかの指定都市と比べても高く、さいたま市は比較的、高齢化の進展度合いが緩やかであると言えます。

ただし、高齢化率はほかの自治体に比べると低めではありますが、高齢化の波が着実に押し寄せているのは間違いありません。

市が公表しているデータによると、1990年当時の高齢化率は8.7%でしたが、2000年に12.8%、2010年に19.2%と、2015年までの25年間で急速に上昇。

今後も引き続き、高い上昇率を示すと見込まれています。

その要因として指摘されているのが、市の人口の約5%を占める団塊の世代の存在です。

この世代が2025年には75歳以上を迎え、さらに団塊の世代の子どもである団塊ジュニア世代が2035年に65歳以上の年代を迎えます。

これらの影響によって高齢化率は2025年には26%に達し、それ以後も増え続けていく見込みです。

また、高齢化率が高まるなか、介護サービスを利用する要介護認定者の数も増えていくとみられています。

2015年の時点では約4万3,000人だった同認定者数は、2025年には約6万8,000人まで増えると予想されているのです。

それに合わせて介護人材へのニーズも高まると考えられ、さいたま市は、介護人材確保のための事業に今後さらに力を入れる必要があるでしょう。

また、将来的に特別養護老人ホームの不足度が強まることも指摘されており、施設の増設対策も望まれます。