【1/24更新】サービス提供責任者の求人を全国小規模多機能型居宅介護から探す 2事業所 3件

職種

職種から探す

サービス提供責任者

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 3

全国サービス提供責任者小規模多機能型居宅介護の求人

  • 1

サービス提供責任者の求人について

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者とは、訪問介護事業所において、サービスの利用者が適切なサービスを受けられるようにするため、提供者となる介護専門職や、利用者に対してさまざまなサポートを行う専門職です。

現場では略して「サ責」と呼ぶことが多いこの職業は、サービスの提供者と利用者の間に立ち、幅広い業務を担当することになります。

サービス提供責任者になるには

サービス提供責任者になるには、介護福祉士か、あるいは介護福祉士実務者研修修了者の資格を持つことが要件となっています。

以前は、ホームヘルパー1級課程修了者や、介護職員基礎研修修了者なども要件を満たしていましたが、2019年4月の制度改正により、これら2つは資格要件から除外されることとなりました。

そのため、現在では、研修を扱う学校などで合計450時間のカリキュラムを受講し、介護福祉士実務者研修修了者の資格を得ることが、サービス提供責任者の資格要件を満たすためには必要となっています。

仕事内容

サービス提供責任者の主な業務は、訪問介護事情所で訪問介護サービス計画の立案や作成に携わるというものです。

訪問介護サービスの利用を希望する人に対して、サービスの申込に対する調整や、利用希望者に対する面談や面接を通したアセスメントを行うことの他、「訪問介護計画書」や、「サービス提供手順書」の作成も行います。

このうち「訪問介護計画書」は、ケアマネージャーによって製作されたケアプランに従った上で、具体的にどのような介護サービスを提供するのかを記したものです。

「サービス提供手順書」は、サービスの提供者であるホームヘルパーに向けて、提供するサービスやケアの方法、利用者や家族についての留意事項などをまとめたものとなります。

これらの作成後は、実際に提供されたサービスが、利用者の心身状態にどのように貢献したのかを評価するモニタリングを行うのも業務の一つです。

また、サービス担当者会議に訪問介護事業所の代表として出席し、他の事業者との連携を担当するほか、ホームヘルパーの指導や育成、業務管理を行ったり、ホームヘルパーと共に利用者のもとに訪れる「同行訪問」を行ったりもします。

サービス提供責任者として働くメリット

今後、高齢化が進行する中で、在宅介護の需要が高まると考えられています。

そのため、それを担当する訪問介護事業所で必須とされるサービス提供責任者の需要も、同じく高まる可能性が高いでしょう。

また、様々な職種と関わる機会が多いことから、キャリアアップのための知識や経験を得やすいのも魅力です。

小規模多機能型居宅介護の求人について

小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは、通所型のサービスをメインとしつつも、短期間での外泊サービスや、利用者の自宅への訪問サービスも合わせて行う地域密着型の介護保険サービスの一つです。

通常、これら3つのサービスはデイサービスやショートステイ、訪問介護など別々の事業所と契約して受ける必要があります。

しかし、小規模多機能型居宅介護では、これらを一体的に提供してもらうことが可能で、同じスタッフと人間関係を構築しながら必要に応じたサービスを選んで提供してもらうことが出来ます。

仕事内容

小規模多機能型居宅介護では、前述の通りデイサービスやショートステイ、訪問介護のサービスを一体的に提供するのが特徴です。

そのため、介護業務だけでなく車による利用者の送迎や、自宅への訪問、レクリエーションの企画や運営に携わることも重要な業務となります。

また、通所型のサービスを利用した後、そのまま施設への外泊サービスを受けるなど、利用者がサービスを柔軟な形で利用するケースも少なくないため、それらに臨機応変に対応するスキルも求められることとなるでしょう。

小規模多機能型居宅介護で働くメリット

上記の例のように、通所型サービス、外泊サービス、訪問サービスを組み合わせてフレキシブルな利用を行うことが出来るのが小規模多機能型居宅介護の特徴です。

そのため、これらのサービス全てに対応できる能力を身につけることが出来るのが、働く上での大きなメリットに挙げられるでしょう。

また、3つのサービスを同じ事業所で提供していることから、スタッフと利用者が顔なじみになりやすく、関係を深めることができる点なども評価すべきポイントす。

一方で、利用者の多くは在宅生活を送る要介護度が比較的低い人となっており業務の負担が少ない場合が多いため、実務経験が少ない人もチャレンジがしやすい環境と言えるかもしれません。