【1/24更新】生活相談員の求人を長崎県から探す 24事業所 26件

長崎県の介護求人事情 長崎県は介護職志望者向けの支援が充実!就職活動費最大20万円の補助も!長崎県では介護の需要が大幅に増えたことに伴い、高度な専門的能力を持つ介護福祉士や社会福祉士の養成と継続的な就労が課題となっています。その課題を解決するため、長崎県社会福祉協議会は「介護福祉士修学資金貸付事業」「介護福祉士修学資金貸付事業」「離職介護人材再就職準備金貸付事業」の3つの制度を用意しています。まずは「介護福祉士修学資金

職種

職種から探す

生活相談員

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 26

長崎県生活相談員の求人

住所 長崎県佐世保市吉井町直谷372-2
1月24日更新
生活相談員のパート・アルバイト求人

長崎県での生活相談員の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は8件です

生活相談員の求人について

生活相談員とは

生活相談員とは、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に老人ホームやデイサービスなどの介護施設や事業所の利用者に対する相談業務を行う専門職です。

相談の他にも、地域社会との連携や、施設や事業所と利用者を繋ぐ窓口としての役割も担うなど、業務内容が多岐にわたる事が多いのが特徴。

また、職場ごとに求められる役割が異なる事も多いため、多様な業務に対応できる能力が求められることとなります。

生活相談員になるには

生活相談員になるには、基本的には精神保健福祉士、社会福祉士、社会福祉主事任用資格者のうち、いずれかの資格が必要です。

精神保健福祉士は、精神に障がいを持つ方を対象に、サポートや訓練を業務として行う職業の国家資格。

社会福祉士は、福祉と医療にまつわる相談援助に必要となる国家資格です。

社会福祉主事任用資格者は、都道府県や市町村など自治体の福祉事務所で、社会福祉にかかわるサポート業務を行う社会福祉主事という職業につくための資格となります。

これらのいずれかの資格を取得していれば、未経験であっても生活相談員として働くことが可能です。

また、自治体によっては独自の資格要件を定めており、それを満たすことで、上記3つの資格を取得していなくても、生活相談員になれる場合もありますので、各自治体の要件を確認することも重要です。

仕事内容

生活相談員の仕事内容は、冒頭に書いた通り多岐に渡ります。

介護サービスを必要とする人と、サービスを結びつけたり、利用者と家族の要望に応えたりする相談援助や、介護サービスの利用者との話し合いから生活課題を発見し、それを解決するための計画を立てる個別援助計画作成、利用者からの苦情の窓口対応などが主な業務です。

また、利用者や家族のために、介護サービスの利用手続きのサポートを行ったり、ケアマネージャーがケアプランを作成する際、施設とケアマネージャーの間に入り調整を行ったりもします。

また、生活相談員は介護職員と兼務が可能なため、介護業務も並行して行うケースは少なくありません。

生活相談員として働くメリット

生活相談員は、介護施設に必ず1人以上の配置が義務付けられていることから、その需要が安定しているというのが特徴です。

また、並行して介護職員としても働くことが出来ることから、業界内で働くための知識や経験が養えるほか、生活相談員の経験を活かしてケアマネージャーへのキャリアアップを目指す事もできます。

そのため、介護に携わる仕事に就きたい場合、有用な選択肢になるでしょう。

よくある質問

【給与相場】長崎県の生活相談員求人の相場はどのくらいですか?

給料相場

長崎県の生活相談員求人の相場は以下です。


正社員

平均月収:20万円


パート・アルバイト

平均時給:


詳細説明

一般的な介護職員の月収の相場は16~30万ほど、年収の相場は240~350万ほどです。

特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設や介護老人保健施設の方が、

ほかの施設よりも平均給料額が高い傾向があります


給料相場について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【年齢】長崎県の生活相談員求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

長崎県で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

長崎県では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】長崎県の生活相談員求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

長崎県の年間休日110日以上の求人は2件です。


詳細説明

長崎県の週休2日の求人は31%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】長崎県の生活相談員求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

長崎県ではブランクがあっても復職ができる求人は10件です。


詳細説明

長崎県では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

長崎県の介護求人事情

長崎県は介護職志望者向けの支援が充実!就職活動費最大20万円の補助も!

長崎県では介護の需要が大幅に増えたことに伴い、高度な専門的能力を持つ介護福祉士や社会福祉士の養成と継続的な就労が課題となっています。

その課題を解決するため、長崎県社会福祉協議会は「介護福祉士修学資金貸付事業」「介護福祉士修学資金貸付事業」「離職介護人材再就職準備金貸付事業」の3つの制度を用意しています。

まずは「介護福祉士修学資金貸付事業」をみていきましょう。

この事業は介護福祉士を養成する学校などに入学して介護福祉士の資格の取得を目指す学生に対して、修学資金の貸付を行います。

金銭面で修学をサポートして資格取得を促し、最終的には介護福祉士として長崎県内の介護施設へ就労してもらうことが目的です。

この貸付事業の貸付金額は次の通りです。

  • 月額5万円以内
  • 入学準備金20万円
  • 最終回に就職準備金20万円
  • 国家試験受験対策費用4万円以内

この貸付において、国庫補助の貸付事業の併用はできない点や、連帯保証人が2人必要な点に注意しておくのが良いでしょう。

ちなみに、この養成校在学中に、県内の介護職員として勤務している間は返還不要です。

さらに、養成施設卒業の日から1年以内に介護福祉士または社会福祉士として登録し、京都府内の福祉施設に就職し、5年間(過疎地の場合は3年)続けて働くことで返還が全額免除されます。

次に、「介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業」を紹介します。

この事業は、実務者研修を受講して介護福祉士の資格取得を目指す介護職員などに対して研修の受講資金の貸付を行い、受講を金銭面でサポートすることによって県内の介護施設などでの就労を促進するものです。

この事業の貸付金額は、最大15万円

また、この事業で貸付の対象となるのは、以下のことにかかる費用です。

  • 授業料
  • 実習費
  • 教材費
  • 参考図書などの学用品
  • 国家試験の受験手数料

ちなみに、実務者研修施設を卒業した日から1年以内に介護福祉士の登録をし、滋賀県内で2年間介護の業務に携わった場合は貸付金の返還が全額免除されます。

最後に「離職介護人材再就職準備金貸付事業」を確認しましょう。

この事業は、家庭の事情などで離職した介護人材のなかで、一定の知識(介護福祉士などの資格)や実務経験が1年以上ある人に対して、介護職員などとして再び職場に復帰するために必要な準備資金を貸し付ける事業です。

この事業における貸付金額は最大20万円となっています。

また、この事業で貸付の対象となるのは以下のことにかかる費用です。

  • 預け先を探す際の活動費
  • 介護にかかわる講習会の費用
  • 仕事で必要な道具
  • 鞄などの被服費
  • 引っ越し費用
  • 通勤用の自転車かバイクの購入費
  • 就職するときに経費として認められた金額
長崎県の支援の画像

この貸付を受ける際は、介護職員などとしての実務経験が1年以上必要なことや、国庫補助で実施されている貸付事業と併せての利用はできないことに注意してください。

この支援制度についても、長崎県内で就労した日から介護職員として2年以上業務を続ければ、返還が全額免除されます。

2017年の介護職の有効求人倍率は2.07倍で供給側の数が不足している状態

長崎県の介護職の有効求人倍率
出典:厚生労働省 更新

長崎県の介護職の有効求人倍率は2.07倍(2017年5月時点)でした。

これは全国の介護職の平均値3.15倍よりも低いため、介護人材不足の状況は比較的軽度であるということができます。

しかしながら、長崎県の産業全体の有効求人倍率が1.16倍(2017年5月時点)であることを考えたとき、介護人材の不足状況を楽観視するべきではないことは明白です。

ここで、介護職員の離職率もみてみましょう。

全国の全産業の離職率と介護職員の離職率を比較すると、介護職員の方が全産業より概ね1~2%程度、離職率が高くなっています。

一方、長崎県の全産業の離職率と介護職員の離職率はほぼ同程度ですが、介護職員の方が離職率は低い結果となりました。

また、九州各県の介護職員の離職率を比較してみると、長崎県の介護職員は、他県よりも離職率が低い傾向にあります。

年齢層別にみると、30歳代、40歳代、50歳代がいずれも22%程度で、20歳代が16.7%、60歳代が13.7%で続いています。

30歳代以下の若年層の割合は全体の4割ほどでした。

長崎県では今後も高齢化が進行していくことを考えると、若年層の育成に力を入れていくことが大きな課題といえそうです。

また、県内の介護福祉士養成施設・福祉系高校10校で、2013~2015年度の3年間に就職した卒業生は521人で、そのうち介護職は487人でした。

その出身地をみると、長崎県内が506人、県外が15人。

県内の圏域別内訳は、長崎186人、県央186人、佐世保県北76人、県南50人となっていました。

介護福祉士養成施設・福祉系高校もある一定の役割を果たしているといえますが、定員以上に希望者が殺到しているわけではありません。

介護人材を着実に確保していくためには、中長期的には介護人材を育成する視点と、短期的には眠れる介護人材の発掘を含めた採用の底上げをするという2つの視点からの取り組みが必要です。

人口減少と高齢化が止まらない。特に離島地域では急速に高齢化が進行

長崎県の高齢化率
出典:長崎県 更新

日本の人口は2008年から減少に転じています。

一方熊本県では、その約50年前の1960年頃から人口が減少し続けていました。

その50年間で約33万人の人口が減少しましたが、2060年までにさらに減少するといわれています。

長崎県の2015年の国勢調査によると、総人口は137万7,187人でした。

前回行われた2010年の調査と比較して、4万9,592人の減少でした。

特に離島が多い長崎県の特徴として、離島地域の人口減少が大きく、1990年には19万1,892人いた人口が2010年には13万6983人と1960年の半数以下まで落ち込んでいる状態です。

また人口を年齢3区分別にみると、0~14歳が該当する年少人口が17万7,562人、15~64歳が該当する生産年齢人口が78万4,862人、65歳以上が該当する高齢者人口が40万4,686人となり、それぞれ総人口に占める割合は、13.0%、57.4%、 29.6%となりました。

市町村別にみても、高齢者人口の割合が25%を超えています。

高齢化の急速な進行により、人口減少に歯止めがきかないなか、特に長崎県では、全国に先行して人口減少や高齢化が進んでいます。

2025年には高齢者人口が約44万人、高齢化率が35%を超えると予想されています。

特に離島地域の人口は、2060年には4万人となり、2010年の3分の1に減少するともいわれます。

それに伴い、離島地域は急速に高齢化率が上昇しており、1990年には15%だった高齢化率も2000年には20%を超え、2010年には26%にまで上昇しているのです。

こういった現状から、介護人材を有効に使っていくためにも、寝たきりの老人の増加を緩やかにするための予防介護を実践し、病院や特別養護老人ホームへ移動することなく、介護の最後まで住み慣れた地域で、自分らしく暮らし続ける仕組みを整えることが大切だと考えるべきでしょう。

「地域包括ケアシステム」という医療、介護、生活支援が県内全域で一体的に提供される環境を早期に構築していく必要があります。

その実現には、担い手となる介護・福祉人材の育成・確保が重要になっています。

県としては、将来の介護人材を育てるという中長期的な視点と、現状介護人材が不足しているところへの人材を確保していく短期的な視点の両面から、必要な施策を行っていかなければならないでしょう。

長崎県の求人動向 お役立ちデータ集

職種別の平均賃金
  月給の平均(円) 時間給の平均(円)
訪問介護員 194,954 1,052
サービス提供責任者 222,678 1,000
介護職員 183,029 811
看護職員 232,356 1,049
介護支援専門員 251,392 900
生活相談員または支援相談員 215,900 838

 

労働者の賞与の有無と平均額
  賞与の有無(%) 平均賞与(円)
有り 無し 無回答
全国 70.1 12.2 17.6 572,079
長崎県 72.7 9.2 18.1 508,629

 

労働者の平均年齢
  平均年齢(歳)
全国 47.4
長崎県 45.9

 

労働者の保有資格
  保有率(%)
介護福祉士 42.1
介護職員初任者研修 28.1
実務者研修 6.1
介護支援専門員 8.1
看護師・准看護師 14.5
PT・OT・ST等 2.6
社会福祉士 1.4
管理栄養士・栄養士 2.1
その他の資格 6.3
無資格 11.4

 

従業員の過不足の状況
  過不足の割合(%)
大いに不足 不足 やや不足 適当 過剰
訪問介護員 20.0 31.4 28.6 17.1 2.9
サービス提供責任者 - 3.4 13.8 82.8 -
介護職員 7.8 17.5 35.0 39.8 -
看護職員 5.4 13.0 18.5 60.9 2.2
生活相談員 3.1 6.2 6.2 84.6 -
PT・OT・ST等 2.8 2.8 11.1 83.3 -
介護支援専門員 2.6 1.3 23.7 72.4 -

 

離職防止や定着促進への取り組み
取り組みの内容 実施率(%)
本人の希望に応じた勤務体制にする等の労働条件の改善に取り組んでいる 65.9
残業を少なくする、有給休暇を取りやすくする等の労働条件の改善に取り組んでいる 49.6
職場内の仕事上のコミュニケーションの円滑化を図っている(定期的なミーティング、意見交換会、チームケア等) 52.8
非正規職員から正規職員への転換の機会を設けている 48.8
能力や仕事ぶりを評価し、賃金などの処遇に反映している 39.0
悩み、不満、不安などの相談窓口を設けている(メンタルヘルスケア対策を含む) 33.3
賃金水準を向上させている 35.8
仕事内容の希望を聞いて配置している 29.3
業務改善や効率化等による働きやすい職場作りに力を入れている 32.5
能力開発を充実させている(社内研修実施、社外講習等の受講・支援等) 31.7
経営者・管理者と従業員が経営方針、ケア方針を共有する機会を設けている 28.5
健康対策や健康管理に力を入れている 27.6
キャリアに応じた給与体系を整備している 25.2
福利厚生を充実させ、職場内の交流を深めている(カラオケ、ボーリングなどの同好会、親睦会等の実施を含む) 22.0
職場環境を整えている(休憩室、談話室、出社時に座れる席の確保等) 24.4
新人の指導担当・アドバイザーを置いている 16.3
管理者・リーダー層の部下育成や動機付け能力向上に向けた教育研修に力をいれている 11.4
職員の仕事内容と必要な能力等を明示している 11.4
子育て支援を行っている(子ども預かり所を設ける。保育費用支援等) 8.9
介護ロボットやICT等の導入による働きやすい職場づくりに力を入れている 6.5

 

訪問介護員、介護職員に対する人材育成の取り組み
取り組みの内容 実施率(%)
教育・研修計画を立てている 57.8
採用時の教育・研修を充実させている 35.7
教育・研修の責任者(兼任を含む)もしくは担当部署を決めている 31.7
職員に後輩の育成経験を持たせている 28.9
自治体や、業界団体が主催する教育・研修には積極的に参加させる 37.3
能力の向上が認められた者は、配置や処遇に反映している 23.3
法人全体(関係会社)で連携して育成に取り組んでいる 24.9
地域の同業他社と協力、ノウハウを共有して育成に取り組んでいる 8.0
いずれも行っていない 2.0
その他 -