【2/3更新】生活相談員の求人を岡山市から探す 35事業所 38件

岡山市の介護求人事情 岡山市では認知症を学ぶ研修や、スキル評価・スキルアップのための支援が実施されている岡山市は、介護の各種研修のなかでも特に、認知症になられた方を地域で支えていくことに注力しています。また、「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」や「評価者(アセッサー)講習」という、介護職員がキャリアアップしていくための支援制度も用意し、人材の底上げを図っているのです。ここでは、その詳細を見ていきましょう。まずは、

職種

職種から探す

生活相談員

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 38

岡山市生活相談員の求人

岡山市での生活相談員の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は9件です

生活相談員の求人について

生活相談員とは

生活相談員とは、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に老人ホームやデイサービスなどの介護施設や事業所の利用者に対する相談業務を行う専門職です。

相談の他にも、地域社会との連携や、施設や事業所と利用者を繋ぐ窓口としての役割も担うなど、業務内容が多岐にわたる事が多いのが特徴。

また、職場ごとに求められる役割が異なる事も多いため、多様な業務に対応できる能力が求められることとなります。

生活相談員になるには

生活相談員になるには、基本的には精神保健福祉士、社会福祉士、社会福祉主事任用資格者のうち、いずれかの資格が必要です。

精神保健福祉士は、精神に障がいを持つ方を対象に、サポートや訓練を業務として行う職業の国家資格。

社会福祉士は、福祉と医療にまつわる相談援助に必要となる国家資格です。

社会福祉主事任用資格者は、都道府県や市町村など自治体の福祉事務所で、社会福祉にかかわるサポート業務を行う社会福祉主事という職業につくための資格となります。

これらのいずれかの資格を取得していれば、未経験であっても生活相談員として働くことが可能です。

また、自治体によっては独自の資格要件を定めており、それを満たすことで、上記3つの資格を取得していなくても、生活相談員になれる場合もありますので、各自治体の要件を確認することも重要です。

仕事内容

生活相談員の仕事内容は、冒頭に書いた通り多岐に渡ります。

介護サービスを必要とする人と、サービスを結びつけたり、利用者と家族の要望に応えたりする相談援助や、介護サービスの利用者との話し合いから生活課題を発見し、それを解決するための計画を立てる個別援助計画作成、利用者からの苦情の窓口対応などが主な業務です。

また、利用者や家族のために、介護サービスの利用手続きのサポートを行ったり、ケアマネージャーがケアプランを作成する際、施設とケアマネージャーの間に入り調整を行ったりもします。

また、生活相談員は介護職員と兼務が可能なため、介護業務も並行して行うケースは少なくありません。

生活相談員として働くメリット

生活相談員は、介護施設に必ず1人以上の配置が義務付けられていることから、その需要が安定しているというのが特徴です。

また、並行して介護職員としても働くことが出来ることから、業界内で働くための知識や経験が養えるほか、生活相談員の経験を活かしてケアマネージャーへのキャリアアップを目指す事もできます。

そのため、介護に携わる仕事に就きたい場合、有用な選択肢になるでしょう。

よくある質問

【給与相場】岡山市の生活相談員求人の相場はどのくらいですか?

給料相場

岡山市の生活相談員求人の相場は以下です。


正社員

平均月収:20万円


パート・アルバイト

平均時給:1,127円


詳細説明

一般的な介護職員の月収の相場は16~30万ほど、年収の相場は240~350万ほどです。

特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設や介護老人保健施設の方が、

ほかの施設よりも平均給料額が高い傾向があります


給料相場について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【年齢】岡山市の生活相談員求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

岡山市で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

岡山市では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】岡山市の生活相談員求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

岡山市の年間休日110日以上の求人は3件です。


詳細説明

岡山市の週休2日の求人は18%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】岡山市の生活相談員求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

岡山市ではブランクがあっても復職ができる求人は27件です。


詳細説明

岡山市では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

岡山市の介護求人事情

岡山市では認知症を学ぶ研修や、スキル評価・スキルアップのための支援が実施されている

岡山市は、介護の各種研修のなかでも特に、認知症になられた方を地域で支えていくことに注力しています。

また、「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」や「評価者(アセッサー)講習」という、介護職員がキャリアアップしていくための支援制度も用意し、人材の底上げを図っているのです。

ここでは、その詳細を見ていきましょう。

まずは、認知症介護に関係する各種研修制度についてです。

例えば、認知症介護についは次のような研修が実施されています。

  • 認知症介護実践研修(実践者研修)
  • 認知症介護実践研修(実践リーダー研修)
  • 岡山市認知症介護基礎研修
  • 認知症対応型サービス事業管理者等養成研修
  • フォローアップ研修

これらは、認知症についての知識を身に着け、円滑にサービス提供ができるようにするためのものです。

研修によって受講料がかかるものとかからないものがありますので、詳しくは市の公式ホームページなどを確認ください。

ちなみに、これほど認知症について学ぶ研修制度が充実しているのは全国的に見ても珍しいことです。

認知症介護に興味を持っている方にとって、岡山市は勉強の場にふさわしいと考えて良いでしょう。

続いて、「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」を紹介します。

これは、介護現場でのOJTを通じて実用的スキルと知識の両面で評価し、レベル認定を行う制度です。

この制度を利用することで、事業所や施設ごとに異なる職業能力評価について、自分がどの位置にいるのかを客観的に判断することができます。

最後に、「評価者(アセッサー)講習」について

これは、介護プロフェッショナルキャリア段位制度介護人材のレベルアップのために、介護サービス事業所で実践的なキャリアアップの仕組み構築を支援する制度です。

認知症について説明をしている白衣の男性

講習費用は2万2,810円で、評価者(アセッサー)講習受講料の支援として受講者の1人当たり2万円の補助金を交付します。

このように、介護について学ぶための環境・実力が評価される環境が充実している岡山市は、介護職員としてステップアップしていきたいと考えている方にはぜひともおすすめしたいエリアです。

岡山市は総人口が緩やかに減少するなかで高齢化が進行。介護人材の底上げが目下の課題

岡山市の高齢化率
出典:岡山市 更新

岡山市のこれまでの人口の推移をみていきましょう。

2000年の岡山市の人口は67万4,375人、2005年は69万6,172人、2010年は70万9,584人、2015年は71万4,750人でした。

全国的に市町村の人口が減少することが多いなか、5年単位で見た場合は継続的に人口が増加し続けているのです。

岡山市の人口は戦後一貫して増加し、高度経済成長期には、周辺市町村との合併が進んだことなどの影響から1975年時点で人口が50 万人を超え、2007年には推計人口が70万人を突破したことで2009年4月に政令指定都市へと移行しました。

なお、岡山市の総人口は2014年にピークを迎え、以降は緩やかに減少、それとともに少子高齢化がさらに進んでいます。

ちなみに、岡山市の人口は2045年には66万6,000人となり、2010年から6.1%減少すると推計されているのです。

その間、少子高齢化は確実に進行し、年齢構造は大きく変化しました。

年少人口は、2010年の10万175人(14.3%)から、2045年には7万4,000人(11.1%)となり、3.2ポイント減少。

生産年齢人口は2010年の45万0,108人(64.2%)から、2045年には36万8,000人(55.3%)となり、8.9ポイント低くなります。

高齢者人口は、2010年の15万1,140人(21.5%)から、2045年には22万4,000人(33.6%)となり、12.1ポイント上がります。

また、要介護認定者の推計では、2017年度時点で3.8万人だったものが、2025年には4.4万人まで増えると予想されています。

ちなみに、2025年、団塊世代が一気に後期高齢者となるため、それに比例して要介護認定や認知症の高齢者の数は増えると予想されています。

岡山県内には27の市町村がありますが、高齢化率が43.1%の久米南町を筆頭に、42.8%の新庄村、そして30%を超える市町村が19あります。

岡山県内の高齢化率は29.2%なので、岡山市は県内でも一番高齢化率が低く、また、全国平均の27.3%も下回っていますが、高齢化の波は確実に押し寄せているのです。

岡山市では、75歳以上の高齢者世帯数が2030年まで増加を続けると推計されており、その層に対する介護職の獲得はどの施設でも緊急度の高い課題となっているのです。