【1/27更新】生活相談員の求人を堺市から探す 16事業所 17件

堺市の介護求人事情 堺市では介護の現場スタッフ向けにさまざまな研修を実施堺市では高齢化が進む現状を踏まえ、不足傾向にある介護職の確保・育成を図るための研修をはじめ、さまざまな取り組みを進めています。ここでは、2018年度に行われた介護職員に対する研修事業を紹介しましょう(2019年度以降も実施されるかどうかについては、市のホームページなどを通じて確認が必要です)。まずは、「現場スタッフ向け研修」についてです。これは、

職種

職種から探す

生活相談員

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 17

堺市生活相談員の求人

  • 1

生活相談員の求人について

生活相談員とは

生活相談員とは、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に老人ホームやデイサービスなどの介護施設や事業所の利用者に対する相談業務を行う専門職です。

相談の他にも、地域社会との連携や、施設や事業所と利用者を繋ぐ窓口としての役割も担うなど、業務内容が多岐にわたる事が多いのが特徴。

また、職場ごとに求められる役割が異なる事も多いため、多様な業務に対応できる能力が求められることとなります。

生活相談員になるには

生活相談員になるには、基本的には精神保健福祉士、社会福祉士、社会福祉主事任用資格者のうち、いずれかの資格が必要です。

精神保健福祉士は、精神に障がいを持つ方を対象に、サポートや訓練を業務として行う職業の国家資格。

社会福祉士は、福祉と医療にまつわる相談援助に必要となる国家資格です。

社会福祉主事任用資格者は、都道府県や市町村など自治体の福祉事務所で、社会福祉にかかわるサポート業務を行う社会福祉主事という職業につくための資格となります。

これらのいずれかの資格を取得していれば、未経験であっても生活相談員として働くことが可能です。

また、自治体によっては独自の資格要件を定めており、それを満たすことで、上記3つの資格を取得していなくても、生活相談員になれる場合もありますので、各自治体の要件を確認することも重要です。

仕事内容

生活相談員の仕事内容は、冒頭に書いた通り多岐に渡ります。

介護サービスを必要とする人と、サービスを結びつけたり、利用者と家族の要望に応えたりする相談援助や、介護サービスの利用者との話し合いから生活課題を発見し、それを解決するための計画を立てる個別援助計画作成、利用者からの苦情の窓口対応などが主な業務です。

また、利用者や家族のために、介護サービスの利用手続きのサポートを行ったり、ケアマネージャーがケアプランを作成する際、施設とケアマネージャーの間に入り調整を行ったりもします。

また、生活相談員は介護職員と兼務が可能なため、介護業務も並行して行うケースは少なくありません。

生活相談員として働くメリット

生活相談員は、介護施設に必ず1人以上の配置が義務付けられていることから、その需要が安定しているというのが特徴です。

また、並行して介護職員としても働くことが出来ることから、業界内で働くための知識や経験が養えるほか、生活相談員の経験を活かしてケアマネージャーへのキャリアアップを目指す事もできます。

そのため、介護に携わる仕事に就きたい場合、有用な選択肢になるでしょう。

よくある質問

【給与相場】堺市の生活相談員求人の相場はどのくらいですか?

給料相場

堺市の生活相談員求人の相場は以下です。


正社員

平均月収:23万円


パート・アルバイト

平均時給:1,399円


詳細説明

一般的な介護職員の月収の相場は16~30万ほど、年収の相場は240~350万ほどです。

特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設や介護老人保健施設の方が、

ほかの施設よりも平均給料額が高い傾向があります


給料相場について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【年齢】堺市の生活相談員求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

堺市で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

堺市では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】堺市の生活相談員求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

堺市の年間休日110日以上の求人は2件です。


詳細説明

堺市の週休2日の求人は76%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】堺市の生活相談員求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

堺市ではブランクがあっても復職ができる求人は7件です。


詳細説明

堺市では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

堺市の介護求人事情

堺市では介護の現場スタッフ向けにさまざまな研修を実施

堺市では高齢化が進む現状を踏まえ、不足傾向にある介護職の確保・育成を図るための研修をはじめ、さまざまな取り組みを進めています。

ここでは、2018年度に行われた介護職員に対する研修事業を紹介しましょう(2019年度以降も実施されるかどうかについては、市のホームページなどを通じて確認が必要です)。

まずは、「現場スタッフ向け研修」についてです

これは、介護現場で働いている一般職員向けの研修で、介護スキル自体ではなく、業務を円滑に行うための方法や職員同士のコミュニケーションの取り方などを学ぶ研修です。

講師は堺市で行われているミドルリーダーマネジメント研修を卒業予定の方で、市内の特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームなどに勤務しているベテランの現役介護職員。

現場での経験を活かした講義を受けられるので、これから介護職として経験を積もうとする方、知識・スキルアップを目指したい方には最適の研修と言えるでしょう。

スーツの女性から介助について説明を受ける夫婦

続いて、「地域包括ケアシステム推進研修会」を紹介します。

これは、堺の地域特性を踏まえ、それを活かした介護予防や生活支援などのケアをどのように行っていくかを学ぶものです。

現在、地域包括ケアシステムは、厚生労働省が中心となって全国の市区町村自治体で導入が進められていますが、この研修の受講対象は現場の介護職員に加え、ケアマネージャーや地域包括支援センターの職員など、幅広い職種を想定しています。

講師は大学教授などの専門家で、理論的な側面も含めて学ぶことができる研修内容です。

また、「管理職対象の研修介護施設・事業所の管理職を対象とした研修」も、2018年度に2回実施されました。

第1回目は、「介護人材が不足するなか、業務の効率化・生産性の向上をどのようにして目指すか」をテーマに行われ、スタッフマネジメントの方法や事業所運営の仕方を学ぶという研修内容。

そして第2回目は、「介護分野の人手不足で外国人人材の採用が進む現在、実際に現場で外国人職員をどのようにマネジメントしていくのか」をテーマとした研修内容でした。

ほかにも、「さかい福祉と介護の実践発表会」という名前で堺市の介護現場で働く職員による実践活動、研究活動の報告会を開催。

職員がお互いに学び合い、日々の業務におけるモチベーションを高めてもらうことを目的に、2018年の7月に行われました。

堺市は人口の減少と高齢化率の上昇が止まらず、介護現場の強化が喫緊の課題

堺市の高齢化率
出典:堺市 更新

堺市の総人口は、2011年の85万780人をピークとして、その後次第に減少し始めました。

2014年には84万8,111人だった人口は、2025年には約81万人、2040年までには72~76万人前後となる見込みです。

その一方で65歳以上の高齢者人口は増加し続けており、1990年当時は7万1,858人でしたが、2000年には10万人を突破し、2011年には18万7,660人、2017年には23万576人と23万人に到達しました。

人口が減少するなかで高齢者人口が増えているため、高齢化率は年々上昇

1990年当時は8.9%でしたが、2000年が14.8%、2010年が22.5%、2017年には27.4%となりました。

今後も高齢化率は上昇するとみられ、2020年頃に一度ピークを迎えてその後数年は横ばいになりますが、2028年以降に再び上がっていく見込みです。

2017年時点において、65~74歳の前期高齢者人口は12万570人で総人口の14.3%を構成し、75歳以上の後期高齢者人口は11万6人で総人口の13.1%を占めています。

高齢者世帯の現状についてみると、2017年時点において、高齢者のみで構成される世帯数は計11万4,976世帯。

これは堺市における全世帯の29.6%、約3割に相当します。

高齢者のみで構成される世帯のなかで1人暮らしをしているのは6万7,331世帯、そのうち75歳以上で1人暮らしをしているのは3万9,435世帯です。

また、高齢者で認知症を発症している人は2017年時点で3万1,607人にのぼり、高齢者全体の13.7%となっています。

さらに、認知症の高齢者が増えることも影響し、要介護認定者数も増加

2025年には6万4,176人で高齢者人口全体の28.3%を占めると予想されています。

その後も認定者数と認定率はともに上昇していき、2032年頃にピークを迎える見込みです。

要介護認定者が増え続けるなか、介護サービスを担う介護人材の不足も深刻化するとみられ、堺市では2025年におよそ2万人の介護職が必要とされていますが、現在の増加率のまま推移すると、約3,200人不足すると予測されています。

高齢化が進む現在、介護人材をいかに確保していくかが堺市に課せられた大きな課題と言えるでしょう。