【2/9更新】生活相談員の求人を埼玉県から探す 233事業所 324件

埼玉県の介護求人事情 埼玉県では介護職員に欠かせない資格取得をバックアップ介護の仕事を始めるにあたって、どうしても取得しておきたい資格のひとつに介護職員初任者研修があります。この資格は少し前まではホームヘルパー2級と呼ばれていましたが、取得していると介護関連の仕事を探すうえで有利だとされています。埼玉県ではこの介護職員初任者研修の受講者を支援する「介護職員初任者研修補助金」という制度を設けています。先着順なので、補助金

職種

職種から探す

生活相談員

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 324

埼玉県生活相談員の求人

パノラマ
株式会社 東日本福祉経営サービスの写真0
株式会社 東日本福祉経営サービスの写真1
株式会社 東日本福祉経営サービスの写真2
スピード対応 ル・レーヴ羽生古島
介護付き有料老人ホーム 株式会社 東日本福祉経営サービス
住所 埼玉県羽生市下羽生1039-1
生活相談員の正社員求人

埼玉県での生活相談員の新着求人数

新着 30日以内に公開された求人数は53件です

生活相談員の求人について

生活相談員とは

生活相談員とは、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に老人ホームやデイサービスなどの介護施設や事業所の利用者に対する相談業務を行う専門職です。

相談の他にも、地域社会との連携や、施設や事業所と利用者を繋ぐ窓口としての役割も担うなど、業務内容が多岐にわたる事が多いのが特徴。

また、職場ごとに求められる役割が異なる事も多いため、多様な業務に対応できる能力が求められることとなります。

生活相談員になるには

生活相談員になるには、基本的には精神保健福祉士、社会福祉士、社会福祉主事任用資格者のうち、いずれかの資格が必要です。

精神保健福祉士は、精神に障がいを持つ方を対象に、サポートや訓練を業務として行う職業の国家資格。

社会福祉士は、福祉と医療にまつわる相談援助に必要となる国家資格です。

社会福祉主事任用資格者は、都道府県や市町村など自治体の福祉事務所で、社会福祉にかかわるサポート業務を行う社会福祉主事という職業につくための資格となります。

これらのいずれかの資格を取得していれば、未経験であっても生活相談員として働くことが可能です。

また、自治体によっては独自の資格要件を定めており、それを満たすことで、上記3つの資格を取得していなくても、生活相談員になれる場合もありますので、各自治体の要件を確認することも重要です。

仕事内容

生活相談員の仕事内容は、冒頭に書いた通り多岐に渡ります。

介護サービスを必要とする人と、サービスを結びつけたり、利用者と家族の要望に応えたりする相談援助や、介護サービスの利用者との話し合いから生活課題を発見し、それを解決するための計画を立てる個別援助計画作成、利用者からの苦情の窓口対応などが主な業務です。

また、利用者や家族のために、介護サービスの利用手続きのサポートを行ったり、ケアマネージャーがケアプランを作成する際、施設とケアマネージャーの間に入り調整を行ったりもします。

また、生活相談員は介護職員と兼務が可能なため、介護業務も並行して行うケースは少なくありません。

生活相談員として働くメリット

生活相談員は、介護施設に必ず1人以上の配置が義務付けられていることから、その需要が安定しているというのが特徴です。

また、並行して介護職員としても働くことが出来ることから、業界内で働くための知識や経験が養えるほか、生活相談員の経験を活かしてケアマネージャーへのキャリアアップを目指す事もできます。

そのため、介護に携わる仕事に就きたい場合、有用な選択肢になるでしょう。

よくある質問

【給与相場】埼玉県の生活相談員求人の相場はどのくらいですか?

給料相場

埼玉県の生活相談員求人の相場は以下です。


正社員

平均月収:23万円


パート・アルバイト

平均時給:1,365円


詳細説明

一般的な介護職員の月収の相場は16~30万ほど、年収の相場は240~350万ほどです。

特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設や介護老人保健施設の方が、

ほかの施設よりも平均給料額が高い傾向があります


給料相場について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【年齢】埼玉県の生活相談員求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

埼玉県で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

埼玉県では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】埼玉県の生活相談員求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

埼玉県の年間休日110日以上の求人は43件です。


詳細説明

埼玉県の週休2日の求人は9%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】埼玉県の生活相談員求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

埼玉県ではブランクがあっても復職ができる求人は263件です。


詳細説明

埼玉県では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

埼玉県の介護求人事情

埼玉県では介護職員に欠かせない資格取得をバックアップ

介護の仕事を始めるにあたって、どうしても取得しておきたい資格のひとつに介護職員初任者研修があります。

この資格は少し前まではホームヘルパー2級と呼ばれていましたが、取得していると介護関連の仕事を探すうえで有利だとされています。

埼玉県ではこの介護職員初任者研修の受講者を支援する「介護職員初任者研修補助金」という制度を設けています。

先着順なので、補助金を希望する方は早めに県庁のホームページを確認してみてください。

介護職員初任者研修の受講料の2分の1(上限3万円)を県が補助してくれるという制度で、介護職未経験の方でも埼玉県内の介護施設などに就職を希望しているのであれば、この制度を利用することで経済的な負担を抑えながらチャレンジできます。

埼玉県の支援の画像

また、埼玉県ではすでに県内で介護職についている方を対象に、「介護職員資格取得支援事業(研修受講料)補助金」という制度を設けています。

こちらは国家資格である介護福祉士の受講をサポートする制度で、対象者には 実務者研修でかかる受講料の2分の1(上限10万円)が補助されます。

せっかく希望通りに介護職についても、介護福祉士などの上位の資格を取らなければキャリアアップは望めません。

すでに現場で活躍している介護職の方がモチベーションアップを図れるように、埼玉県ではこのような制度を設けているのです。

さらに、埼玉県社会福祉協議会では独自に「埼玉県介護福祉士修学資金」という制度を設け、介護福祉士の資格取得にかかる修学資金を貸し付けています。

社会福祉協議会というのは、地域の福祉サービスや福祉活動の充実を図るために設立された民間団体のことで、各都道府県・市区町村に設置されています。

補助金ではなく、将来返すことが前提になりますが、資格取得までの経済的な負担をできるだけ抑えたいというのであれば、こちらの制度を利用することをおすすめします。

ほかにも埼玉県社会福祉協議会では「埼玉県潜在介護職員再就職準備金貸付」という制度を設けて、潜在介護職員の再就職支援を行っています。

これは結婚や出産、育児などを理由に介護の仕事から離れてしまった方が、もう一度現場に復帰しやすいように就職準備金を貸し付ける制度です。

貸付を受けるには介護職員初任者研修をはじめ、訪問介護員1級・2級、介護福祉士などの介護にかかわる資格を有し、1年以上対象の事業所に在籍かつ180日以上の介護業務の実績などが必要ですが、経済的な理由で一歩が踏み出せない潜在介護職員の方には心強い制度となっています。

このように埼玉県では介護職員を目指す方、すでに介護職員として働いている方を支援するためにさまざまな取り組みが行われています。

埼玉県の介護関連職の有効求人倍率は、高齢者の増加に伴い上昇

埼玉県の介護職の有効求人倍率
出典:厚生労働省 更新

高齢化が進む日本ですが、埼玉県はそのなかでも75歳以上の高齢者人口の伸び率が高く、2010年には58万9,000人で県民全体の8.2%に過ぎなかった割合が、2025年には117万7,000人と全体の16.8%になると見込まれています

15年間で約2倍になるという予想ですが、埼玉県の高齢化率の推移を考えると、あながち間違いではないと考えられます。

そうなると、やはり求められるのが介護職員です。しかし、埼玉県の2019年2月における介護サービス業の有効求人倍率は4.97倍でした。

ほかのサービス業を見てみると、家庭生活支援サービスが3.07倍、保健医療サービスが3.84倍、飲食物調理の職業が2.81倍など、軒並み介護サービス業よりも低い数字になっています。

全職業を合わせた有効求人倍率が1.30倍ですから、いかに介護関連の企業や事業所が新たな人材を求めているかがわかります。

高齢者人口が急速に伸びている埼玉県では、それに伴い介護職員の需要が上昇しているのです。

有効求人倍率をみるだけでも、埼玉県では介護の仕事を探しやすいことがおわかりいただけると思います。

さて、有効求人倍率が高いということは、気になるのが離職率ですね。

ここ十数年はゆるやかな右肩下がりとはいえ、全国的にやはり介護職の離職率はほかの職業と比べると少し高めです。

ただ、2007年の時点でほかの職業の離職率15.4%に対し介護職は21.6%でしたが、2015年になると他の職業は15%で介護職は16.5%と、その差はほとんどなくなっています。

つまり、離職率が低下しているにもかかわらず、介護サービス業の有効求人倍率が伸びているのですから、埼玉県の介護関連の職場では新しい人材が求められているのです。

今後もこの傾向はしばらく続く予想ですが、AIなどの導入で介護の現場も変わりつつあります。

少しでも介護の仕事に興味があるなら、売り手市場の今のうちに早めにチャレンジするほうが良いかもしれません。

埼玉県の高齢化率は高く、4人に1人は高齢者という状況

埼玉県の高齢化率
出典:埼玉県 更新

埼玉県の総人口はここ数年上昇傾向にあり、2017年の総人口は730万7,579人でした。

全国的に人口が減少していることを考えると、ゆるやかとはいえ増加している埼玉県は少し珍しい県です。

その要因となっているのが高齢者人口の増加です。

2017年の時点で埼玉県内における65歳以上の高齢者の数は183万6,058人。

総人口に対する割合、いわゆる高齢化率は実に25%でした。

1990年には8.3%と一桁台だった高齢化率ですが、2000年には12.8%、2010年には20.4%と20%を上回り、2015年には24.8%となって、ついに2017年には4人に1人が高齢者という状況になりました。

高齢者人口の推移を確認してみましょう。

1990年時点では約53万人だった高齢者人口は、2000年には89万人となり、2005年にはついに100万人を突破。

そのまま右肩上がりが続き、2010年には147万人、2015年には179万人と上昇の一途をたどっています。

総務省の「国勢調査」によると、1985年からの約30年間で3倍以上に膨れ上がっていることになります。

今後、高齢者人口は、2020年に194万人、2025年には198万人、2030年には202万人と、ついには200万人を突破すると予想されています。

ここまでのデータを見ただけでも、埼玉県がいかに高齢者の多いエリアかということがおわかりいただけると思います。

では逆に64歳以下の人口はどうなっているのでしょうか。

0~14歳にあたる年少人口と、15~64歳にあたる生産年齢人口の割合は、大きく下降しています。

1985年の時点で23.5%を占めていた年少人口の割合は2017年の時点で12.6%にまで減少し、生産年齢人口は年少人口ほどではないにしても、69.3%から62.5%へと減少しています。

年少人口は1990年には120万人でしたが、2005年には99万人、2015年には91万人にまで落ち込みました。

また、生産年齢人口は、2000年の501万人をピークに下りはじめ、2010年には475万人、2015年には451万人となっています。

今後もその傾向は変わらず、2025年には424万人、2030年には408万人にまで落ち込むと予想されています。

このように埼玉県には高齢者が多く、当然介護職への需要は高くなっています。

そのため、さまざまな選択肢のなかから自分に合った職場を探すことができるでしょう。

埼玉県の求人動向 お役立ちデータ集

職種別の平均賃金
  月給の平均(円) 時間給の平均(円)
訪問介護員 230,607 1,326
サービス提供責任者 242,533 1,251
介護職員 234,177 981
看護職員 295,742 1,483
介護支援専門員 267,283 1,311
生活相談員または支援相談員 259,871 1,013

 

労働者の賞与の有無と平均額
  賞与の有無(%) 平均賞与(円)
有り