【1/24更新】生活相談員の求人を全国小規模多機能型居宅介護から探す 11事業所 11件

職種

職種から探す

生活相談員

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 11

全国生活相談員小規模多機能型居宅介護の求人

  • 1

生活相談員の求人について

生活相談員とは

生活相談員とは、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に老人ホームやデイサービスなどの介護施設や事業所の利用者に対する相談業務を行う専門職です。

相談の他にも、地域社会との連携や、施設や事業所と利用者を繋ぐ窓口としての役割も担うなど、業務内容が多岐にわたる事が多いのが特徴。

また、職場ごとに求められる役割が異なる事も多いため、多様な業務に対応できる能力が求められることとなります。

生活相談員になるには

生活相談員になるには、基本的には精神保健福祉士、社会福祉士、社会福祉主事任用資格者のうち、いずれかの資格が必要です。

精神保健福祉士は、精神に障がいを持つ方を対象に、サポートや訓練を業務として行う職業の国家資格。

社会福祉士は、福祉と医療にまつわる相談援助に必要となる国家資格です。

社会福祉主事任用資格者は、都道府県や市町村など自治体の福祉事務所で、社会福祉にかかわるサポート業務を行う社会福祉主事という職業につくための資格となります。

これらのいずれかの資格を取得していれば、未経験であっても生活相談員として働くことが可能です。

また、自治体によっては独自の資格要件を定めており、それを満たすことで、上記3つの資格を取得していなくても、生活相談員になれる場合もありますので、各自治体の要件を確認することも重要です。

仕事内容

生活相談員の仕事内容は、冒頭に書いた通り多岐に渡ります。

介護サービスを必要とする人と、サービスを結びつけたり、利用者と家族の要望に応えたりする相談援助や、介護サービスの利用者との話し合いから生活課題を発見し、それを解決するための計画を立てる個別援助計画作成、利用者からの苦情の窓口対応などが主な業務です。

また、利用者や家族のために、介護サービスの利用手続きのサポートを行ったり、ケアマネージャーがケアプランを作成する際、施設とケアマネージャーの間に入り調整を行ったりもします。

また、生活相談員は介護職員と兼務が可能なため、介護業務も並行して行うケースは少なくありません。

生活相談員として働くメリット

生活相談員は、介護施設に必ず1人以上の配置が義務付けられていることから、その需要が安定しているというのが特徴です。

また、並行して介護職員としても働くことが出来ることから、業界内で働くための知識や経験が養えるほか、生活相談員の経験を活かしてケアマネージャーへのキャリアアップを目指す事もできます。

そのため、介護に携わる仕事に就きたい場合、有用な選択肢になるでしょう。

小規模多機能型居宅介護の求人について

小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは、通所型のサービスをメインとしつつも、短期間での外泊サービスや、利用者の自宅への訪問サービスも合わせて行う地域密着型の介護保険サービスの一つです。

通常、これら3つのサービスはデイサービスやショートステイ、訪問介護など別々の事業所と契約して受ける必要があります。

しかし、小規模多機能型居宅介護では、これらを一体的に提供してもらうことが可能で、同じスタッフと人間関係を構築しながら必要に応じたサービスを選んで提供してもらうことが出来ます。

仕事内容

小規模多機能型居宅介護では、前述の通りデイサービスやショートステイ、訪問介護のサービスを一体的に提供するのが特徴です。

そのため、介護業務だけでなく車による利用者の送迎や、自宅への訪問、レクリエーションの企画や運営に携わることも重要な業務となります。

また、通所型のサービスを利用した後、そのまま施設への外泊サービスを受けるなど、利用者がサービスを柔軟な形で利用するケースも少なくないため、それらに臨機応変に対応するスキルも求められることとなるでしょう。

小規模多機能型居宅介護で働くメリット

上記の例のように、通所型サービス、外泊サービス、訪問サービスを組み合わせてフレキシブルな利用を行うことが出来るのが小規模多機能型居宅介護の特徴です。

そのため、これらのサービス全てに対応できる能力を身につけることが出来るのが、働く上での大きなメリットに挙げられるでしょう。

また、3つのサービスを同じ事業所で提供していることから、スタッフと利用者が顔なじみになりやすく、関係を深めることができる点なども評価すべきポイントす。

一方で、利用者の多くは在宅生活を送る要介護度が比較的低い人となっており業務の負担が少ない場合が多いため、実務経験が少ない人もチャレンジがしやすい環境と言えるかもしれません。