言語聴覚士の求人をいわき市正社員から探す 2事業所 2件

いわき市の介護求人事情 いわき市は介護福祉士や生活援助サービスの志望者向けの支援を実施いわき市では、生活援助サービスに従事する人向けの研修に力を入れています。多様な支援のなかから、まずは「いわき市生活援助サービス」従事者養成研修を紹介しましょう。これは、市が開催する研修を修了した方が洗濯、掃除などの生活サービスを提供するというもの。このための研修は、3日間×5時間=15時間行う必要があり、研修の際にテキスト代

職種

職種から探す

言語聴覚士

地域・駅

雇用形態

給与

年収

万円以上

月給

万円以上

時給

円以上

介護サービスの種類

応募条件

勤務形態

応募資格

休日・休暇

賞与・手当

福利厚生
社内制度

アクセス

さらに詳しい条件を選ぶ

該当求人 2

いわき市言語聴覚士正社員の求人

  • 1

よくある質問

【年齢】いわき市の言語聴覚士求人には、年齢制限はありますか?

年齢制限なしの求人

いわき市で40代以上の方も働ける求人が多く存在します。


詳細説明

いわき市では40代以上で無資格・未経験の方でも働ける求人が多いです。

また、資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方はより歓迎されます。

応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【休日・休暇】いわき市の言語聴覚士求人の休日・休暇日数はどれくらいですか?

休日休暇

いわき市の年間休日110日以上の求人は0件です。


詳細説明

いわき市の週休2日の求人は50%と多く

夏季・冬期休暇だけでなく、有給消化促進・産休育休などの制度がたくさんあります。


応募条件について、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

【復職】いわき市の言語聴覚士求人はブランクがあっても働けますか?

復職ができる求人

いわき市ではブランクがあっても復職ができる求人は2件です。


詳細説明

いわき市では資格があるものの、産休や子育てで介護の現場を離れていた方でも働ける求人が多いです。

また、厚生労働省から介護再就職準備金制度があるのでぜひご活用ください。


復職に関して、もっと詳しく知りたい方は会員登録(無料)してご確認ください。

いわき市の介護求人事情

いわき市は介護福祉士や生活援助サービスの志望者向けの支援を実施

いわき市では、生活援助サービスに従事する人向けの研修に力を入れています。

多様な支援のなかから、まずは「いわき市生活援助サービス」従事者養成研修を紹介しましょう。

これは、市が開催する研修を修了した方が洗濯、掃除などの生活サービスを提供するというもの。

掃除機で床を掃除しているエプロン姿の女性

このための研修は、3日間×5時間=15時間行う必要があり、研修の際にテキスト代などは不要です。

このサービスの目的は、今後ますます介護人材の不足が懸念されることから、介護人材のすそ野を広げ、より専門的な支援を必要とする方へ専門職が集中できる体制づくりを目指すことです。

特に資格などは持っておらず、介護関係の仕事に就きたいと考えている方は、まずはこのような無料の研修で介護について学び、そのうえで就労を目指すのも一つの方法ですよ。

続いて、「在宅医療出前講座」を紹介しましょう。

これは、住み慣れた地域でできる限り生活が継続できるよう、在宅医療や健康維持について理解を深めるきっかけとして、病院や地域の診療所の医師が公民館などへ出向き、講演を行うというものです。

ちなみに、この口座への参加費は無料で、事前申し込みなども要りません。

最後に、「社会福祉事業従事者研修」をご紹介しましょう。

これは、社会福祉事業に従事する職員に対して専門的な知識・技術を高めるための各種研修を行うものです。

この研修を行う目的は、質の高いサービスの提供のために、高い専門性と豊かな人間性を備えた、資質の高い福祉人材の養成・確保することです。

ここまで紹介してきたように、いわき市には介護職員に向けたさまざま研修制度が充実しています。

このような研修に参加してスキルアップをしていきたいと考える方にとって、いわき市は絶好のエリアとなっています。

ちなみに、いわき市のホームページを見ても、高齢・介護のカテゴリーも高齢者サービスのページには、家族介護用品給付事業や訪問理美容サービス事業など、12項目が掲載されていて、高齢者に対して支援が充実していることがよくわかります。

いわき市の高齢化率は29.5%まで上昇する一方で支え手の供給が不足する

いわき市の高齢化率
出典:いわき市 更新

いわき市の人口は、1958年の35万4,744人を第一のピークとして、1971年まで年々減少傾向にありました。

その後は第2次ベビーブームなどを背景に増加し、1990年に35万5,812人となり、第一次ピーク時の人口を更新、1994年には36万0,111人となりました。

その後1998年に36万1,934人となり、10月としては過去最高となります。

しかし翌年から減少傾向をみせ、2011年は東日本大震災の影響などで前年から8,000人以上の人口が減少したのです。

2017年は、東日本大震災直後と比べて人口減少が緩和されたものの、引き続き減少傾向がみられます。

ここで、2017年のいわき市の人口を、年齢区分別に見てみると、年少人口(0~14 歳)は4万672 人、生産年齢人口(15~64 歳)は19万8,434 人、老年人口(65 歳以上)は10万2,000人でした。

総人口に占める割合は、それぞれ11.8%、57.4%、29.5%となり、2016年に比べると年少人口は0.1ポイント、生産年齢人口は 0.5 ポイント下回り、老年人口は 0.7ポイント上回りました。

年齢区分別構成比の推移をみると、年少人口の割合は年々低下しているのに対し、老年人口は上昇を続け、2000年にはついに年少人口の割合を上回ってそれ以降も拡大を続けています。

また、生産年齢人口の割合も前年から0.5 ポイント低下して57.4%に縮小しています。

このように、いわき市の総人口は減少傾向であるのに対し、高齢者人口は増加傾向をみせているのです。

高齢化率を見ると、2014年の全国平均は25.0%、福島県の平均は26.5%、いわき市の高齢化率も26.5%でした。

いわき市の高齢化率は全国平均を上回っていますが、市内では地区によって高齢化の状況が違います。

一番高齢化率が高いのは田人地区の40.9%で、次いで高いのは川前地区の40.2%。

反対に、一番高齢化率が低いのは小名浜地区の24.6%で、地区によってかなり差があります。

人口の増減を地区別にみると、すべての地区で人口が減少しており、そのなかで最も人口増加率が低いのは、川前地区のマイナス51.1%、次いで田人地区のマイナス34.4%、三和地区のマイナス27.0%、遠野地区のマイナス21.2‰となっているのです。

また、高齢者が増加するのと同様に後期高齢者の数も増加しており、2005年の3万7,074人から2010年には4万3,318 人となっています。

高齢化の波が押し寄せているなか、いわき市は介護予防や重度化防止対策、介護支援サービスの充実を目指し、介護人材の獲得に積極的に乗り出しています