戻るアイコン

死の受容過程

ホームボタン

死の受容過程

キューブラー・ロスの死の受容過程とは、人間が死を受容していく過程を5段階に区分したもの。

5段階の内容は、以下の通りです。

  • 第1段階(否認)・・・死の運命を否定し、周囲の人と距離を置くようになる
  • 第2段階(怒り)・・・死が否定できないと自覚し、「どうして自分が」と怒りを覚える
  • 第3段階(取り引き)・・・死から逃れるため、何かにすがって取り引きしようとする心理
  • 第4段階(抑うつ)・・・死から逃れることはできないと悟り、抑うつ状態になる
  • 第5段階(受容)・・・死を受け入れ、心に安らぎが訪れる
無料会員登録すると
過去7年分の問題・解説がすべて解けます。

アイコン関連する問題を解く

未回答

第31回(2019年) 問題 108

Eさん(75歳、男性)は、2年前に肺がん(lungcancer)と診断されて、抗がん剤治療を受けていたが、効果がなく1か月前に治療を中止した。その後、日常生活に支援が必要となり、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用することになった。訪問介護員(ホームヘルパー)は初回訪問を終えて帰ろうとした時に、いきなりEさんから、「もう来なくてもいい」と厳しい口調で言われた。また、「どうして私だけが、がん(cancer)にならなければならないのか」という言葉も聞かれた。Eさんの心理状態について、キューブラー・ロス(Kübler-Ross、E.)が提唱した心理過程の段階として、最も適切なものを1つ選びなさい。

未回答

第31回(2019年) 問題 108

Eさん(75歳、男性)は、2年前に肺がん(lungcancer)と診断されて、抗がん剤治療を受けていたが、効果がなく1か月前に治療を中止した。その後、日常生活に支援が必要となり、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用することになった。訪問介護員(ホームヘルパー)は初回訪問を終えて帰ろうとした時に、いきなりEさんから、「もう来なくてもいい」と厳しい口調で言われた。また、「どうして私だけが、がん(cancer)にならなければならないのか」という言葉も聞かれた。Eさんの心理状態について、キューブラー・ロス(Kübler-Ross、E.)が提唱した心理過程の段階として、最も適切なものを1つ選びなさい。

アイコンもっと見る
関連するワードをチェック
よく出るワード一覧に戻る よく出るワード一覧に戻る