「感染症対策」
よくわかる動画一覧

みんなの介護求人ちゃんねる

細菌やウイルスなどの「病原体」が体に侵入して繁殖することで起こる「感染症」。介護をするうえでは排泄物や嘔吐物などを処理することもあり、しっかりと対策を行うことがとても大切です。ここでは、感染症対策として手袋の正しい付け外しや、ノロウイルスの処理、手洗いの方法などを紹介します。

ボタンをクリックでチャンネル登録!最新動画の公開情報が届きます!

【動画】感染症予防のための手洗いの基本をマスターしよう
【動画】感染症予防のための手洗いの基本をマスターしよう

健康な人の手にも菌やウイルスが付着していると言われています。不特定多数の人が触る電車のつり革やドアノブなどを介して手から手へと伝わっていき、その手で鼻や口の周りを触ることで体内に菌やウイルスが侵入してきます。介護をするうえでも、清潔な手で行うことが必要不可欠です。正しい手洗いで感染症予防につなげましょう。 すべて読む

【動画】感染症対策は手袋の正しいつけ外しがポイント
【動画】感染症対策は手袋の正しいつけ外しがポイント

今回は感染症対策として大切な手袋の正しい付け方・外し方について紹介します。介護の現場では、排泄介助をはじめ、使い捨て手袋を使う機会が多くあります。手袋の着用は、“すべての人の血液、体液、分泌物(汗を除く)、排泄物、傷のある皮膚、粘膜は感染の原因になり得る”という考えに基づいた、“スタンダード・プリコーション(標準予防策)”の基本です。最も重要なポイン... すべて読む

【動画】嘔吐物処理の正しい方法を学んで感染症対策をしよう
【動画】嘔吐物処理の正しい方法を学んで感染症対策をしよう

ノロウイルスによる胃腸炎は、下痢や嘔吐による脱水症状や誤嚥性肺炎を招く危険性があり、体力のない高齢者にとっては恐ろしい感染症です。感染者の排泄物や嘔吐物には大量のノロウイルスが含まれており、それらに触れたり飛散したりすることで体内に侵入。、結果として二次感染を引き起こします。そのため、嘔吐物の処理を行う際は、処理する人自身が感染しないようにするこ... すべて読む