【動画】便秘マッサージを寝たままで行う方法

マッサージは深呼吸をしながら行う

便秘にはさまざまな種類がありますが、その中でも高齢者に多いと言われているのが「弛緩性便秘」です。便の排出には大腸の「蠕動(ぜんどう)運動」と呼ばれる、波打つような動きが関係しています。食事量が少なかったり、長時間寝たきりの姿勢でいたりすると、この蠕動運動が鈍って便秘を引き起こすのです。今回は、弛緩性便秘を解消するため、寝たまま行えるマッサージ方法をご紹介します。それは、”両手をお腹にあてて円を描くように動かす”というシンプルなもの。毎日、20~30秒間行うと良い効果が期待できますよ。

ボタンをクリックでチャンネル登録!最新動画の公開情報が届きます!

更新

監修

理学療法士吉田 直紀

両手でマッサージをする

仰向けになっているイメージ

仰向けになる

仰向けの状態で膝を立てます。マッサージは、リラックスした体勢で行ってくださいね。
(00:07~00:13)

マッサージをしているイメージ

両手でマッサージをする

両手をお腹にあてて、円を描くように動かします。このとき、深呼吸をすることを忘れずに。少し力を込めつつも、優しく動かしてくださいね。
(00:14~00:45)

ポイント

マッサージするときは深呼吸をしながら

猫キャラクター

ボタンをクリックでチャンネル登録!最新動画の公開情報が届きます!

「レクリエーション」の動画一覧

監修

理学療法士 吉田 直紀