「レクリエーション」
よくわかる動画一覧

みんなの介護求人ちゃんねる

レクリエーションや体操についてご紹介します。認知症を予防したり、転倒をしないための体操など、日常生活に役立つようなメニューを取り揃えてみました。ご利用者様と、ご家族と、あるいはご自分で…ぜひ、チャレンジしてみてください。

ボタンをクリックでチャンネル登録!最新動画の公開情報が届きます!

【動画】介護施設で使えるクリスマスレクリエーション
【動画】介護施設で使えるクリスマスレクリエーション

車椅子の方と一緒に楽しめるクリスマスのレクリエーションを紹介します。定番クリスマスソング『ジングルベル』に合わせて二人一組でダンスを行います。車椅子の方に無理のない範囲で手拍子やポーズを取ってもらい、笑顔で楽しく踊りましょう。 すべて読む

【動画】ひな祭りレクリエーションで介護現場を盛り上げよう
【動画】ひな祭りレクリエーションで介護現場を盛り上げよう

ひな祭りの時期に介護現場で楽しめるレクリエーションとして、色紙を使った『ひな人形』づくりを紹介します。ひな人形や五月人形など、レクリエーションに季節の飾りづくりを取り入れることで四季を身近に感じることができますよ。 すべて読む

【動画】盛り上がる高齢者レクリエーション!テーブルゲーム2選
【動画】盛り上がる高齢者レクリエーション!テーブルゲーム2選

高齢者が楽しめるレクリエーションとして、『洗濯バサミすくい』と『おはじき神経衰弱』の2つのテーブルゲームを紹介します。身近にあるものだけで手軽にはじめられますよ。盛り上がったときに怪我をしないように十分注意して、楽しみましょう。 すべて読む

【動画】高齢者が床に座ったままできる簡単ストレッチ
【動画】高齢者が床に座ったままできる簡単ストレッチ

床に座りながら高齢者でも簡単にできるストレッチを紹介します。腰痛予防にもなるため、普段からこまめに行うとよいでしょう。ストレッチを行う際は無理のないようにゆっくりとした動作で、呼吸を止めないように注意してください。 すべて読む

【動画】高齢者が椅子に座ったままできる簡単ストレッチ
【動画】高齢者が椅子に座ったままできる簡単ストレッチ

高齢者でも椅子に座ったまま簡単にできるストレッチを紹介します。ポイントは動作の最中に呼吸を止めないようにすること。自分が気持ちがよいと思うところでゆっくりとした呼吸を繰り返しながら行いましょう。腰痛予防にも効果的なので、こまめに行いましょう。 すべて読む

【動画】転倒予防の体操は”足をパタパタ”させるだけ
【動画】転倒予防の体操は”足をパタパタ”させるだけ

「ヒラメ筋」と「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」という足首を動かす役目を担当している筋肉を鍛える方法を紹介します。これらの筋肉を鍛えると足首が上がりやすくなり、転倒予防になるのです。「ヒラメ筋」はふくらはぎの上のほうにある筋肉で、ヒラメのような形をしていることからそう呼ばれています。一方、すねの前面にあるのは前脛骨筋。ヒラメ筋はかかとを、前脛骨筋は... すべて読む

【動画】転倒予防の体操をタオルだけで行うやり方
【動画】転倒予防の体操をタオルだけで行うやり方

タオルだけでできる転倒予防の体操を紹介します。現代人に多いと言われている「浮き指」は、足の指先が地面から浮いた状態のことを指します。この状態では指の付け根と、かかとの2点で歩くことになり、身体のバランスを崩しやすく、転倒につながりやすくなるのです。浮き指を解消するためには、足の指の筋肉を鍛えることが重要です。歩く機会が減っている高齢者は、足の指で... すべて読む

【動画】グーチョキパー体操のやり方を学んで認知症を予防する
【動画】グーチョキパー体操のやり方を学んで認知症を予防する

「脳トレ」が認知症の予防に効果があるというのは、今や常識。テレビや書籍はもちろん、ゲームなどでも取り上げられていますね。今回は、道具がなくてもすぐに始められる脳トレ体操をご紹介します。日常でよく行われる“じゃんけん”の動きを応用するだけで、立派な脳トレ体操になるんですよ。やり方はシンプルなものばかりなので、出先でも気軽に行えます。ご自分ができるよう... すべて読む

【動画】転倒予防の体操は”お辞儀”だけでできる
【動画】転倒予防の体操は”お辞儀”だけでできる

転倒を予防する体操として、腸腰筋(ちょうようきん)を座ったままで鍛える方法を紹介します。腸腰筋を鍛えると、股関節の動きが良くなり、足をしっかり上げられるようになります。用意するものは椅子だけ。両足を開いて座り、お辞儀をするように上半身を倒しましょう。このとき、背筋を伸ばして良い姿勢で行うことがポイントです。1日10回を目安に行ってみてください。 すべて読む

【動画】便秘解消の体操は寝たまま腹筋を鍛える
【動画】便秘解消の体操は寝たまま腹筋を鍛える

寝転んだまま行えて、便秘解消にもなる「お腹ねじり体操」をご紹介します。仰向けの状態で片方の肘を曲げ、反対側の足を上げます。肘と膝をくっつけるようにすると、自然とお腹がねじれてきますね。こうすることによって、腹筋が鍛えられて蠕動(ぜんどう)運動を活発にさせる効果があるのです。蠕動運動とは、便を出そうとする動きのこと。腸の周りを取り囲む筋肉が伸びたり... すべて読む

【動画】便秘マッサージを寝たままで行う方法
【動画】便秘マッサージを寝たままで行う方法

便秘にはさまざまな種類がありますが、その中でも高齢者に多いと言われているのが「弛緩性便秘」です。便の排出には大腸の「蠕動(ぜんどう)運動」と呼ばれる、波打つような動きが関係しています。食事量が少なかったり、長時間寝たきりの姿勢でいたりすると、この蠕動運動が鈍って便秘を引き起こすのです。今回は、弛緩性便秘を解消するため、寝たまま行えるマッサージ方法... すべて読む

【動画】尿漏れ防止は尿道口を締めて深呼吸
【動画】尿漏れ防止は尿道口を締めて深呼吸

尿漏れの種類のひとつである「腹圧性尿失禁」は、「骨盤底筋」が弱まってくることで起こります。骨盤底筋とは骨盤の下を支えるハンモック状の筋肉群のことで、尿道口を締めたり緩めたりする役目を担っています。このタイプの尿失禁は女性に多いと言われており、尿道が短いこと、出産によって骨盤底筋が緩むことが原因として挙げられます。この骨盤底筋は意識して動かすことで... すべて読む

【動画】転倒予防体操を座位で簡単に行う方法
【動画】転倒予防体操を座位で簡単に行う方法

「腸腰筋(ちょうようきん)」は股関節の内側にある筋肉で、足を上げたり、曲げたりする時に使われます。この筋肉を鍛えることで足がよく上がり、つまずかないで歩けるようになります。また、腸腰筋を鍛えることで姿勢も良くなりますよ。この腸腰筋を、高齢者でも安全に鍛える方法があります。やり方は簡単。座った状態で、片足ずつ太ももを上げるだけで良いのです。姿勢を整... すべて読む

【動画】尿漏れ防止の体操はお尻に力を入れるだけで簡単
【動画】尿漏れ防止の体操はお尻に力を入れるだけで簡単

尿漏れ防止に効果的な体操を紹介します。尿漏れは多くの高齢者を悩ませているとともに、介助者の対応の仕方にも配慮が必要となるデリケートな問題です。その原因のひとつとして挙げられるのが「骨盤底筋」の衰え。私たちの下腹部は「骨盤底筋」と呼ばれるハンモック状の筋肉群に支えられているのですが、排泄をコントロールするのもこの骨盤底筋の役割です。しかし、加齢によ... すべて読む

【動画】腰痛予防の体操は便秘予防にも効果的
【動画】腰痛予防の体操は便秘予防にも効果的

腰痛予防のために高齢者が腹筋を鍛えるメリットとして、姿勢が良くなることの他に、腹圧が上がって便秘解消につながることが挙げられます。しかし、取り組むメニューについては注意も必要。若い人が行うような、反動をつけたり起き上がったりするトレーニングでは腰を痛める危険性があるからです。今回は、足を上げることで腹筋を鍛える方法をお伝えします。仰向けのまま行う... すべて読む

【動画】尿漏れ体操はタオルを使って簡単にできる
【動画】尿漏れ体操はタオルを使って簡単にできる

高齢になって、尿漏れに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。特に女性の方は、尿道が短いために尿漏れが起きやすくなっています。尿漏れを防止するには、骨盤底筋と股関節内転筋を鍛えることが効果的。そこで、バスタオルを使ってこれらの筋肉を鍛える体操をご紹介します。やり方は丸めたバスタオルを両足で挟み、深呼吸をするだけ。忘れてはいけないことは、深呼吸をす... すべて読む

【動画】便秘解消の腹筋は寝たままできて簡単
【動画】便秘解消の腹筋は寝たままできて簡単

便秘解消には腹筋を鍛えることが有効です。しかし、高齢になり、運動する機会が減っている方にとってはなかなか難しい話でもあります。特に、寝たきりの状態だとそもそもの活動量が少なく、腸の働きも悪くなりがちです。今回は、そんな方に向けて寝たまま腹筋を鍛える方法をご紹介します。やり方は、曲げた両膝を片側に倒して、反対側に顔を向けるだけ。1日10回を目安に行っ... すべて読む

【動画】便秘予防の体操は10回の腹筋だけ
【動画】便秘予防の体操は10回の腹筋だけ

多くの高齢者を悩ませる「便秘」。ときには体調にも大きく影響し、認知症の方のBPSD(周辺行動)を悪化させることもあります。原因は食事量の減少や薬の副作用など、人によってさまざまですが、その一つとして腹筋の筋力低下も挙げられます。そこで、今回は高齢者向けの腹筋トレーニングを紹介します。一見すると一般的な腹筋と変わりないようですが、この腹筋トレーニングは... すべて読む

【動画】転倒予防にはスクワットで足の筋力を鍛える
【動画】転倒予防にはスクワットで足の筋力を鍛える

立ち座りの動作は、日常生活を送るうえで基本的な動作です。その動作を支えるために欠かせないのが下肢の筋肉。転倒予防に、毎日20~30回のスクワットで鍛えましょう。今回ご紹介する体操は、椅子に座って行うので、しゃがむことが難しい高齢者でも行えます。ふらつきがある方は、何かにつかまりながら行ってくださいね。膝がつま先より前に出ないように注意しましょう。 すべて読む

【動画】グーパー体操で認知症予防を楽しく行う
【動画】グーパー体操で認知症予防を楽しく行う

「認知症予防に効果的」と人気のある脳トレ体操は、高齢者施設でもレクリエーションの時間などでよく行われています。今回ご紹介するのは「グーパー体操」。簡単そうに見えますが、腕の動きや足の動きをつけるとなかなか難しいんです。「難しいね」「できてないよ」と言い合う時間も楽しいもの。最初はゆっくりのペースから始めましょう。ぜひ、ご家族やお友だちと一緒にやっ... すべて読む

【動画】尿漏れ防止には寝たままでできる骨盤体操
【動画】尿漏れ防止には寝たままでできる骨盤体操

今回は、尿漏れ防止にぴったりの体操をご紹介します。仰向けになったまま、お尻を上げて肛門を「キュッ」と閉める簡単な体操です。そうすることで「骨盤底筋」と呼ばれる筋肉が鍛えられ、尿漏れ防止に効果があるのです。ポイントは、両足で丸めたバスタオルを挟むこと。高齢者に多い悩みのひとつである“尿漏れ”ですが、仰向けのまま行えるので、寝る前などに1日10回挑戦して... すべて読む

【動画】認知症予防の指体操のやり方~難しい編~
【動画】認知症予防の指体操のやり方~難しい編~

認知症の予防に効果的な指体操を紹介します。皆さんは“ピアノを弾くとき、左右の手がそれぞれ違う動きをするので、脳の発達を促す”と聞いたことはありませんか?高齢になっても、左右違う動きをすることで脳を刺激することができるのです。今回ご紹介する体操は日常生活では行わないような動きをするので、最初は誰にとっても難しいものです。まずは、ゆっくり自分のペースか... すべて読む

【動画】認知症予防の指体操のやり方~簡単編~
【動画】認知症予防の指体操のやり方~簡単編~

人間の手は“外部の脳”と呼ばれるほど、脳との関りが強い器官です。特に、指先を動かすことは脳に良い刺激を与え、認知症を予防したり、進行を妨げる効果があったりすると言われています。今回ご紹介する体操のなかには難しいものもありますが、最初から完璧にできる必要はありません。大事なのは、毎日続けること。そして何より、“やってみよう!”と挑戦する気持ちです。道具... すべて読む

【動画】デュアルタスクで認知症予防を楽しく行う
【動画】デュアルタスクで認知症予防を楽しく行う

この動画で紹介するのは、頭を使いながら身体を動かす体操です。ただ身体を動かしたり、ただ頭を使ったりするのではなく、両方同時に行うことで脳を活性化させ、認知症の予防や進行の妨げにつながることが、さまざまな研究でわかっています。最初はできなくても大丈夫!“やってみよう”と挑戦すること自体が脳に良い刺激を与えてくれますよ。 すべて読む