「介護対談」第49回(前編)森 一成さん「措置時代は、良い面も悪い面もありました」

「介護対談」第49回(前編)ノンフィクション作家の中村淳彦さんと森 一成さんの対談森 一成
社会福祉法人合掌苑 理事長。神奈川大学経済学部貿易学科を卒業後、プログラマーに。生命保険会社や銀行のプログラムを作成していた。合掌苑の創業者と親族に縁があり、1990年に介護職に転職。現在は東京都町田市にて「合掌苑金森」と「鶴の苑」、横浜市瀬谷区にて「輝の杜」という介護施設を運営し、訪問介護や訪問入浴等の在宅サービス事業も展開。シングルマザーの職員のためにシェアハウスを提供するといった社会弱者への事業が注目を集めている。
中村淳彦中村淳彦
ノンフィクション作家。代表作である「名前のない女たち」(宝島社新書) は劇場映画化される。執筆活動を続けるかたわら、2008年にお泊りデイサービスを運営する事業所を開設するも、2015年3月に譲渡。代表をつとめた法人を解散させる。当時の経験をもとにした「崩壊する介護現場」(ベスト新書)「ルポ 中年童貞」(幻冬舎新書)など介護業界を題材とした著書も多い。貧困層の実態に迫った「貧困とセックス」(イースト新書)に続き、最新刊「絶望の超高齢社会: 介護業界の生き地獄」(小学館新書)が5月31日に発売!

取材・文/中村淳彦 撮影/編集部

更新

措置時代は、良い面も悪い面もありました(森)

森さんは東京町田市の社会福祉法人合掌苑理事長です。特養などの福祉施設だけではなく、施設入居に抵抗がある高齢者に向けた高齢者アパートや、シングルマザーの職員のためのシェアハウスなど、社会的弱者を対象にした事業が注目されています。でも元々は、IT系のサラリーマンだったとか。

中村中村
森

そうです。元々はプログラマーでした。社会人になったのは1984年ですね。IBMの大きなコンピューターのプログラムを生命保険会社とか銀行で作って、当時は1基で30億円とかしていました。当時は私らのような人間にも端末はなく、プログラムを紙に書く。それを5年くらいやったのかな。

MACやファミコンが出たばかりの時代、まさか30年後に社会がこんな変わると思いませんでした。で、プログラマーを辞めて社会福祉法人合掌苑に転職されています。当時は福祉がマイナーで、本当に日陰だった時代ですね。

中村中村
森

福祉に転職した理由は、家族が創業者のお坊さんと関係が深かった。縁ですね。当時はまだすごく小さい施設で、事業所は1つだけ。職員数が18人で、売上はやっと1億円弱とか。小さな施設に高齢者が60人いるだけ。福祉なんて興味なかったけど、とりあえず行くかみたいな感じでした。それが1990年、27年前ですね。

介護職員数と要介護者数は介護保険以降に急激に増えた。僕も含めて、多くの介護関係者は2000年以前の措置時代を知りません。最近では措置時代のほうがよかった、という声も大きいです。

中村中村
森

措置時代は、良い面も悪い面もありました。どっちとは一概には言えない。ただ救貧、貧しい人に限定すれば、措置の方がよかったですね。正式には老人保護措置入所依頼。要するに、哀れな老人を保護しましたからお宅の施設に収容してください、ってこと。老人施設は全部措置による収容だったので、退去が自由にできない。本人の意志で自宅に帰れないので、ある意味では刑務所と一緒でしたね。

介護保険以前の要介護という指標がなかった時代は、どういうレベルの高齢者が役所に保護されたのでしょう。

中村中村
森

生活が成り立たない人、認知症などで周りに迷惑をかける人とか、精神疾患。あとは生活破綻者。措置は、そういう人たちにターゲットを限定するのであればよかった。貧しければ負担金も免除されるし、救済になっていた。措置制度は現在も継続してて、施設に入れば普通の生活は送れますからね。

介護保険になってからは、経営努力が必要になりました(森)

それと、措置時代は介護職の給与はすごく高かったようですね。人にもよりますが介護職が年収500万円とか600万円とか。最初に聞いたときは、へーと驚きました。社会福祉法人の介護職は準公務員という扱いで、全産業平均の賃金を超える高水準にあったわけですね。

中村中村
森

措置時代は恵まれていましたよ。特に東京都は恵まれていた。都が給与を補填していましたから。措置時代はある意味、社会福祉法人で介護をするのが公務員になる一番の早道でした。絶対に潰れないし、金を残しても仕方ないから使っちゃえ、みたいなノリがあって職員に分配していた。

それで2000年を迎えて介護保険、そして2003年の労働者派遣法改正で非正規が激増し、介護職への打撃はダブルパンチ。現在のような一部は貧困ギリギリ、日本の貧困を牽引する業種と、かなり厳しい状態になってしまった。

中村中村
森

介護保険になって都の補填も全部なくなった。介護保険になってからは経営努力が必要になりました。当時の社会福祉法人は経営努力をする気がない人は沢山いましたから。みんな単なる土地の保全策で施設をやっていた。そういう人たちも、まだなんとなくやっていますね。

社会福祉法人は地主や資産家が地域や一般庶民への再分配のために作られた、みたいなイメージがあります。そうなると、設立の経緯は営利法人以上に重要ですね。合掌苑はどうだったのでしょうか。

中村中村
森

先代が昭和32年にこの場所に土地を買い、昭和34年に施設を建築しました。老人福祉法という法律もなく、生活保護施設が老人も収容していた時代。生活保護法による救貧施設、または養老院と呼ばれていました。しかし建築費を盗まれ、さらに伊勢湾台風がやってきて建築中の建物は全部倒壊してしまう。先代夫妻は自殺するしかないとまで言われたようでうが、なんとか立ち上がって施設を完成させた。規模が当初の予定より小さくなって基準面積に達さず、公的施設ではなく個人経営の老人ホームとして始まったのです。

昭和30年代、40年代は戦争の影響もあって高齢者はすごく少ない時代でした。みんなが豊かになって活気ある高度経済成長の中で、弱者のセーフティネットとなる福祉はマイナーだし、高齢者はその中でもさらに日陰の存在だった。

中村中村
森

当時の福祉施設など、お金なんて全然まわらない。措置でお金がよくなったのは平成になってからですから。それまで、お金はないですよ。先代の自慢は「うちは給料を遅らせたことがない」ってこと。福祉施設は給料が遅れるのは日常だったんです。今の授産所とか行くと、みんな最低賃金を割る金額でやっていますけど、そんな感じですね。

そうですか。社会福祉法人は全部悠々自適な金持ちの方が余剰金でやっているのだと思っていました。

中村中村

賃金が高かったのはバブル期と、バブル崩壊から数年くらい(森)

森

先代は事故によってお金が一銭もなくなって、それでも福祉施設を完成させた。極めて稀なタイプですね。社会福祉法人は、土地は全部寄付。個人の土地を法人に寄付して、自分が理事長になるから土地の保全策と思う人がいる。けど定款をよく読むと、その土地は全部国家に帰属するって書いてある。それを知って慌てて断念、みたいなのが普通ですから。

昭和30年代、40年代の社会福祉法人は、建前では資産家が地域のために貢献するという存在だった。お金はまわらないので職員は低賃金で、さらに給与遅配も常識という状況だったと。儲からない、さらに儲け意識みたいなことが必要とされない世界だったのが、どうして賃金上昇したのでしょうか。

中村中村
森

1989年にゴールドプラン(高齢者保健福祉推進10年戦略)になって、介護保険に移行するために施設を増やすという施策がとられた。だから事業者と人を集めるために儲かるようにした。儲かるから、儲かるからと人を集めて、介護保険にしてバーンと梯子を外したわけです。あのときは困っている社会福祉法人はたくさんでしたが、まあ自業自得ですね。

介護職の賃金が高かったのは、ゴールドプランから介護保険施行までの10年だけだったのですね。あるベテラン介護職から介護保険前は年収500万円を超えていたって話を聞いて、疑問だったのですがそういう背景があったわけか。知りませんでした。

中村中村
森

賃金が高かったのはバブル期と、バブル崩壊から数年くらい。当時は職員を採用できない、採用できない、の大騒ぎで、短期間でずいぶんと上がりました。私も1990年にプログラマーから移ったとき、年収は半分くらいになった。本当に福祉は賃金低いと驚きましたが、そこから1994年までの間にずいぶんと上がりました。

我々は不幸産業。大前提として、その認識があります(森)

現在の話になりますが、合掌苑は施設に活気があり、高齢者だけでなく職員にも寄り添った運営をされているという印象があります。

中村中村
森

私たちの仕事は不幸産業でしょう。高齢者にとって一番幸せって、我々と関わらないこと。好んで関わりたい人なんて誰もいない。誰が寝たきりになりたいですか、誰が認知症になりたいか、片麻痺になりたいかってことですね。我々は不幸産業といって、不幸を売り物にしている。大前提として、その認識があります。

病気をしてお世話になる病院、自立して生活できなくなって介護は同じ。誰もがそうはなりたくない。介護は1人で生活できなくなって、家族に自宅から出されたり、自宅で生活できなくなって施設に無期限で入居するわけだから、病院より不幸度は高いですね。

中村中村
森

その前提があって、私たちは何を入居者に提供しなければならないか。勘違いする施設はディズニーランドみたいな施設をつくりたい、みたいな。それは根本的に間違っていて、ディズニーランドは楽しむために行く。でも、私たちのところに楽しみたくて来る人は誰もいない。入居者の方々が一番望むことは、家に帰りたいってこと。それも現状の姿で帰るのではなく、元気になって帰りたいわけです。

特養になると家族は終身施設と思っているし、要介護3以上の人が自立になって戻ることは、まあ無理ですよね。その望みが叶うことは、ほとんどないですね。

中村中村
森

そうなると、満足まではいかないけど、まあ幸せだなと思ってもらえればいい。自分はこんな姿になってしまったけど、家も出されてこんなところに来ちゃったけど、でもこんな優しい人たちに囲まれ、こんな風にしてもらって幸せだなと。そう思ってもらえれば良いわけです。お客様に幸せだなって思ってもらうため、何が一番大切かと。間違いなく働いている職員たちが幸せと思って働いていることですよ。

理想ですが、それはそうですね。ただ仕事はツラくて大変で我慢するからお金がもらえる、そういう認識の人もたくさんいる。

中村中村
森

自分を世話してくれる介護職がツラさや大変を我慢していたら、原因は自分じゃないですか。それでは早く死んじゃいたいですよね。仕事は楽しくて、今の生活に満足しています、って人じゃないとお客様を幸せにはできない。だから働く人たちが楽しくて満足できる環境を作って、まず職員に幸せになってもらわないと入居者の方々は幸せにはなれないわけです。

職員の幸せとは、具体的に何を指しているのでしょうか。人それぞれだし、幸せという概念は極めてプライベートなこと。労働環境を整えるくらいしか思いつきません。

中村中村
森

一つは働きやすさ。でも、本当の働きやすさっていうのはない。介護って仕事が良いのは、3K職場と言われていて嫌われているけど、「でも、しか」がいない。採用に力を入れて、欲しい人材を採れているうちだからかもしれませんが、「介護でもやるか」とか、「介護しかできない」って人たちが少ない。みなさん、人の世話がしたい方々で、新卒入職の若い子たちはまさにそうです。

震災以降の若者を中心に「社会貢献したい」という人が増えました。40代半ばの僕たちの世代もそうでしたが、もう少し上の森さんの世代は、たぶんもっとそんな意識はなかったはず。

中村中村
森

給料が安いか高いか、それしか考えてないですよ。だから今の若い子たちは偉いと思います。でも「人の役に立たない仕事ってあると思う?」って、彼らに聞きます。ないですよ。どんな仕事しても人の役に立つ。ただ、人の役に立ち方が違う。今、介護に来る若い子たちは“この人にこう役に立って、こう喜んでもらいたい”と肌で感じたいってことなんです。

なるほど。福祉マインドがある職員が描く職場に、法人をあげて近づけるってことですね。全員が楽しいとはならないですが、そう思う人が増えて離職は減ります。後編は合掌苑のもっと具体的な採用、マネジメント、取り組みを教えてください。

中村中村
介護対談一覧に戻る