うめ

みんなの介護求人から応募すると最大10万円の採用お祝い金

こんぶ

木曜和田劇場

「木曜和田劇場~介護の常識を疑え~」は、自立支援のカリスマこと介護福祉士の和田行男氏が、介護のあり方や理想の認知症ケアについてなど、ざっくばらんに語る動画コンテンツ。「注文をまちがえる料理店」の“こぼれ話”もあります!

認知症でも人権が保障された人として最期まで生きる
第24回

認知症でも人権が保障された人として最期まで生きる

「認知症になったからといって、人であることに変わりはない」介護のプロフェッショナルとして和田行男が繰り返し口にするこの言葉の根底には、「人間の尊厳を守る」という... 続きを読む
人命がかかる介護の仕事だからこそ、「できない」と言える勇気を持つ
第23回

人命がかかる介護の仕事だからこそ、「できない」と言える勇気を持つ

介護職というのは「人命がかかる仕事だ」――。1987年に国鉄の電車修理工から介護の世界へ転身した和田は、特養の就職試験で、介護の仕事がいったいどのようなものであ... 続きを読む
新卒者に学ぶ、介護現場での“知恵”の生かし方
第22回

新卒者に学ぶ、介護現場での“知恵”の生かし方

「認知症の方の生活を支える」とはいったいどういうことを意味するのか。このテーマのもと、プロの介護職を対象として、2020年11月にいばらき中央福祉専門学校で行わ... 続きを読む
人間にとって大事なことは何か?行為の“本来の目的”を考える
第21回

人間にとって大事なことは何か?行為の“本来の目的”を考える

認知症から起こるさまざまな生活の問題に、戸惑い悩む家族は少なくない。トイレ以外の場所で排泄してしまう、ご飯を手でつかんで食べる…といったことは、肉親であればなお... 続きを読む
“周り”が変われば認知症の方の生きる姿が変わる
第20回

“周り”が変われば認知症の方の生きる姿が変わる

介護予防のための教室や健康トレーニングなどが数多く開かれている、東京都港区立介護予防総合センター ラクっちゃ。そこで「共生」をテーマに行われた和田の公開講座は、... 続きを読む
認知症の方が生きていくためには強い覚悟を持った社会が必要
第19回

認知症の方が生きていくためには強い覚悟を持った社会が必要

認知症に関する正しい知識を深めるため、東京都昭島市では11月を「認知症月間」とし、さまざまな催しを行っている。その中の1つとして行われた「認知症の見守り体験」。... 続きを読む
利用者の方が「主人公」として生きるために、支援する
第18回

利用者の方が「主人公」として生きるために、支援する

小平市で行われたグループホーム管理者の集いで、和田は講師としてグループホームの可能性について語った。 和田の話の後、管理者同士でのディスカッションと意見発表で... 続きを読む
本人の意思を叶えるために“人として”かかわる
第17回

本人の意思を叶えるために“人として”かかわる

子どもをめぐるさまざまな環境について追究する、白梅学園大学子ども学部の学生たちを前に、和田は「介護士や保育士といった、人と生活を共にする仕事では、“その人の変化... 続きを読む
“わけ”を見つけに行くことができる人を、専門職と言う
第16回

“わけ”を見つけに行くことができる人を、専門職と言う

「自分がおかしいと思うことにも必ず“わけ”がある」東京都小平市にある白梅学園大学で行われた特別授業で、和田は繰り返しこの言葉を口にした。 今回は、素人と専門職... 続きを読む
最期に誰の名前を呼ぶのか。今の人間関係が認知症予防につながる
第15回

最期に誰の名前を呼ぶのか。今の人間関係が認知症予防につながる

認知症について考えるとき、人々はなってからのことだけを考えてしまいがちだ。しかし、先のことではなく、まず“今”の人間関係を大切にすることが、認知症を予防する上で... 続きを読む
家族の認知症とは、他人の関係で付き合う
第14回

家族の認知症とは、他人の関係で付き合う

認知症になられた方を支える家族は、「できないこと」をなんとかしようとするあまり、そのことばかりに気を取られてしまうことがある。そんな悩みに対して和田は、できるこ... 続きを読む
認知症を受け入れる文化を持てば、暮らしは治せる
第13回

認知症を受け入れる文化を持てば、暮らしは治せる

2019年現在、高齢化率が40%を超える庄原市。介護福祉士の和田行男は毎年、市民に認知症への理解を深めてもらうため、この地を訪れている。 同市の市民会館大ホー... 続きを読む
福祉とは人々が幸福に暮らす生活環境
第12回

福祉とは人々が幸福に暮らす生活環境

グループホーム立ち上げ当時、和田は自身の信じる介護の形を実現するために「福祉の意味」について自問していた。 そのなかで「相互扶助による幸福な生活環境」こそ、人... 続きを読む
介護施設での暮らしは地域住民の理解なしには成り立たない
第11回

介護施設での暮らしは地域住民の理解なしには成り立たない

地域で支え合う介護を目指すなかで重要な存在となる“地域住民”。 介護施設の設立に対して強い反発があった時代を知る和田は、その変化に世の中の進歩を感じている。 ... 続きを読む
グループホームとはなにか、語れますか?
第10回

グループホームとはなにか、語れますか?

これまで介護の第一線を常にリードし続けてきた和田行男が、認知症になられた方が一番生活しやすい仕組みになっていると力を入れるのが認知症対応型共同生活介護、通称グル... 続きを読む
認知症によって起こったズレは誰が“含むべき”ですか?
第9回

認知症によって起こったズレは誰が“含むべき”ですか?

認知症という状態から起こる、いわゆる“幻覚症状”。それが見えない、聞こえない状態にある周りの人との間に生じる“ズレ”が、両者の距離を遠くしてしまう。 この... 続きを読む
介護職はリハビリテーション師。治すんじゃない、助けるんです
第8回

介護職はリハビリテーション師。治すんじゃない、助けるんです

介護の現場でも特に重要視されることが多いリハビリテーション。その”リハビリ”という言葉の使われ方が誤っていると和田は警鐘を鳴らす。 介護職を「人々が幸福に... 続きを読む
「共属感情」を持たない地域で“支え合い”なんて無理な話や
第7回

「共属感情」を持たない地域で“支え合い”なんて無理な話や

「地域での支え合い」を合言葉にした施策が重要視される現在、和田行男は介護保険制度によって作られた「制度上の地域」に対して疑問の念を隠さない。 「地域とは、... 続きを読む
高齢者とわかっていてもその行動をとがめてしまう自分、いませんか?
第6回

高齢者とわかっていてもその行動をとがめてしまう自分、いませんか?

注文をまちがえる料理店の理事長を務める和田行男にも、日々、高齢者と接するなかで自分自身に嫌気がさす瞬間があるという。 “人はそんなに善人ではいられない”と告白... 続きを読む
認知症の方の介護に必要なのは“何が起こってもしょうがない”という覚悟
第5回

認知症の方の介護に必要なのは“何が起こってもしょうがない”という覚悟

倉敷市、茶屋町在宅診療所の亀山有香院長は、認知症の方と障害者に共通する“社会との壁”の存在を指摘する。 ハンディがある人たちを家にいさせてあげるために私たちが... 続きを読む
プロの介護職の前では認知症は“減る”こともある
第4回

プロの介護職の前では認知症は“減る”こともある

疾患にかからないようにすることに加え、認知症予防にはもうひとつの方法があるという。 介護福祉士として和田行男は日々、その方法を追求することに余念がない。 プ... 続きを読む
“帰宅欲求で帰る”なんて誰も思っていない
第3回

“帰宅欲求で帰る”なんて誰も思っていない

認知症の方が家に帰りたいと言ったとき、決まって行われるのが帰宅欲求という”診断”。この現状を和田は、“そんな四字熟語は学校では習わない”とし、一蹴する。 その... 続きを読む
今の介護現場は人としての暮らしを奪っている
第2回

今の介護現場は人としての暮らしを奪っている

介護現場は動物園だ――そう和田が表現するのは、人として生きる能力があるにもかかわらず、それを発揮する場所がない介護現場の実情を危惧してのこと。 その現状を... 続きを読む
介護職はかかわりすぎるからダメなんです
第1回

介護職はかかわりすぎるからダメなんです

2018年7月29日、愛知県豊田市で行われた「世界一やさしいレストラン」のミーティング。 その特別ゲストとして招かれた和田行男は、自身が代表を務める「... 続きを読む
和田 行男

和田 行男

高知県出身。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ転身し、特別養護老人ホームなどを経験。99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は 大起エンゼルヘルプ でグループホーム・デイサービス・小規模多機能ホームなどを統括。著書にはベストセラーの『大逆転の痴呆ケア』を持ち、TVでは『プロフェッショナル仕事の流儀』(NHK)にも出演。また、現在世界的に注目される『 注文をまちがえる料理店 』の代表理事を務める。