みんなの介護求人から応募すると最大10万円の採用お祝い金

介護ドライバーの給料を職場や雇用形態、都道府県ごとに徹底解説!

更新

介護ドライバーの給料のイメージイラスト

介護ドライバーの給料をみんなの介護求人の求人情報を見ながら詳しく解説していきます。

年齢別の給料の違い、雇用形態別、働く施設ごとの平均給料の違いも紹介。比較しながら介護ドライバーの給料の実態に迫ります。

気になる給料アップのための方法も紹介していきます。

介護ドライバーの給料相場(平均値)

介護職員との給料差

介護ドライバーは介護施設で働きますが、車の運転免許があれば介護ドライバーとして働くことができます。

ただ、給料相場は介護福祉士や介護職員初任者研修修了者、介護福祉士実務者研修修了者といった介護資格で勤務する介護職員とほぼ同じレベルかやや下回る水準になっています。

介護ドライバーのみに絞ったものではありませんが、介護職員全体の平均給与を年齢別、男女別に表したものが下の表になります。

年齢 男性 女性
29歳以下 28.6万円 27.4万円
30~39歳 32.5万円 29.2万円
40~49歳 34.3万円 29.8万円
50~59歳 31.4万円 30.0万円
60歳以上 27.1万円 27.2万円
出典:「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」(厚生労働省) 時点

20代で男性28.6万円、女性27.4万円、30代で男性32.5万円、女性29.2万円。40代に入ると男性34.3万円、女性29.8万円。50代では男性31.4万円、女性30.2万円となっていて、年齢が上がっていくと平均給与もアップしていくのがわかります。

こちらの表をグラフにすると下のようになります。

介護職員の年齢別、男女別の平均給与

出典:「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」(厚生労働省)を基に作成 時点

給与の年齢別のピークは男性は40代で34.3万円。女性は50代で30万円でした。男女の金額の違いは、男性の方が管理職や経営陣として活躍する割合が多いからではないかと推測できます。

介護ドライバーは時間給のパートで働く場合も多く、全体的な給料相場は介護職員全体の金額よりは低くなることが考えられます。

雇用形態別の収入一覧表

下の表は介護ドライバーの雇用形態別の収入相場を表したものになります。

     
正社員 18〜22万円/月
契約社員 13~17万円/月
パート、アルバイト 900~1,050円/時

正社員だと月給18〜22万円、契約社員は月給13~17万円、パート、アルバイトだと時給900~1,050円が概ねの給料相場となります。

正社員

正社員として働く介護ドライバーのイメージイラスト

みんなの介護求人を見ると、全国各地のさまざまな介護施設でドライバーを募集しています。正社員は安定した収入が見込める働き方です。

ボーナスや福利厚生も用意されていたり、残業がほぼないケースが大半なので、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

具体的な求人情報では、例えば東京都のある特別養護老人ホームの介護タクシーや介護ドライバーの常勤職員は月給15.8万円。年齢不問でボーナスもあって、残業はほぼないのがメリットです。

また、和歌山県の訪問介護施設では、管理業務の補助ができる正社員を募集しています。事務処理や書類作成のほか、訪問介護で実際にケアするほか、利用者の送迎業務も担当。未経験可で月給は15.5万円です。

このほか、東京都や栃木県、兵庫県の送迎ドライバーの求人情報を見ても、月給は18〜22万円程度が相場となっています。

契約社員

契約社員は正社員に比べると雇用は不安定ですが、残業が少なく自由な時間を確保しやすいなどのメリットがある働き方です。

ボーナスはないケースが大半ですが、通勤手当がある、週休2日以上の休みが取れるなど、ワークスタイルとして人気があります。

みんなの介護求人で検索すると、例えば神奈川県のあるデイサービスでは、介護タクシー・ドライバーを時給1,011円で募集しています。年齢や学歴不問で未経験も可。60代歓迎なので、定年後に就業する人も少なくありません。

また、鹿児島県の社会福祉法人が運営するデイサービスの月給は13.8〜21.4万円。和歌山県のある施設では月給16.5〜17.6万円といった求人も見受けられます。

概ね月給13~17万円程度が契約社員の介護ドライバーの給料相場といえるでしょう。

パート、アルバイト

パート、アルバイトの介護ドライバーの求人情報を確認すると、週1日や2日から働けて残業もほとんどなく、年齢不問の施設が多い状況です。

時給で働いた分だけ給料がもらえるシンプルなワークスタイルで、デイサービスのほか訪問介護やサービス付き高齢者住宅、有料老人ホームなどでの送迎を担当します。

みんなの介護求人で検索すると、例えば千葉県のサービス付き高齢者住宅は時給930円〜。神奈川県のケアハウスは時給1,040円で募集しています。

また、東京都の大手介護サービス会社が運営する介護付き有料老人ホームや住宅型老人ホームでは、時給約1,010〜1,020円前後の募集が目立ちます。

概ね時給の相場は900~1,050円程度が相場といえそうです。地方の場合だと、時給900円台の求人募集が多くなる傾向があり、地域による時給の金額差にも注意しましょう。

都道府県ごとの平均給与額

給料が高いのは東京

地域別の介護職員の収入を見比べて、介護ドライバーの地域による賃金の違いをイメージしていきましょう。

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」で介護職員の月額給与を見ると、1位は東京都で28.2万円。東京都や周辺の千葉県、埼玉県、神奈川県など首都圏は物価も高く、高い給与待遇の求人募集が集まっています。

みんなの介護求人で東京都の介護ドライバーの求人を検索すると、パートやアルバイトなら時給1,000円前後が相場です。

大手介護会社になると、社会保険完備で研修制度もあって、介護職員になるための資格取得支援制度も充実。パートタイマーで働きながらキャリアアップが目指せます。

また、正社員として働く場合、東京都の月給相場は約16〜20万円程度となっています。

給料が安いのは青森

介護職員の給料を都道府県別で比較すると、最下位の47位は青森県で月額給与は19.4万円。地方に行くと、介護福祉士等を含めた資格取得者でも20万円を切る水準となってきます。

みんなの介護求人で実際の青森県の求人情報を見ると、パートやアルバイト、契約社員の時給は800円〜1,000円前後が相場です。また、正社員の募集案件では月給は13〜15万円程度となります。

トップの東京都に比べると、時給で200円〜300円ほど低く、月給になると3〜5万円程度は開きがあるのがわかります。

地方は物価や家賃が安く、生活しやすいといわれますが、もともとの給与ベースが低めなので、収入と生活費とのバランスをチェックする必要があるでしょう。

老人ホームの種別ごとの平均給与額

有料老人ホーム

高齢者が集団生活を安心して送れる介護施設の一つが有料老人ホームです。民間企業が運営していて、施設によってサービスの特色も利用料もかなり多彩なのが特徴となっています。

有料老人ホームの介護ドライバーの場合、みんなの介護求人を見ると、東京都のある施設では送迎業務以外の施設管理全般を行って月給24.5〜28万円となっています。

埼玉県のある介護施設では、送迎や入居者のサポートなども含めて月給16.5万円です。また、北海道のある介護付き有料老人ホームでは、施設設備の維持管理や入居者の外出時のドライバーやデイサービスの送迎を含めて月給14.2万円で募集しています。

このほか、群馬県のある施設では、月給17.6〜26.3万円のように、経験年数やキャリアに応じて月給25万円を超える可能性もあります。

デイサービス、デイケア

デイサービス、デイケアで働く介護ドライバーのイメージイラスト

デイサービスやデイケアの利用者を朝夕送迎するのが主な仕事です。施設によっては施設管理や介護の補助に入るところもあります。

みんなの介護求人を見ると、デイサービスの介護ドライバーの場合の時給は800円前後から。高いところでは時給1,100円を超える施設も少なくありません。

また、正社員で働く場合の月額給与の目安は16〜20万円程度。例えば、福島県では機能訓練指導員の業務も含めて月給22〜24万円です。

また、送迎業務が中心の青森県にある老人保健施設の介護ドライバー募集では月給15.1〜16.6万円で募集しています。

さらに、茨城県のデイサービスセンターでは、入浴介助や食事介助、排泄介助などの身体介助も含めた求人募集で月給19〜26.5万円となっています。

このようにデイサービスやデイケアでは、介護や介護補助、施設維持管理まで業務を任されるかどうかによって、給料相場も大きく差が出るのがポイントです。

ショートステイ

1泊単位で高齢者が安心してゆっくりと宿泊できるショートステイ。特別養護老人ホームやデイサービスセンターが併設しているケースが多く、パートやアルバイトの場合は空いた時間で働きやすい介護施設です。

みんなの介護求人でショートステイの介護ドライバーを検索すると、京都府のある施設では時給900〜950円。千葉県のショートステイでは時給950円〜1,050円。愛知県のショートステイの求人情報では930円などとなっています。

一方、正社員募集の求人案件によると、ショートステイの利用者の送迎をはじめ利用者の自宅や病院などへの送迎も含まれている場合、月給は16.3〜27.1万円でした。

小規模多機能型居宅介護

さまざまな介護サービスを提供する複合型の介護事業所でも介護ドライバーを募集しています。時給で働く場合、相場は900円〜1,000円程度といえそうです。

例えば、神奈川県や大阪府のある施設では時給1,010円〜。岡山県のある小規模多機能型居宅介護では時給850円〜950円で募集中です。

800円台で募集している施設もあるなど、地域差や施設規模による給与の違いも求人サイトでチェックしておきましょう。

また、正社員募集では千葉県のある施設の例で月給23.1万円。福岡県のある事業所は月給15.5〜16.5円、北海道では月給15〜18万円で募集しています。

どちらかというとパートやアルバイトでスキマ時間に入れる募集が目立つのが特徴です。

特別養護老人ホーム

所得制限が比較的緩く、さまざまな入居者が集まる特別養護老人ホーム。常勤ドライバーや非常勤ドライバーのニーズが高く、全国的に求人募集している施設を多く見かけます。

例えば、愛知県のある特別養護老人ホームでは、入居者の送迎ドライバーと家事支援の業務を担当するパート職員を時給930円で募集しています。また、東京都のある施設でも時給932円とほぼ同額での募集です。

時給で働く場合、特別養護老人ホームの給料相場は900円〜1,000円程度が目安となっています。

一方で、正社員で常勤ドライバー募集の施設を見ると、例えば東京都のある施設では月給15.8万円での募集。埼玉県では月給16.5万円の施設もあります。

また、東京都の山間部の特別養護老人ホームでは、事務作業全般を含めて担当する職員を募集していて、月給18.4〜20.8万円です。

介護ドライバーが給料を上げる方法って?

資格を取得して介護職員として働く

介護ドライバーの資格取得のイメージイラスト

介護ドライバーは介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格が必要ないため、誰でも就職しやすいのがメリットです。

しかし、その分資格手当がつかず、介護現場でできる業務も限られるため、時給や月給は低めの傾向があります。

そこで、介護関連の資格を目指すと、介護ドライバー以外の道が開けます。特におすすめなのは介護福祉士です。

介護職員初任者研修、実務者研修を目指して介護施設で働けば、研修を受講しながら比較的スムーズに介護福祉士の資格取得が可能。国家資格のため、資格手当もつきますし、身体介助などで現場の中心的な役割も担当できます。

職場のリーダー的立場になったり、施設管理者になれる可能性も生まれてきます。介護ドライバーのまま働くより、給料アップが見込めるでしょう。

給料、手当、福利厚生が充実している施設に転職する

介護ドライバーの就業先はさまざまな介護施設がありますが、多くの場合デイサービスやデイケアなどに集中しています。

というのも、デイサービスはまとまった人数の利用者を自宅から施設、施設から自宅へと車やマイクロバスで送迎する業務が伴うため、どの施設もニーズが高いのです。

デイサービスで働く介護ドライバーの1日は、まず朝、利用者宅を一軒ずつ事業所の車で回ってピックアップしていきます。無事施設まで送り届けると、夕方に再び車に乗って施設から利用者を自宅まで安全に送り届けるという流れです。

常勤の正社員の場合は日中の空いた時間で事務作業や施設の管理作業を行います。また、アルバイトやパートの場合は、日中まで待機して、朝と夕方だけ出勤するケースが一般的です。

日本の高齢化率の上昇とともに、日中を安心して過ごせるデイサービス、機能回復に大切なデイケアのニーズが高まっています。

介護保険を通してデイサービスを利用する高齢者は3人に1人にもなっていて、今後も利用者の増加が見込まれています。

自宅で過ごす利用者をデイサービスセンターまで送迎する必要がある介護サービスなので、デイサービスやデイケアの介護ドライバーのニーズは安定していて、将来性も十分に高い職業だといえるでしょう。