介護業界への転職ならみんなの介護求人

介護の資格・職種とは?それぞれの仕事内容を解説

介護についての資格・職種一覧についてのイメージイラスト

実際の介護現場で「介護する人」の中には、さまざまな資格を持つ人や職種の人が連携して支援を行っています。

それぞれの人が、それぞれの役割を果たすことで、介護を必要とする人に適切な介護サービスを提供することができるのです。

この記事では、介護の世界にはどんな資格や職種があって、どうすれば資格を取得できるのか、また、どういった業務を担当する職種かを解説します。

介護現場で働くために役立つ「資格」と「職種」一覧

介護の現場で役立つ資格についてのイメージイラスト

介護業務にはどういった「資格」や「職種」があるのか解説していきます。

介護の現場で働きたいなら、介護の資格を持っていると有利に就職ができて、より活躍できます

仕事内容によっては、必要な資格の種類や無資格で働ける職種もあるので、自分に合ったものを選びましょう。

ちなみに、介護業界の入門資格といわれている「介護職員初任者研修」からスタートして経験と学習を積みながら、「介護福祉士」や「介護支援専門員(ケアマネジャー)」にチャレンジしていくと、スムーズにキャリアアップを図ることができます。

介護福祉士

国家資格の介護福祉士は、要介護者に対して身体介護や生活援助を行います。

介護職員の中でも、より専門的な仕事を行う人と位置づけられています。

ちなみに、実際に介護を行うだけでなく、在宅介護にまつわる相談に対してアドバイスをすることも少なくありません。

資格を取得する方法は、学校や養成施設を卒業して一定の経験を積む方法と、介護福祉士国家資格に合格する方法の2種類があります。

詳しい業務内容や介護福祉士になるためのルートについて知りたい方は、「介護福祉士とは?受験資格から試験内容、就職先を解説」をご覧ください。

認定介護福祉士

認定介護福祉士とは、2015年に介護福祉士のキャリアアップと介護の質をさらに高めることを目的として設置された資格です。

医療やリハビリなどの知識やスキルの獲得が求められます。

認定介護福祉士の支援活動やマネジメントによって、利用者のQOLの向上、医療介護連携、地域包括ケアの構築や推進など、超高齢社会で高まる複雑なニーズへの対応が期待されています。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護現場で働くために必要な基礎的な知識やスキルを身につけていることを示す、介護資格の第一歩と呼べるものです。1ヵ月程度で取得可能な短期集中型の資格で、各地方自治体が指定する講座を受講して、修了試験に合格すると取得できます。

未経験で介護業界にチャレンジしようと思っている人でも、介護職員初任者研修をパスしていれば、採用試験の選考や実際に働き始めてからの待遇で有利になります。

「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とは?その内容とかかる費用、就職先を解説」では、ヘルパー2級との違いや講座受講料、給料などを紹介しています。

介護の資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

介護福祉士実務者研修

介護の現場で役立つ資格についてのイメージイラスト

介護福祉士実務者研修は、介護職員初任者研修からさらにステップアップするための資格です。サービス提供責任者という役職を任せられる資格に当たります。

この資格を取得するための学習課程で、医療的ケアやたんの吸引といった、実際の介護現場で求められる高度な技術が身につきます。

介護福祉士実務者研修は、一般の介護職員から国家資格の介護福祉士になるためにも必ず取得しておかなければいけない資格です。

介護福祉実務者研修の資格を取得する方法は「介護福祉士実務者研修(旧ホームヘルパー1級)とは?その内容とかかる費用、就職先を解説」をご覧ください。

看護師

看護師は国家資格で、正看護師とも呼ばれることもあります。

病院やクリニック、介護施設、学校、企業などで活躍しており、また最近は個人宅に直接訪問して看護を行う訪問看護も増えています。

仕事内容は、主に医師の指示に従って患者の診察や治療をサポートしたり、看護を行うことです。

看護師になるためには、養成学校を卒業後、国家試験に合格する必要があります。

「看護師とは?受験資格から合格率、仕事内容を解説」では、准看護師との違いや看護師を目指すためのルートを紹介しています。修学年限など、自分にあった学校を選びましょう。

社会福祉士

社会福祉士は国家資格で、その仕事内容は、福祉サービスが必要な人からさまざまな相談を受けて、アドバイスをしたり、病院や保健施設などの関係機関との連携を図ったりすることです。

日常生活の支援が必要な高齢者や障がい者、子どもや生活保護受給者などをサポートします。

社会福祉士になるには、養成施設を卒業後に国家資格を受験するルートが一般的です。

一般大学の卒業者でも、養成講座や実習を経て受験資格を取得することができます。

国家資格受験までのルートと併せて、社会福祉士の業務や就職先について知りたい方は「社会福祉士とは?受験資格から試験内容、就職先を解説」をご覧ください。

理学療法士

介護の現場で役立つ資格についてのイメージイラスト

理学療法士は国家資格で、介護や医療の現場ではPT(英語名Physical Therapistの略)と呼ばれることもあります。

病気や怪我による障がいを持つ人が自立した日常生活を送れるように、座る・立つ・歩くといった基本的な動作の回復や維持を助けたり、運動療法や物理療法で症状や体調のサポートを行ったりするのが理学療法士の役割です。

理学療法士は、リハビリテーションを必要とする患者のいる病院やクリニックのほか、老人ホームなどの介護施設で活躍しています。

「理学療法士とは?受験資格から合格率、仕事内容を解説」では、そもそも「理学療法」とは何か、受験資格を取得するためのルートなどを紹介しています。

本格的に理学療法士を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

作業療法士

作業療法士は国家資格で、介護や医療の現場ではOT(英語名Occupational Therapistの略)と呼ばれることもあります。

作業療法士の仕事は、身体面や精神面で障がいを持つ人や病気や怪我で障がいを持った人が、日常生活のさまざまな「作業」を自立して行えるようにサポートすることです。

なお、「作業」とは、日常生活で必要な着替えや排泄、入浴や家事からコミュニティ活動まで、暮らし全体で行う営みを指します。

具体的な支援としては、家事訓練や体操などのレクリエーション活動を利用者と行います。

理学療法士との違いや作業療法士になる方法、給料について知りたい方は「作業療法士とは?受験資格から合格率、仕事内容を解説」をご覧ください。

視能訓練士

視能訓練士は国家資格で、目の健康を守る手伝いをする資格です。

眼科の視機能検査で、近視や乱視、遠視をはじめ、白内障や緑内障に関する検査を行ったり、眼科医が眼鏡やコンタクトを処方する際に必要なデータを検査したりする役割を担っています。

また、斜視や弱視の機能回復訓練、加齢や生活習慣病などによって視力が低下した人へのリハビリ指導など、目に関する幅広い分野で活躍しています。

視能訓練士になるには、専門の養成施設を卒業して国家資格の合格を目指す方法が一般的です。

詳しい業務内容や就職先などは「視能訓練士とは?受験資格から合格率、仕事内容を解説」の中で紹介しています。

言語療法士

言語療法士は国家資格で、介護や医療の現場ではST(英語名Speech Therapistの略)と呼ばれることもあります。

仕事内容は、言語や聴覚に障がいを持つ人がコミュニケーションを取りやすくなるよう訓練を通してサポートしたり、脳血管障がいなどによって言語能力や表現能力が落ちた人に対し機能の改善・維持をできるよう取り組むことです。

最近では、構音障がいや吃音(きつおん)、嚥下(えんげ)障がいの改善を中心にリハビリテーションを実施することが多くなっています。

言語療法士になるには、学校や養成施設を卒業後、国家試験に合格するルートが一般的です。

「言語聴覚士とは?受験資格から合格率、仕事内容を解説」では最新の試験情報や給与なども解説。

言語療法士を目指している人はぜひ一読ください。

管理栄養士

管理栄養士は国家資格で、健康な人の食事の栄養指導や栄養管理に携わる人が取得する資格です。

管理栄養士は栄養士の上位資格で、栄養士は健康な人のみを対象に栄養指導や栄養管理を行うのに対して、管理栄養士は病気の人も対象に栄養指導や栄養管理を行います。

管理栄養士は、病院などの医療機関や老人ホームなどの介護施設、学校や企業、スポーツジムなど、さまざまな場所で活躍することが可能です。

仕事内容や国家試験受験までのルートについては「管理栄養士とは?受験資格から合格率、就職先を解説」で紹介しています。

准看護師

准看護師は、都道府県の資格で、養成学校を2年間もしくは3年間勉強して試験に合格すると取得できる資格です。

インドネシア、フィリピン、ベトナムなどの外国人看護師の候補者は、厚生労働大臣の認定を受けると受験資格が認められます。

仕事内容は、医師や看護師の指示のもと、病気の人や怪我を負った人の看護業務を行うことです。

ちなみに、国内では准看護師の養成施設や採用が減少していること、看護師に転向する人が増えていることなどから、全体的な人数は減少傾向にあります。

看護師との違いや就職先について詳しく知りたい方は 「准看護師とは?受験資格から合格率、仕事内容を解説」をご覧ください。

精神保健福祉士

介護の現場で役立つ資格についてのイメージイラスト

精神保健福祉士とは、精神障がい者が直面している生活・社会問題を解決し、ご本人が社会参加できるように支援活動を行うソーシャルワーカーのことです。

日本では1997年に国家資格として創設され、資格取得後は精神保健福祉領域で活動します。

ハラスメントや虐待など「心の病」の原因となる問題が多発する現代は、まさに高ストレス社会です。

医療分野・保健分野・福祉分野にまたがって活動する精神保健福祉士の役割は、近年さらに重要性を増しています。

柔道整復師

柔道整復師は、接骨院や整骨院を開業するために必要な国家資格です。

骨折や脱臼、打撲やねんざといった整形外科領域の怪我を扱います。

包帯やテープで患部を固定するほか、ストレッチや筋力トレーニング、物理療法などを組み合わせて、症状の改善や機能の維持に取り組むのです。

柔道整復師は接骨院や整骨院に勤務や開業をして活躍するほか、病院やクリニック、介護施設で働く場合もあります。

柔道整復師になるには、専門の学校や養成施設を卒業後、国家試験に合格しなければなりません。

「柔道整復師とは?試験内容から合格率、仕事内容を解説」では国家試験の受験資格を取得する方法や給料について紹介しています。

柔道整復師に興味がある方は参考にしてみてください。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護保険の利用者に対して、介護プラン(ケアプラン)の立案や、介護施設および関係機関との調整を行います。

介護保険制度や介護サービス事業者との契約などの専門的な知識に基づいて、利用者とその家族を全面的にサポートする重要な職種です。

なお、ケアマネジャーになるには、「介護支援専門員実務研修受講試験」の合格が必須条件です。

仕事内容の詳細やケアマネジャーに求められる要件については「ケアマネジャーとは?受験資格から試験内容、就職先を解説」の中で紹介しています。

介護士(ヘルパー)

介護士(ヘルパー)の活躍する場はとても多く、個人宅に訪問して家事や介助など日常生活の支援を行う訪問介護事業所をはじめ、デイサービスや老人ホームなどの介護施設や病院などがあります。

特に訪問介護のニーズは高く、掃除や調理、入浴介助から買い物や通院介助まで、利用者の希望に合わせた介護を行います。

また、病院では食事の配膳や食事の介助、ベッドメイキングなど、看護補助の役割を担います。

ちなみに、介護士は資格がなくても働ける職種です。

ただし、介護職員初任者研修を修了していると採用や勤務で有利です。

栄養士

介護の現場で役立つ資格についてのイメージイラスト

栄養士は、企業や学校、病院、介護施設などさまざまな場所で、栄養指導の視点から給食のメニュー作成や調理に携わる資格です。

都道府県知事から免許を受ける必要があり、資格を持つ人以外は栄養士として働くことができません。

給食の現場では、カロリーや栄養バランスを考えたヘルシーなメニューを考えて、利用者の健康を食からサポートします。

最近は、クリニックやスポーツジムに所属して、患者や利用者の栄養指導を行う人も増えています。

栄養士の詳しい仕事内容や平均給与、就職先については「栄養士とは?受験資格から仕事内容、就職先を解説」をご覧ください。

生活相談員

生活相談員は、高齢者や障がい者などの自立を支援して、生活を安心して送るためのアドバイスをする仕事です。

老人ホームやデイサービスなどには配置義務があるため、必ず生活相談員が在籍しています。

生活相談員の業務は、利用者とケアマネジャーとの連携を図ったり、施設の入所や退所に関する手続きを行ったり、ケアプランや相談業務など幅広く行うことが特徴です。

生活相談員になるための資格条件は各都道府県により異なり、多くの施設では社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事任用(県によっては介護福祉士・ケアマネジャーも該当)の資格を主な条件としています。

詳しい資格内容や平均給与については「生活相談員とは?必要な資格や仕事内容を解説」の中で解説しています。

機能訓練指導員

機能訓練指導員は、デイサービスや特別養護老人ホームで1人以上配置義務が定められている、重要な仕事です。

リハビリが必要な利用者に対して、歩行訓練や筋力トレーニング、レクリエーションを実施することで、日常生活で求められる心身機能の改善を図り、体力の維持を目指します

機能訓練指導員として働くことができる資格は、以下の通りです。

機能訓練指導員として働ける資格

  • 看護師
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 柔道整復師

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は国家資格で、手や足を使って体の不調を感じている患者の体を直接なでる、揉む、押す、さするといった動作で症状改善を目指します

あん摩や指圧は東洋医学、マッサージは西洋医学に由来する代替医療(=通常医療の代わりに用いる医療)です。

血行を促進して自然治癒力を高め、体調を整えます。

あん摩マッサージ指圧師になるためには、養成施設を卒業して国家試験に合格しなければなりません。

詳しい仕事内容や整体師との違い、国家試験の受験資格を得られるルートについては「あん摩マッサージ指圧師とは?資格の取得方法から試験内容、就職先を解説」で確認してみましょう。

サービス提供責任者

サービス提供責任者(サ責)は、訪問介護事業所で活躍しています。

主な仕事内容は、利用者とケアマネジャーやヘルパーとの調整役を担って、本人や家族からの相談を受けつけることです。

また、事業者が提供する介護サービスについて、利用者・家族・ヘルパー・ケアマネなどが集まって話し合う「サービス担当者会議」の中心メンバーとして、ケアマネジャーと連携を図ります。

また、訪問介護計画書やサービス提供手順書など、現場で実施する介護サービスの具体的なプランを考えることも少なくありません。

このほか、ヘルパーをサポートしたり、介護技術をアドバイスしたりといった後方支援の仕事も行っています。

サービス提供責任者になることができるのは、介護福祉士や介護福祉士実務者研修の修了者、旧ホームヘルパー1級課程の修了者です。

サービス提供責任者に関してさらに詳しく知りたい方は「サービス提供責任者とは?必要な資格や仕事内容を解説」をご覧ください。

訪問介護員(ホームヘルパー)

介護の現場で役立つ資格についてのイメージイラスト

訪問介護員(ホームヘルパー)は、訪問介護を担当するスタッフです。

仕事内容は、在宅介護が必要な利用者宅を訪問して、掃除や調理、洗濯などの家事や、入浴や排泄といった身体介助など、介護全般を行います。

訪問介護員になるには、介護職員初任者研修を修了している必要があります。

研修は講義と実技に分かれており、都道府県単位で民間の養成施設や自治体が定期的に開催しています。

鍼灸師

鍼灸師(しんきゅうし)は国家資格で、東洋医学の知識を活かして、全身にあるツボを鍼(はり)や灸(きゅう)で刺激して治療します。

なお、国家資格では「はり師」と「きゅう師」に分かれていますが、セットで取得するケースが多いので一般的に鍼灸師と呼ばれています。

鍼灸治療は、肩こりや腰痛、神経痛といった筋肉や関節の不調をはじめ、自律神経やホルモンバランスに働きかけて、心身の自然治癒力をアップさせるのが特徴です。

鍼灸師になるには専門の養成課程のある学校で学び、国家試験に合格する必要があります。

受験資格を得るためのルートや試験内容、給料については、「鍼灸師とは?資格の取得方法から合格率、就職先を解説」の中で詳しく説明しています。

鍼灸師を検討している方はぜひ参考にしてください。

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員は、介護保険制度に基づいて指定を受けた「福祉用具貸与・販売事業所」に、2名以上配置することが義務化されている専門職です。

介護保険サービスを提供するほかの専門職と連携して、要介護認定を受けた高齢者が自立に向けた生活を送れるように、福祉用具の面でサポートを行います。

主な業務は、福祉用具の選定相談、福祉用具の利用法に関する計画立案、福祉用具の調整、定期的な訪問による福祉用具の点検・使用状況の確認などです。

「福祉用具専門相談員とは?必要な資格や仕事内容を解説」では、福祉用具専門相談員になるための方法や給与、就職先について紹介しています。

介護予防運動指導員

介護の現場で役立つ資格についてのイメージイラスト

介護予防運動指導員は、介護予防プログラムの作成や運動指導などを通して、高齢者が自立した生活を送れるようサポートを行う専門職です。

資格認定は地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターが行っており、指定された研修を受講することによって資格を取得できます。

高齢者一人ひとりにあった介護予防プログラムを立案し、適切な運動・筋力向上のトレーニングを行えるよう支援するのが主な業務です。

必要に応じて、ほかの福祉専門職や医療職と連携を図ります。

レクリエーション介護士

レクリエーション介護士の資格は、介護業界で働く現場の声を基に創設された資格です。

現状は、レクリエーションについて一度も学んだことのない介護スタッフが、介護施設や事業所で日々サービスとして提供しています。

こうした状況に対して、現場から「介護レクリエーションのことをしっかりと学習し、高齢者とのコミュニケーションをより活発にしたい」との声が挙がり、この資格が生まれました。

レクリエーション介護士は、高齢者に喜ばれるレクリエーションを提供できる人材として、介護現場において高い評価を受けています。

行動援護従業者養成研修

行動援護従業者養成研修とは、日常生活でサポートが必要な障がい者の方に適切な行動支援を行えるよう、必要となる知識・スキルを習得するため資格です。

制度の見直しにより、2018年4月1日以降、行動援護従業者として業務を行うには「行動援護従業者養成研修の修了」と「知的障がい者もしくは精神障がい者の直接業務1年以上の実務経験」が必要となりました。

資格取得後は障がい者の方に対して、転倒のような行動時の危険を回避するための援護、外出時における移動介助、食事や排泄時の行動支援など、専門性の高い支援を行います。

施設長・管理者

介護の現場で役立つ資格についてのイメージイラスト

施設長・管理者は、老人ホームや介護サービス事業所などの業務を取りまとめるトップです。

施設によって業務内容はさまざまですが、主に施設全体の責任者としてサービスやスタッフのマネジメント業務を行います

例えば、提供する介護サービスの質が維持されているかをチェックして、必要に応じてスタッフを指導したり、採用や研修・教育に携わって、施設全体の業務を円滑に推敲するための土台づくりをします。

さらに、施設によっては収支のマネジメントを行い、利益を確保するため経営的な手腕が必要です。

施設長や管理者になるためには、介護現場で一定の経験を積んでいる必要があり、その条件は施設によって異なります。

介護老人保健施設の管理者の場合は、都道府県知事の承認を受けた医師でなければなりません。

詳しい資格要件については「介護施設の管理者とは?必要な資格や仕事内容を解説」で紹介しています。

施設長・管理者へのキャリアアップを考えている方はぜひ参考にしてください。

介護ドライバー

介護ドライバーとは、デイサービスなど介護施設の送迎車を運転するドライバーのことです。

一般的には、利用者の利用日に時間に合わせて車で自宅まで迎えに行き、デイサービスセンターまで送り、デイサービスが終わると、自宅まで車で送り届けます。

ちなみに、利用者が安全に車に乗り降りするための介助は、介護関係の資格を持っていなければできないため注意しましょう。

介護ドライバーは第一種普通自動車免許があれば仕事ができます。

送迎車はほぼAT車であるため、AT限定免許でも問題はありません。

介護ドライバーの給料や詳しい就職先について詳しく知りたい方は「介護ドライバーとは?役に立つ資格や仕事内容を解説」をご覧ください。

介護事務員

介護事務員は、主に介護施設や介護サービス提供事業者で介護保険の請求業務を担当します。

パソコンのスキルや経理・簿記の知識も必要です。

介護事務になるために必要な資格はありませんが、いくつかの民間団体が介護事務に関する資格試験を実施しています。

こういった資格を取得しておくと、就職活動をするときに採用に有利になるかもしれません。

医療事務や一般事務との違い、給料については「介護事務とは?必要な資格や仕事内容を解説」で解説しています。

介護施設・サービス別 介護の「資格」と「職種」

介護施設・サービス別 介護の「資格」と「職種」についてのイメージイラスト

ここでは、介護施設やサービス別に、仕事をするために必要な資格と職種を紹介していきます。

入居施設サービスの「資格」と「職種」

施設 職種 資格
住宅型有料老人ホーム
介護付き有料老人ホーム
軽費老人ホーム
特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
ケアマネジャー ケアマネジャー
介護職員 介護福祉士
介護福祉士実務者研修
介護職員初任者研修
生活相談員 介護福祉士
社会福祉士
社会福祉主事
精神保健福祉士
調理職員 栄養士
管理栄養士
調理師
看護職員 看護師
准看護師
機能訓練指導員 理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
正看護師
准看護師
柔道整復師
あん摩マッサージ師
グループホーム 管理者
計画作成責任者
ケアマネジャー
介護福祉士
介護職員 介護福祉士
介護福祉士実務者研修
介護職員初任者研修
サービス付き高齢者向け住宅 介護職員 介護福祉士
介護福祉士実務者研修
介護職員初任者研修

通所・短期宿泊サービスの「資格」と「職種」

施設 職種 資格
通所介護(デイサービス) 介護職員 介護福祉士
介護福祉士実務者研修
介護職員初任者研修
生活相談員 介護福祉士
社会福祉士
社会福祉主事
精神保健福祉士
調理職員 栄養士
管理栄養士
調理師
看護職員 正看護師
准看護士
機能訓練指導員 理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
看護師(正・准)
柔道整復師
あん摩マッサージ師
短期入所生活介護(ショートステイ) 管理者 介護福祉士
社会福祉士任用資格

訪問サービスの「資格」と「職種」

最後に、生活拠点が自宅にある人がサービスを受ける「訪問サービス」の現場で、どのような資格を持つ人が、どのような職種で働いているのかを紹介しましょう。

施設 職種 資格
訪問介護サービス 訪問介護員(ホームヘルパー) 介護福祉士
介護福祉士実務者研修
介護職員初任者研修
サービス提供責任者 介護福祉士
介護福祉士実務者研修
同行援護従業者養成研修
居宅介護支援(ケアプラン作成) ケアマネジャー ケアマネジャー
訪問看護サービス 看護職員 正看護師
准看護師
保健師
介護タクシー 介護ドライバー 第一種普通自動車免許